2010年2月26日金曜日

Team Canada

今週はまともにランが出来ません。まぁ、天気も悪かったり、都合も悪かったりしたので。明日はちょっとぐらいの雨でも走るつもりです。
で、世の中そろそろオリンピックも佳境に入ってきましたね。今日は女子フィギュアのフリーが行われて、金妍児が最高得点228.56点をマークして金、真央ちゃんも205.50点で銀、開催国カナダのロシェットが202.64点で銅に輝きました。美姫ちゃんも明子さんも入賞でした。凄いね! やっぱり冬季五輪の花形競技ですから、盛り上がりも凄い。特に日本人は思い入れが強い競技ですよね。
ですが、私が高校・大学時代を過ごしたカナダでは、ちょっと様子が違います。なんと言っても、ホッケーです。(カーリングという意見もありますが。)昨日は女子がアメリカをシャットアウトで金獲得!!いやぁ、NHLを最後に見てからずいぶん年数が経ちましたが、こういったニュースを聞くと、またホッケーを見に行きたくなります。ゴールテンダーのザバドフ、絶妙なグラブ捌きで28セーブ。燃えますね~。
team canada women
この後リンクで葉巻吸っちゃったそうで、問題に発展しそうなのが笑えるが。
でも、何だろうな~、冬季五輪のマイナー競技は一切放送しないって言う日本のスタンス。非常に疑問です。事業仕分けでもマイナースポーツへの支援はなしとの判断だそうだし、おかしくないか?
次は男子アイスホッケーの準決勝。カナダが対するのはスロバキア。ここを勝ち進めば、フィンランドかアメリカの勝者との決勝です。チームカナダの選手達は、みんな若く、自分の知らないプレイヤーばかりですが、監督は彼の名選手ウェイン・グレツキー。きっとやってくれるんじゃないかと期待大です。Go Canada, go!

2010年2月21日日曜日

elf competition ECO

皆さんは車のエンジンオイルをこまめに交換してますか?私はエンジンオイルに関しては、結構気を遣ってます。元々エンジンではもの凄い回転運動が行われてますし、結構な熱量を発生する箇所ですので、ケアは重要です。 私のマーチの指定オイルは"0W-20"の"SM"と指定されていますが、この2つの意味はあまり気にしてない人も多いかな?まず最初の"0W-20"のうち最初の"0W"は冬期耐候性を意味していて、最初の数字が小さいほど低温度でも固まらない事を意味しています。次の"20"は通常時のオイルの粘度で、数値が高いほど粘りが強くなります。次の"SM"は最新の基準で、最も『浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐摩耗性に優れている』そうです。(車好きの人は当たり前の事実かな?)
私はと言うと、いつも"5W-30"の"SM"を選ぶようにしています。まぁ、静岡は暖かいところなので、特に耐冷は特に気にしなくて良いし、ちょっとパワーが欲しいからの結論です。ちなみに、私の友人でオイルメーカーのWAKOSにいたI君から『MOTULが一番良い』が良いと言われ(高いから手を出せない・・・)、その他にはelfも良いオイルと聞いたので(WAKOSも良いと言っていましたよ、あしからず)いつもelfをチョイスしています。 これまでのオイルは、
  1. BRILLIANT "0W-20"(化学合成油)
  2. URBAN CRUISE "5W-30"(化学合成油)
  3. COMPETITION ECO "5W-30"(部分合成油)
次はEXCELLIUM IS "5W-30"(全化学合成油)が良いな~って思います。やっぱりBRILLIANよりもパワーがあって良いですし、それに全化学合成油が魅力!

2010年2月20日土曜日

一人ハーフマラソン

駿府マラソンが3月7日に迫ってきていますので、今日は一人ハーフマラソンを決行することにしました。といってもね、いつものコースをノンストップで走り、タイム計測をするというもの。 コースは安西橋(東側土手)→狩野橋(西側土手)→安倍口団地→美和中学校前→駿河変電所(油山)→曙橋→牛妻保育園→賤機郵便局→門屋浄水場→賤機中学校→賤機南小学校→アラジンさんで、21.0795km。
駿府マラソンでの計測リミットは2時間・・・で結果は、2h10'7"(6'10"/km)!やばい、これではまずい。実際のコースを走っているわけではないし、レースでもないし、コンディションは最適なわけではないとはいえ、このままでは2時間を切れない。レース当日がベストコンディションとして、精々2h03'くらいか?
今日走っていて気づいたこととして
  1. ストレッチをしたものの、ウォームアップをしていなかったこともあり、エンジンが入ったのは7km地点から。
  2. 今まで発生していた左足首の腱の痛みがかなり緩和している。
  3. ハートレートはほぼ全区間130bmp位(体感)で行けたが(最初の1kmほどは140bmp位かな?)、登り区間である前半では6'/km以下と遅く、下り区間で何とかリカバーした。
  4. "GEL-1140"ではクッションが効きすぎて、蹴り出しのエネルギーが走力に繋がっていない。フワフワしすぎていて、今の自分の走りにフィットしていない。
  5. 水分は500mlのポカリ(PETボトル)にクエン酸を追加したものを持って行ったが、500mlは多すぎた。かなり背中の水の動きが気になる。
  6. ヒートテックの2枚重ね、プラス薄手のダウンジャケットを着込んだが、10km地点でヒートドリフティングが発生しかけた。
が挙げられます。 まず"A"は、十分なストレッチの後、1km程度でいいのでウォームアップジョグをする必要があり。 "B"については、足首の強化がしっかりできてきている&走り方が向上していることが考えられるんじゃないかなと思うので、喜ばしいこと。 "C"は実際のコースではないとはいえ、ちょっとペースが遅い。なので、本気でLTとATの引き上げをする必要あり。 "D"については、現時点では対処出来なくはないけど、時期尚早&リスキーであるため、却下。でも行く行くは"GEL-1140"を卒業する必要はあります。("GEL-1140"は別のトレーニング用に使用することとして) "E"は、レース当日は先日のトレランクリニック時に参加賞としていただいた"enlyten(エンライテン)"で電解質補給しつつ、給水ポイントで水分補給。レース前には十分に水分をとることを心がける必要あり。 "F"については、レース当日はヒートテック2枚、C3fitロングタイツ+ショートパンツで望む方向で検討。ただし、気温によっては、上半身はヒートテックのロングスリーブ1枚へ変更。 こんな感じじゃないかな~。
課題が見えてきたので、とりあえずは来週からはスピードアップトレーニングを隔日で行った上で、週末には実際のコースを試走して行こうと思います。

さて、今日アラジンさんで止まったのは、実は母がウォーキングシューズを買いたいからとのこと。で、なぜ母がシューズを買いたいと言い出したかというと、実は今アラジンさんではランナーには嬉しいセールがやっていること。(新聞折り込みが入っていたそうです) 私も新しいランニングシューズを検討し始めたいので、お店に立ち寄りました。店内の商品、嬉しい割引価格になってましたよ。 結果、母にはウォーキングシューズを誕生日プレゼントとして進呈、2回目(6時頃)に来たときには妹がニューバランスのランシューを購入、そして妻にはアディダスのランシューを購入することに。本当にお財布に優しい&ランナーには嬉しいセールです。
当の私は、2つのシューズを試着させていただきました。アシックスの"GEL-2150 NEW YORK"とニューバランスの"MR769J BC(MEN)"。印象としては、それぞれ蹴り出しのエネルギーは効率よく走力に変換してくれそうですが、若干"GEL-2150"の方がソールが堅いかな?また足裏のアーチに対するサポートが2足の間で違い、"GEL-2150"アシックスはホールド感があるのに対して、"MR769J"はフラットな印象。"MR769J"の場合は、アーチサポート用のインソールを入れる必要がありますね。 両方を比較すると、自分は"MR769J"かなぁ?カラーもこちらの方が自分好みだし、こちらの"ABZORBDTS"の方が、"GEL-2150"の"トラスティック"よりもしっくりくる。あとニューバランスのシューレースが気に入りました。レースがほどけると、立ち止まらなきゃならないから、これは画期的。
たぶん自分の新しいランシューは夏以降になると思うけど、(駿府と日本平は今のシューズ、忍野富士はmontrail streak)またアラジンさんで買わせてもらおうと思います。

2010年2月17日水曜日

Tut-ankh-amen

ツタンカーメン今日ネットを見ていたら、ツタンカーメンについての記事が載ってました。今までよく知られていた青年王のイメージではなく、とても虚弱な少年王だったようです。 左足は内反足、兄弟婚の子であった故の虚弱体質、そして死因は骨折とマラリアから来る合併症。
ツタンカーメンの王墓にはたくさんの杖が納められていた事は有名ですが、それなしではまともに歩けなかっただろうとのこと。 でも、ツタンカーメンはみんなに愛されていたんだろうなって感じます。そうでなければ、そんなに杖は納められなかったんだろうなと。
私も左足を内反足で生まれてきました。 その為、母が川崎市宮前区から世田谷太子堂にあった『国立小児病院』まで毎日のように連れて行ってくれたそうです。両親の愛情、そして執刀してくださったお医者さん達の努力がなければ、私も今頃杖なしの生活になっていたんだと思います。
本当に幼い頃のことは覚えていませんが、毎年春先に母と二人で子供病院に行っていたことを覚えています。時には新幹線で、時には高速バスで。 渋谷駅のロータリーから東急バスに乗って、太子堂まで。子供料金がどこまで行っても80円、不思議だったことを覚えています。 『国立小児病院』について覚えていることは、待合室にあった『ブリック』のジュースを異様に飲みたがっていたこと、ギブスを作るときの石膏に浸した包帯が異常に冷たかったこと、病院が暗かったこと。 そして、そのギブスが凄くいやだったこと。
今ではその『国立子供病院』はなく、後身の『国立成育医療センター』が世田谷区大蔵にあるそうですね。
今こうして走れること、歩けること、その瞬間瞬間をかみしめながら、感謝しながら過ごしています。35年経って、やっと気づけました。 今日は久しぶりの10kmラン。皆さんあっての走りです。ありがとう。

2010年2月16日火曜日

雨降りで、寒いので

このところ天気が思わしくない上に、なんだか底冷えしますよね。静岡市も今日は日中5℃程度。明日はそれでも9℃くらいまで上がりそうです。先週のトレランクリニック以来、走っていない・・・。 3月7日には駿府マラソンもあるので、遊んでいるわけにはいきません。と言うわけで、職場をフルに活用して足腰のトレーニングを行うことにしました。
ズバリ、階段の駈け上がりです。 うちの職場は階段を使う人が滅多にないのですが、その中でも穴場の階段があるのです。日中はほとんど利用者が居ないので、ここの1階から5階まで駆け上ります。正確な段数を数えたことがあるわけではないですが、1フロア大体3mくらいなので、4フロア上がると12m位でしょうか?タイムは測りこそはしませんが、1分は切れていると思います。
これが意外と良いんですよね。5階に上がったときに、ちょうど息が切れ始める寸前です。が、これをずっと続けるわけにはいきませんし、下りは危ないので、外に出ます。実は職場の構造とその立地上、5階から外に出れちゃうんですよね。なので、ここでは下りの練習です。1日2回かな?このところ続けています。結構良い感じで身体が温まります。
でも、距離もしっかり稼がなきゃならないから、明日は10kmランだなぁ。インターバルでもやろうかな?久しぶりに晴れるみたいだし。
あぁ、春が待ち遠しいや。

2010年2月15日月曜日

機動戦士ガンダム The Origin

皆さんは漫画とかアニメって好きですか? 私は結構好きで、いろんなジャンルを読みますし、アニメも結構見るんですが、昔から好きなのはやっぱり「機動戦士ガンダム」!ガンダムは昨年4月7日から30周年イベントが盛んにされていますし、去年の夏にはお台場に登場しましたよね、等身大ガンダム。今年の7月には、静岡にやってきます、イェー!その後日本全国を巡って、静岡に永住することも決まっているそうです。ガンダムファンとしては嬉しい限りです。
ガンダムの良さって言えば世界観でしょうか?ストーリー自体の持つ世界観だけでなく、ガンプラを通じての世界観、ファンが熱く語る時に出来る雰囲気、いろんな要素が相俟って出来ているからこそ、これほどのものになったんだと思います。作品自体も、ファンが築き上げていった部分もたくさんありますからね。 海外で言うと、"STAR WARS""STAR TREK"も同じように独特の世界観が築き上げられていると思います。(そういえば、私も一時期TREKERしてました、"Next Generation"で。)
安彦良和さんが描く「機動戦士ガンダム The Origin」は期待を裏切らない最高のマンガだと思います。もちろんファーストとは一部違うところはありますが、それも全て良いところ。子供の時に再放送を見ていたときよりも、本当に深くのめり込んでいる自分が居ます。
機動戦士ガンダム The Origin 今回発売された第20巻は『ソロモン編・後編』、ついにソロモン陥落、そしてLMESの登場です。ここにもアムロ、シャア、そしてララァの新しい遭遇の場面が描写されています。 そして、次巻はついに『ひかる宇宙編』スタート。ますます目が離せません!!

2010年2月14日日曜日

聖バレンティヌスの日

2月14日は全国的にバレンタインでしたね。学生時代は特に縁のない日でしたが、やっぱりこの日を一緒に過ごす人がいるというのは嬉しいですね。
元々バレンタイン・デーは諸説あるようですが、ローマ時代のルーペルカリア祭に繋がるようです。その当時は女性のおしりをフェブルアと言う革紐で打って子孫繁栄を祝ったそうですが・・・幸いにも、今はそういった風習は残っていませんね、世界的にも。 日本では女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的ですが、海外では男性から女性にプレゼントすることが多いですね。 いずれにしても、自らのことを『恋人達とキムチの守護聖人』と称していたバレンティヌスさんも驚きでしょうね。(「聖☆おにいさん」4巻参照)
私の場合、海外生活が長かったからか、どちらかというとお互いプレゼントし合うのが、バレンタインらしいかなと感じます。と言うわけで、今夜は私の手料理を妻に振る舞うことにしました。
自分の得意料理の一つ、グラタンです。
今日のグラタンは、小麦粉7割、米粉3割のベシャメルソース作りから始めました。米粉は市販されているもの、残念ながら静岡県大の貝沼先生の米ペーストではありませんでしたが、ソースはまずまずの出来。これに合わせるのは、エリンギ、タマネギ、ジャガイモ、シメジ、ブロッコリの具材と、マカロニ。妻に手伝って貰ったので、いつもより手際よく完成しました。タンキュ、タンキュ。 このグラタン、小麦粉100%ではないので、胃もたれがせず、量もいつも以上に食べられました。米粉のグラタンって、こういうものなんですね~。さっぱりしていて、お勧めです。が、米粉って高いんですよね。これが課題かなぁ。
手料理中 グラタン
久しぶりの手料理を妻のサポートでしてみました。今日は得意のグラタンです。じゃじゃ~ん、米粉3割入りのグラタン完成です。小麦粉100%で作るよりも軽い!

そして、今日の主役、バレンタインのケーキです。実は妻とタウン誌を読んでいて見つけたのです、Chez Luiの"Angelique(アンジェリク)"。ここのケーキは以前クリスマスにも食べてるのですが、自分のケーキランキングの上位に入る一品です。が、ここの美味しいものは、実はマカロンなのです。残念ながら、これ自体を販売はしていないのですが、イベントケーキにはこれが付いてくることがあって、実は今回もマカロン目当て。このケーキが妻からのプレゼントでした。 マカロンに関しては、いろんなお店のものを食べさせて貰ったのですが、ここのものに及ぶものはありません!(まだ食べていないお店の皆さん、ごめんなさい。) で、やっぱり美味しかった!酸味と甘みのバランスの良いムースが美味しくて、量も2人でちょうど良い。やっぱりケーキっていやされますね~、お腹も心も。
Angelique Angelique断面
Chez LuiのAngeliqueを静岡PARCOでゲット。普段はないのですが、ここのマカロンは天下一!Angeliqueの断面はこの通り。甘酸っぱいムースが絶品でした。

2010年2月13日土曜日

La Sportiva&アラジントレランクリニック

今日はLa Sportivaさん主催、アラジンさん共催のトレランクリニックが静岡市清水区で行われました。もちろん私も参加してきましたよ。
今日の講師陣は贅沢な布陣!今回のクリニックは3クラスに分かれていて、上級者は09年ハセツネ覇者の後藤豊さん、中級者は09年富士登山駅伝覇者の滝ヶ原自衛隊から井川朋幸さん、榑松秀樹さん、そして私が参加したビギナーは09年OSJ覇者の望月将悟さんがコーチングをしてくれました。
今日の静岡はあいにくの曇りで、更に集合した午後12時位は5℃程度でした。トレランクリニックの前には、New-HALEさんの無料テーピングがあり、私も左足首をXテープで補強していただきました。元々先天性内反足であることもあり、オーバープロネーション気味になってしまい、捻挫も多かったのですが、トレランとロードを続けているうちに少しは強くなりました。とはいえ、まだ左足首はひねりに弱いので、テーピング方法①と③でカッチリ補強していただきました。テーピング次第で、ずいぶん違うものですね。次のレースまでには買っておこうと思います。
さて、午後1時には皆さんもテーピングをして貰い終わったので、元気よく船越堤公園をスタート、トレランクリニックの開始です。かるく農道を駈け抜けて、有度山のトレイルコースからは各グループに分かれて講習を受けました。とはいえ、コースは一つなので、所々前の上級・中級グループと合流して、合同でレクを受ける場面もありました。 が、基本は望月さんからコース各所でTipを頂き、トレランでのこつを丁寧に説明していただくという形でした。前回の賤機山での講習会とは違い、受講者が初心者であることもあり、トレランの基本的なテクニックを丁寧に教えて貰え、そして何よりもトレランの楽しさを再確認させて貰えました。走行距離は9kmでしたが、本当にあっという間に終わってしまった感じでした。
トレランクリニック後は、後藤さんと望月さんへのQ&Aセッションが行われました。参加者からはたくさんの質問が出ましたが、お二人とも嫌がらずフランクに答えてくれました。ありがとうございました。 それにしても、後藤さんのレース中の心拍数が130BPM程度というのは驚き!走りながら普通に会話できちゃうじゃん!実際に上級に参加されていたY先生に聞いてみると、今日のクリニック中も、受講者が息切れをしていても、ずっと話を続けておられたとのこと、凄い!さすが覇者!
本当にLa Sportivaさんアラジンさんには感謝です!!静岡でトレランやってて良かった!!
残念ながら皆さんの参加する新城には今回参加はしませんが、6月6日の第1回富士忍野高原トレイルレースには出ることにします。また楽しみが増えました。
ニューハレXテープ コーチ陣
トレラン講習会開催前にNew-HALEXテープを貼っていただきました。これで左足首がガッチリしました。(Y先生、写真ありがとうございます!)左から2009ハセツネ総合優勝の後藤さん、2009年富士登山駅伝一位の滝ヶ原自衛隊からは井川さん、榑松さん、そしてご存じ望月さん。
コーチング QAセッション
グループを上級、中級とビギナーに分けてそれぞれのレベルに合ったコーチングをしてくれました。私はビギナーで。講習を終わってから、後藤さんと望月さんへの質問セッションが行われました。なかなかこんなチャンスはないですよね。ありがとうございました。

2010年2月7日日曜日

暖かい一日

今日の静岡は昨日にまして暖かい一日でした。おまけに風もなく、寒さを全く感じなかった。徐々にではありますが、春が近づいてきてるんですね。
春と言えば、来週はアラジンさん主催のトレラン講習、その2週間後をおいて駿府マラソンと、いよいよランナーの季節がやってきました。 な・の・で、また今週末も走りました。で、いつも同じコースを走ると飽きてしまうので、ちょっと変えてみました。 安西(ロード)→妙見下→アラジンさん→賤機山(トレイル)→鯨ヶ池(ロード)→曙橋→美和中学校→安倍口団地→狩野橋→桜町→安西。 途中でトレランを混ぜてみました。久しぶりだと結構きついよね。でも楽しい~。途中下りの区間を滑走したのですが、さすがにロード用のGEL-1140だったので、グリップが効かずひやっとしましたが、左脚の踏ん張りがきいたので、事なきを得ました。日頃のトレーニングが、こういうところで結果を出すんですね。
た・だ、ロードを走り続けるのは飽きちゃいます・・・今日も20km地点で飽きが来てしまいまして・・・。マズいな~。トレイルだけをやるのもありなのかもしれないけど、距離は稼ぎたいし。そもそも今日のランは持久力向上が目的だったので・・・。いっそのことルートを大きく変更しようかな?
駿河湾の眺め 富士山だ
久しぶりの賤機山。中継地点の駿河湾の眺めは絶景でした。少し走ると富士山の雄大な姿が。今年は雪が少なめな気がします。

さて、夜は家族8人でお食事会です。2月には母と母方の祖母の誕生日があるので、二人の誕生祝いのために『お好み焼き本舗 静岡瀬名店』へ行ってきました。さすがにばあちゃん2名の食べたいものを調整しつつ、他のメンバーのリクエストに応えるのは難しいのですが、ここはワイワイ食べれるものが良いだろうと言うことになりました。 お店に着くと、すっげー混んでる!事前に電話をしてはあったんですけど、それでも20分ほど待つことに。お好み焼きを焼き始めたところに、父が到着。ここから怒濤のお好み焼きラッシュが始まりました。 8人で腹一杯食べました、お好み焼き2枚、焼きそば2皿、オムそば、トンペイ焼き、もだんやき・・・。それぞれ味は濃いめですが、んまい!食事のお供には「ミックスジュース」、これが家族全員ヒットしまして、結局何倍飲んだんだろう?(笑) 今日は身体が栄養の面でも、水分の面でもカラカラになりましたが、がっつり補給できました。それに家族みんなが笑顔で帰れたから、本当に良かった。
本当に暖かい一日でした。
お好み焼き本舗 お好み焼き
10日、11日と家族二人が誕生日を迎えるので、『お好み焼き本舗 静岡瀬名店』へ8人でお好み焼き3枚、焼きそば2枚、モダン焼き、トンペイ焼き・・・もの凄く食べました。美味!!

2010年2月6日土曜日

ブレーキダストで真っ茶色!

今日は凄い良い天気でしたよ、静岡は。浜松とかでは雪が降っていたらしいんですが、静岡は快晴!でもな~、風は台風みたいな強さでした。
で今日はせっかくの良い天気なので、車の洗浄をしました。特に今回はホイール。ブレーキダストで真っ茶色になっていたので、すっごく気になっていたんですよね。
どうしてもEndlessMX72は純正とは違い、ブレーキダストが多めになってしまいがち。でも、純正では得られないパフォーマンスが魅力で購入したので、文句はないです。嗚呼、速くEndlessのキャリパーキットを購入できるようになりたい。
で、CARMATEの「パープルマジックマグナショット」をホイールに吹き付けます。とあっという間に紫色に。ダストに満遍なく行き渡るように、歯ブラシを使いました。で、ある程度経ったら水を掛けて洗い流します。でもロゴの部分とかにまだ残っているので、再度吹きつけ。んん、良い感じに落ちました。 仕上げに洗剤でホイールを洗浄して、乾燥です。写真を比較しても分かりますが、輝きが違います。ホイール一本につき20分くらいかな?ジャッキアップを繰り返すこと4回、全輪完成です。
この後車全体を洗浄して、完成。いやぁ、綺麗にするのは良いですね。
ホイール汚れ パープルマジック1回目
余りよく分かりませんが、茶色いブレーキダストが結構溜まっていて・・パープルマジックを吹きかけると、一気に化学反応が始まりました。
パープルマジック2回目 洗浄終了
1回では取り切れなかったので、もう一度吹き付け。ロゴのあたりが紫になりますね。2回洗い流してから、更に洗剤で洗浄。綺麗になりました!!

2010年2月5日金曜日

『疑似』高地トレーニング

このところまともにブログアップできてませんね・・・ジョグも・・・寒すぎてモチベーションが上がりません。コンディションも悪かったし・・・。 とはいえ、全くトレーニングをしていなかったわけではなく、インドアで鍛錬してましたが。
でも、昨日はちょっと変わったことに挑戦してみました。『疑似』高地トレーニングです。っていうか、たいしたことじゃなくて、マスクをしてジョグをするってだけです。 で・す・が、これが結構馬鹿に出来ないこと発覚。この日も11kmのナイトラン、いつものコースなのですが、マスクをしているために、通常より吸気の量が少なめです。乳酸の蓄積もいつもより早いけど、こんなもんかと、大丈夫そうだ。が、しかし、4km過ぎるとこのトレーニングの本当のスタートなのです。
この距離を走ると、マスクは自分の呼気で湿り気を帯びてきます。特にこの寒い時期には、あっと言う間にびっしょりになります。すると、吸気の量が一気に低下します。この状態のマスクでは満足に酸素が得られないので、自然に口が大きく開くようになりますが、これがトラップ。ウェットになった部分ががっつり口の中に入ってきて、更に呼吸が困難になります。つまり本当の低酸素環境ができあがるのです。
7kmほどから更に状況は過酷に。マスクの口の部分だけでなく、鼻の部分も口からの蒸気でウェットに。濡れてない部分は紐の部分くらいかな?いっくら吸っても酸素はなかなか得られなくて、若干意識が朦朧としてきた。とにかく足を前に出すことを意識しますが、乳酸の蓄積量も7km走った状態とは違う!!これが高地トレーニングなのかな?想像しかできないけど。
それにしてもマラソン選手すごいな~、実際にボルダーで高地トレーニングしているわけでしょ。あそこは標高1,655mですけど、選手達が走る「マグノリアロード」は2,500m位で、酸素濃度は74%程度、さらにQちゃんがトレーニングしてたところは、3,350m~4,300m出そうで、酸素濃度は50%!スタート地点がすでに富士山の標高程度とは、あっぱれ!!
で、タイムは67'22"。まぁ、そもそもトレーニングの趣旨がちがうからね~。でも、これは確実に心肺機能が強化されそうな気配。これからもちょくちょく取り入れてみよ~っと。