2009年11月30日月曜日

名誉の負傷

いやぁ、やってしまいました。先日の賤機山のトレランですが、そのときに負傷してしましました。とはいえ、見た目は派手でしたが、皮一枚が一直線に向けた感じで。おそらく木のトンネルの中ですっころんだ時、木の根っこか何かでひっかいたんだと思うんです。
ここで必要なのは、早めの手当。に帰って早速流水で全ての泥を落とし、患部を見てみると、やはり皮がむけている感じでした。剥けた厚みが若干あったので、患部を乾かして(それでも血は出てましたが)ラベンダーの精油を塗布。
実は自分はアロマセラピーの勉強をしていて、こんな時にはラベンダーの精油が覿面なのです。(ちなみに今回はアロマセラピストの妻のアドバイスでラベンダーを使いました。)あ、一つ注意ですが、アロマの精油は絶対100%ピュアなものを使いましょう。そうでないと、さらにえらいことになりますので、お近くのアロマセラピストさんにご相談を。ちなみに、やけどの時にすぐに塗りましょう、あざもなく痛みもひいていきますよ。
1日後 2日後
塗布1日後にほぼ塞がりました。塗布2日目です。この精油を使いました。

患部の突っ張りが若干残ってますが、これなら今日明日にはまた走れそうです。ヤレヤレ

2009年11月27日金曜日

4ヶ月記念

昨日はRun&Walkを初めてちょうど4ヶ月目、と言うことはランニング自体を初めて4ヶ月の記念日と言うことになります。まぁ、結構成長したかな~?最初は200m走るのにも息切れしてたのに、今ではトレラン10km以上は知ってもへこたれない身体になりました。
思えば一番最初は帯広出張中のランニングでした。 ホテル日航ノースランド帯広を出発して、帯広駅を通過、西5条南10の交差点を北上、西5条南3の交差点を左折して、北栄小の手前を南下。西7条南6の交差点を右折して帯広小の南側をひたすら西に向かって走りました。 左手に帯広競馬場を左手に突き進み、西町公園の木立の中を走り抜け、一路南下して白樺通にぶつかったら、今度は左折。一旦競馬場を見学して、呼吸を整えたら、もう一回白樺通を帯広駅にひたすら戻る、そんなコースでした。5km位だったかな?
賤機山からの風景 賤機山からの夜景
それから4ヶ月後と1日、先週行った賤機山のトレランコースに舞い戻りました。スタートは3時過ぎ。すでにこの時点で若干のミス発生。で、今回はお地蔵さんからスタートではなく、鯨が池からのスタート。ウォームアップ後、早速階段を駆け上がります。その後も結構な上り坂で、こちら側からのスタートの方が結構大変なんですね。中継地点についた頃には、綺麗な夕焼けでした。 前回の経験があるので、ここからのコースは比較的に走りやすくなりました。が、時間が時間ですし、秋ですから、結構日の暮れ方が早い早い。お地蔵さんの所についたときには、結構暮れ始めていました。ここで休憩を少しとって、来た道をひた走りました。でも先ほどの中継点に戻ったときにはすっかり日が落ちていました。が~ん。 森の中は真っ暗、特に光の差さないエリアは足下もまともの確認できない状況でした。長時間のトレイルレースの時もこんな感じなんでしょうね。森の静けさが支配する中、手元のわずかな光を頼りにしながら、(実際は頭にもつけるんでしょうが)森の中を駆け抜ける。ゴールにたどり着く頃には若干の霧が出ていたこともあり、6回左足首をひねり、3回すっころびました。お陰で左すねに若干のけがをしましたが、本当に貴重な経験をしました。 次回はもっと早い時間にトレランを始めることにします。
4ヶ月、いろんなトレーニングをしましたが、何よりも自分自身精神的にぶれなくなったと思います。丹田が強化されることも大きいですが、自分自身の可能性を見いだすことが出来たことが何よりも大きいんだと思います。 ジョージ・A・シーハンの格言にこんなものがあります。 「ランニングは人生の全ての局面において人をアスリートにしてくれる。基本をよく学び、あらゆる状況での対応を識り、もてる時間を有効に活用出来るようにになる。そして人生の岐路においては、必要とされる決断が出来るようになる。」 ランニングを通して、人生観を学んで居るんだなと、日々実感しています。

2009年11月26日木曜日

通勤ラン&フルマラソン完走1ヶ月目(3日目)

今日は仕事終わりに勤務先から自宅までランニングすることにしました。その距離およそ10km。おそらくいつもペースでは走れないこと必至なので(革靴、スーツ弁当箱その他の詰まったリュックを背負うので)、ついでにフルマラソン完走1ヶ月目のトレーニングも同時敢行。今日のメニューは60分ランで、目標は8キロ。普段なら余裕だね。
でも、リュックはあまりにも過酷でした。何せぶらんぶらん揺れる揺れる腰のところにバックルがないから、まるで背中に赤ちゃんを負ぶっているようでした。重さもそれなりだし。コースとしては基本平坦で、途中で大きな陸橋を通る位が難所かな?まぁ、そこまでの難所ではないですけど。
基本夜の街中を走るんで、特にこれといった驚きとか発見はないですけど、荷物が増えるだけで、これだけ体力を消耗するモンだということを実感しました。今でこそ体脂肪はかなり減ったんだけど、3ヶ月間は結構こんな感じで走ってたんだろうなと。
で、スタートから74分で自宅到着、その距離10km。むー、普段の軽快さがないからちょっとすっきりしないけど、実際のフルはこのくらいのスピードで走ればいいのかなとも思いつつ、でもやっぱり颯爽と走ることが自分らしい気がして。でもたまにこのトレーニングも織り込んでいこうと思いました。バリエーションが大事ですよね。

2009年11月24日火曜日

スロットルバルブ洗浄

今日は昨日発覚したスロットルの動作不良を直すため、スロットル洗浄に取りかかることにしました。購入したのはCREのエンジンコンディショナー。他のページではNUTECのNC-120が良いとのことでしたが、近くのスーパーオートバックスには無かったので、とりあえずこれで。 普段メンテでエアクリボックスを開けることは慣れてるので、早速ばかでかい弁当箱をMarcellaから取り外します。7番の番号が打ってあるボルトを10番で、2カ所を+ドライバで取り外します。 で、問題なのは、ボックスの解体。手前の3カ所が+ネジで留められて居るんですが、ここの部分は結構割れやすいとのことだったので、ルーブをさして、気をつけながら回していきます。左2本は問題なく外せたんですが、一番右の角ナットが回り始めて、バキッって音がっ!!見事に破壊です。まぁ、いいか? で中を開けてみるとスロットルが鎮座してました。ここは意外と汚れが少ないかなとか思いつつ、5番の六角レンチで取り外してみると、エンジン側のバルブが真っ黒。スラッジが完全にバルブを覆っていて、これじゃぁ吸気がし辛くなるわけだぁ。 実際にエアクリのエンジン側チェンバーはスラッジがまんべんなく膜を作っていたので、さっきのコンディショナーで全てを拭き取ります。拭き取りだけで30分ほどかかりました。結果、バルブの本来の輝きが取り戻せました。
全てをくみ上げて、エンジンにマウントして終了。ここで全閉学習と急速TAS学習を実施。ん?でもTASがうまくいかない?ATだからかな?ん~?今度ディーラーのI氏に相談してみることとします。でエンジンは、元の軽快さを取り戻しました。心地よい振動と排気音にうっとり。やっぱり愛情たっぷりのメンテナンスは、大切ですね~。
エアクリボックス取り外し スロットルの収まり
エアクリーナーボックスを10番で取り外し。スロットルは5番の六角レンチで取り外し。
スロットル弁エアクリ側 スロットル弁エンジン側
スロットルバルブのエアクリ側はそこそこの汚れ。エンジン側は、真っ黒!!元の色が分かりません!!
洗浄後エアクリ側 洗浄後エンジン側
エンジンクリーナーでこびりついたスラッジを撃退。 エンジン側も見事にバルブに輝きが戻りました!!
破壊行為 作業終了
壊れやすいとは聞きましたが見事に破壊!!無事にエアクリボックスに全ての接続を終えました。

2009年11月23日月曜日

今日のトレーニング(フルマラソン完走1ヶ月目 2日目)

先々週Run&Walkの安喰さん監修プログラムを完了してしまったので、今度は同じRun&Walkの牧野仁さんのフルマラソン完走1ヶ月目をチョイス。合計3ヶ月のメニューの1ヶ月目、今日はその2日目のトレーニングでした。
内容としては、60分のRun&Walkで、ランを2に対してウォークを1、つまりラン40分のウォーク20分ですね。なので、ウォームアップをかねて10分のウォーキングの後40分のランで、10分のクールダウンウォークとしました。ランのペースは1km6分程度でしょうか?
実はトレランの後、左脚に若干の痛みと違和感があったので、今日は6割程度での流しにしました。ランニングを始めた当初には結構あった症状なのですが、足首が強化されて来ていたからなのか、このところご無沙汰でした。が、さすがにトレランの後はその症状が出てきました。でもこの痛みは一種の筋肉痛のようなもの。30年間まともに鍛えてきてこなかった左脚ですから、何も焦ることはありませんからね。ゆっくりと着実に強化することを目指していきます。
安倍川河川敷
で、いつも自分がトレーニングをしているのは近くの安倍川河川敷。ここは一周が1800mになっていて、トレーニングメニューをこなすのにちょうど良い環境になっています。それに川からすぐの距離なので、常に追い風、向かい風のトレーニングも出来る優れた場所です。天気が良ければ、富士山の気高い姿を見ながらトレーニングに励むことも出来るんです。 今更ながら、良い環境でトレーニングできてるなって思います。

2009年11月22日日曜日

7万kmに近づくと・・・

うちのMarcellaは中古で家族になってからもうすぐ2年。最初に来たときは3万km弱だったのに、営業とかで色々活躍してもらったから、もう今日で6万6千km。今年中に7万kmとまでは行かないでしょうが・・・。今のうちの子を表現するなら、アラサーな感じでしょうか?
で、この時期になるといろんな部品の交換に迫らせますよね。よりいっそうケアが大事になる季節です。でもこの時期が一番大事で、10万km以降も綺麗に乗るのには、ここでのメンテナンスは最重要課題です。で、先日見事にリアテールランプの基盤(右)が昇天!!もともとK12のこの基盤は脆弱なようで、2ヶ月ほど前に左側も交換したばっかりなのですが、今度は右に来ました。まぁ、ウィンカー点滅の速いこと、速いこと。
次に来たのは、スロットルの汚れ。エンジン始動時に身震いをしたかと思ったら、息切れでエンスト嶺近くの日産ディーラーさんに相談したら、スロットル洗浄でおそらく大丈夫だとのこと。現に同じ症状が出たときに、アクセルをふかすと持ち直すので、まさにそのようです。これは火曜日(有休を頂いたので)にDIYでメンテしようと思ってます。
DEH-340
で、最後はオーディオデッキでした。これは平成14年に前オーナーさんがオプション購入したXanaviとの純正セットでしたが、ある日突然CDを吐き出さない、飲み込まない状態に。これを機に1DINのcarrozzeria DEH-340を購入して、DIY取付。 っとこのとき、どうやらパワーサージが起きたらしく、ヒューズが昇天!!自分は車内のヒューズばかり確認してましたが、どうやらECU横のヒューズが飛んでいたようでした。ディーラーさんありがとうございます。よもやそちらのヒューズボックスを確認忘れとは!

で無事にこの子が点灯!!ってか、音がものすごく良い!!今までのオーディオ、スピーカーのポテンシャルを生かし切れていなかっただけか?今まで聴いたことがない歌詞とか、バックのコーラスとか、今までは何だったのか?これならクラッシックも大丈夫だね。
車も人と同じ。身体の内部のメンテナンス、外部のメンテナンスはこまめにして、良い状態に保ってあげること、愛情を持って接することが大事ですね。

2009年11月21日土曜日

初めてのトレラン

今日は初めてトレランを行いました。その記念すべきトレランは、静岡市のスポーツショップアラジンさんの第1回トレラン講習!!そのトレラン講習を率いてくれたのがOSJの2009年ポイントランキングトップの望月将悟さん。こんなすごい人が静岡にいたのはびっくり。9時半に全員でウォームアップ後、アラジンさんを出発して、賤機山に。
望月さん
山登り自体中学以来でしょうか?でも山を普通に登るのと、駆け上がるとは雲泥の差。最初の階段の部分で息が上がり、筋肉に一気に乳酸がたまり足があがらないっ!!一旦上のお地蔵さんのところででレクをしてくれました。今までロードワークしかしていなかった自分としては、トレランでは歩いても良いとは知りませんでした。と言うか、これから待つコースを知っていたら、そもそもそんなことは考えもしなかったでしょうが・・・。
道は賤機山の尾根を駆け抜けるもの。お茶畑の間を縫い、ハイカーの皆さんに挨拶をしつつひたすらアップダウンの連続です。中には急な階段になっている所もあり、下半身の全ての筋肉を総稼働、トレランって凄く鍛えられますね~。
ひたすら賤機山の尾根を駆け抜けて、中継地点の鯨ヶ池のトイレ前に到着。ここまでにかかったのは60分程度で、6km弱。やはりロードとは疲れ方が違いますよね。 で、ここで効率の良い脚の筋トレを教えていただきました。鍛えたい脚(私の場合は左脚)をカラダに対してまっすぐに起き、その脚の膝を上から見て足の上に固定した状態で、もう片方の脚を浮かせ、そのまま屈伸。く~キッツ~い。これは非常に良く効きそうですよ。
10分ほど休憩した後、別の登り口から尾根に戻り、今度は逆方向に走り始めました。が、さっき駆け下りてきた坂が、今度は激しい上り坂に。きついきつい、でその際に左足首の可動域を超えて曲げてしまったっ!!まあ痛みはなかったので、そのままランを続行しました。先天性内反足と言うこともあり、長年固まっている足首なので、なかなか一朝一夕では思うようには動きませんが、終わった後にしっかりアイシングしましたので、さほどの痛みはないようです。
賤機山からの富士山
ふう、やっと休憩ポイント。ここでぱちり、今日は富士山が非常によく見えました。絶景です。デジカメで撮ると、どうして富士山はあんなに遠くに見えるんでしょうね?でびっくり、ここでトレラン講習に遅れて参加された方が。え?直前まで竜爪にいたんですか!?ここに来るまでに30km走ってきたって・・・鉄人ですか?って、参加されてた皆さん鉄人だらけですが・・・

でやっとお地蔵さんの所まで戻ってきました。後半はちょっと歩いてしまいました。残念・・・。合計は12km位でしょうか?(また携帯の電源が落ちたので、最終的な距離は推測です。)でもものすごく良い体験をさせていただきました。皆さん、ありがとうございました、またお願いしますね。で驚くのが、今回の講習が参加費0円だったって事!!これここで言って良いのかな?もし静岡でトレランをやっている方、是非機会があったら、アラジンさんに聞いてみてくださいね。

2009年11月15日日曜日

坂道トレーニング

今日は肺活量強化と脚力強化をねらって地元静岡の足久保エリアで坂道トレーニングを行いました。午後3時くらいに母校・美和中学校正門をスタート、ひたすら足久保の奥に向かって昇っていきます。坂自体は緩やかですが、コンスタントな登りなので、休憩になるような場所があまりありません。高低差は116メートルほどでしょうか?
柿の木
県道205号線は田舎道なので、幅員がなく、もちろん歩道らしい歩道もありませんから、後ろを気にしながら走り続けました。所々傾斜が強くなるものの、肺への必要以上の負荷がかからないため、短期トレーニングには向いていませんが、初心者が坂に慣れるのには最適かな?1年後のホノルルを考えれば、もう少し負荷がかかっても良いかな?途中柿の葉が良い感じに紅葉していました。
ペースとしては10分/km位、13km程を75分弱で走り抜きました。なぜアバウトかというと、私の携帯の電池が落ちたからです。Run&WalkをしながらLISMOを聞いていると、電池が1時間くらいしか持ちません。今回は12km、72分06秒で落ちていました。
今回は安喰太郎さんのフルマラソン完走レッスン3の最後のトレーニングだったので、クリア判定になったのかおそるおそる自宅で確認。ほっ、無事にクリアいたしました!!
明後日からは「カラダ改造計画フルマラソン完走編」です、頑張ろうっ!!
ちなみに今の左脚のサイズは今後のトレーニングでどのようになるんでしょうか?ちょっと記録のために計ってみました。
ふくらはぎ34.4cm、くるぶし上23cm、足首25.4cm、足アーチ部23.2cmでした。
一ヶ月後はどうなるのでしょうか?

2009年11月9日月曜日

人生初レース

日の出 行ってきました、富士川キウイマラソン。今回のレースは私にとっての人生初レースでした。今回のチョイスは10km。場所も自宅から1時間以内なので、何度か試走に行ってきていました。今までの自分のベストが10km56分。本格的に走り始めて3ヶ月ちょいですから、まずまずの出来。今回のレースで55分切れれば御の字ですね。 で、受け付け開始が7時40分からだったので、家を早めに出て、国道を。

開場についてみると、結構すでに皆さん到着されているようで、中にはウォームアップランをしている人も。速くないっすか?まだレースまで2時間くらいありますよ。
なるほど、話には効いていましたが、結構アットホームな感じの大会ですね~。 で、入念にストレッチをして9時55分にスタートラインに。 スタートポジションは前列3列目。ここで今回知ったこと、前列は猛者の方々の定位置だと言うこと。左には損町村マラソンの補欠選手、右には実業団元女子で区間記録保持者。目の前には明らかにホノルル経験者。後ろにも大学駅伝走者っぽい人が。てか、これはすごい!! スタート直後には猛者の方々のペースに飲み込まれ、結構なスピードで走り始めました。最初の下り坂を下りるところまでに100名近くの方々に追い抜かれました。うへ~。後で知ったんですが、今回の10kmの最高記録は28分強。これって時速20km強コンスタントで10kmを疾走したって事で、そんな方々について行けるわけもなく、これが7kmほど影響を残しました。

富士山で、やっと7km地点で自分のペースが取り戻せて、ピッチ走行からスライド走行にスイッチ。結構余力残ってるところで、9km地点の坂登。結構傾斜角はあるんですが、実際の登坂は400mも無いので、結構楽でした。ゴール直前でラストスパート。でも直前過ぎてゴール10m手前で結構パワーダウンしてしまった、大失敗。

でも色々ありーの完走!!タイムは驚くことに51分44秒!5分短縮ですかっ?!イヤッホイ!10km一般男子(20~30歳)での順位は206位/328人。まずまずかな?

ふじかわキウイマラソンこの大会は参加者にはタオルが配られます。で完走者に地元特産のキウイフルーツとお弁当も配(されます。結構かわいらしいですよね。 今回は初参加でしたが、まずまずの結果でした。自分の目標はホノルル完走ですので、スピードレースにはこだわる必要有りませんが、また次の10kmの時は、若干でもタイム短縮できればいいな。でも、次は有度山でのトレラン。ま~難しいだろうな~。