2010年11月30日火曜日

自分にとってのアロマセラピー

先週末、妻と母と3人で約半年ぶりにアロマセラピーの定例会に参加してきました。久しぶりの定例会、長くお会いしていなかった東京時代の師匠にもお会いし、オマケに元気なゴールデンレトリーバーの男の子とも触れ合うこともできました。それだけでなく、全国からアロマセラピストが集結、普段の生活ではなかなか出会う事のない、ふんわりとした、温かい独特の雰囲気に触れることが出来ました。いろんな先生たちの体験談も聞くことも出来ました。 自称仲良し夫婦の私たちでも(ここまで来るのに4年弱かかりましたが)、夫婦共働きだとやっぱりちょっと気持ちがトゲトゲしちゃうこともあります。だからこそ、こういった場所に来てリフレッシュすることは必要なのです。
アロマセラピーを始めたきっかけは、自分の母親もアロマセラピストという事もありますが、昔から花の香りが好きだったから。特に実家によく咲いていたヤマユリ(今ではイノシシに食べられて絶滅していますが…)の香りが好きで、精油でいうとイランイランが近い香りかな?それに、特に東京で一人暮らししていた頃は、どうしても仕事や人間関係で殺伐としてしまいがちで、ミニバラを育てりしてたなぁ。
でも、大事なのは、そもそも癒されなきゃならない状態になった原因を知って、これを根本から取り除くことが一番大切なのかも。(仏教では「聖四諦」って言うらしい。) 仕事をしてれば問題が出てくるし、人との意見の衝突があるし、その組織独特の癖もあるからストレスはたまるもの。 いつの世もそうだろうけど、プレッシャーがない人生なんてない。(むしろ無かったら、退屈で退屈で死にそうになるかも。プレッシャー=刺激だから) 家族であっても意見の違いや考え方の違いがあるからぶつかることもある。 車を運転していれば、飛び出してくる自転車もあれば、時速40kmの道を20kmで走る車もある。ありえない角度で目の前に割り込む車や、意味もなく睨んでくるドライバーさんもいる。 「なんでだー」って思うけど、でも、そこでイライラするのはもったいない。 自分たちは、いつも試されてるって思えば、たとえ嫌なことでも勉強なんだって思える。
アロマは、そんな時に助けてくれるもの。 花、木、草はただそこにあって、いろんな香りを漂わせてくれる。それを凝縮したものがアロマの精油。草花には怒鳴られることもないし、ケチをつけられることもない。そういう存在だから、身近におきたいもの。 アロマセラピーに関われること(って言っても、仕事としてはないけど)、ありがたいと思う、そんな週末でした。

2010年11月24日水曜日

Xmas Present 2010

11月23日、一本の電話が入りました「注文の商品が入荷しましたので、またお立ち寄りください」とのこと。電話の主は、アラジン静岡店の海野店長。「11月30日までなら、半期決算セールなので、お安くなりますので」、この一言で山仕事の後に夫婦でアラジン静岡店に足を伸ばしました。
実は、前に影ちゃんが静岡に来たとき、ロード用シューズを注文したって言いましたが、それが入荷したのです。 ニューバランスMR760R、レインボープロジェクトの2011年新作です。見た目は、今まで以上な派手な物。ソールはピンク、ブルーとグリーン、アウターシェルはパープル。シューレースですらラメっぽくなってる。で、何がすごいかというと、これアウターシェルが結構光るんです。フラッシュをたくと、それが一目瞭然。ナイトランが多い自分としては、非常にありがたい存在。 でも、見た目のど派手さだけでなく、機能性も十分、長距離にも十分耐えうる作りだし、フィット感もグッド。 これを、半期決算セールで9,000円台でゲット。アラジンさんすげー。
因みにですね、これは今年の私向けのクリスマスプレゼントの一つなのです。我が家では、毎年クリスマスにプレゼントとして1万5,000円相当のショッピングをするのですが、欲しい物は自己申告制。 去年はレイバンのサングラスでしたが、今年はランシュー、冬用ジャージ下、そして『有度山トレイルランニングミニレース』のエントリーフィーの3点セット。すべてアラジンさんでのご購入です。
まぁ、ランシューについては、クリスマスまで神棚に上げておけとの指令がありましたので(まぁ、今年中はGEL-1140を履き続けるつもりです)、これは当面お預けですが、ジャージ下は早速明日あたり使わせて貰おうかな?ナイトランは寒いから。 今年も、クリスマスが楽しみです。
Xmas Present 2010 MR760Rの発光
我が家のクリスマスプレゼントは自己申告制。私はランシューがすり減ってしまったので、新しいランシューMR760Rとレ・コックのジャージ下。で、MR760R、フラッシュをたいて撮影すると、トーの部分、シューレース、アキレス腱のクッション部分が発光します。ナイトランにはベストですね。

2010年11月23日火曜日

良い夫婦の日、良い夫妻の日

11月22日は全国的に良い夫婦の日でしたね。皆さんはどんな日を過ごされましたか?妻はバイトで、私は『第2回森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖』での右膝のダメージを看て貰うために「清水スポーツ整形外科」に行くためお休みを頂きました。 土砂降りだったので、妻をバイト先に送っていったんですが、その車中、ラジオで11月22日が良い夫婦の日だって言う事に気づき、何かしようかなと。
で、膝のでっぱり、診察の結果、何ともないことが判明。膝のレントゲンもいろいろな角度で撮っていただきましたが、骨には一切ダメージなし。靱帯の損傷もなし。 どうやら、昔からちょっと出っ張ってたみたいで、膝を直撃したことで気になってきたんじゃないかな?との事。インドメタシン入りの塗り薬を頂いて帰宅。 それにしてもだ、SBSさん、真っ昼間にショップジャパンのCM番組放り込むことないじゃないか。診察室には雑誌とか一切ないので、へんな掃除機のCM見続けなきゃならなくなった・・・あのてのやつは、昼間に放送すべきじゃないな、いくら広告料が局にはいるからって言っても。
で、さいわいにもショップジャパンのCM番組だけでなく、『キューピー3分クッキング』もやっていて、その日のお題は「揚げ麺の野菜あんかけ」。っていうか、キューピー3分クッキング、日テレ版とCBC版があって、静岡はCBC版なのか?初めて知ったよ。 このレシピだと、大量の油と、肉が必要になるので、フィッシュベジの焼きそば版を作ることにしました。そう、私がです。一部からクレームが上がってきそうだなぁ。(笑) 結果としてできあがったのは、「白菜、シメジとエビの餡かけ焼きそば」、味付けは洋風になりましたが、それはそれで美味しかったかな。妻の評価もそれなりだったので、グッドです。 その日は久しぶりに妻とゆっくり話が出来ました。とは言え、結構普段からコミュニケーションはとっているんですが、こういったことは大事ですよね。

で、今日11月23日ですが、「新嘗祭」、「勤労感謝の日」でもありますが、「良い夫妻の日」とも言うようで、昼から共同作業にいそしみました。 実家の裏山の竹藪なんですが、まだまだ光と風が行き渡りきらないので、古く黄色くなった竹、密集している竹を4本ほど切り、枝を打ち払って綺麗にしました。 その間に妻は竹藪の中の道を補強し、掃除して、その後はブルーベリーの木の周りもすっきり整備してくれました。 3時間ほどでしたが、汗びっしょり。
すがすがしい気持ちで、良い夫婦の日、良い夫妻の日を過ごすことが出来ました。 今日は新嘗祭、今年もたくさんタケノコも収穫させて頂いたし、来年はブルーベリーが収穫できるとうれしいなぁ。
来年一年も良い夫婦で居続けよう、そう思う実りある2日間でした。
餡かけ焼きそば 竹藪払い
良い夫婦の日、バイトだった妻のために餡かけ焼きそばを作ってみました。で、良い夫妻の日、二人で実家の竹藪を綺麗にしました。竹を4本切って、枝払い6本分かな?

2010年11月22日月曜日

安倍奥トレランツーリング2010

11月21日、雲一つもない快晴の中、アラジンさん主催の『安倍奥トレランツーリング』が開催されました。参加総勢45名だったかな?20kmのロングコース(勧行峰ー笹山ー勧行峰)と10kmのショートコース(勧行峰ー笹山ー山伏ー笹山ー勧行峰)に見知った顔もあれば、今回初めてトレランというニューフェイスもあり。私はショートでは何となく物足りなかったので、ロングコースに参加です。 スタート地点は静岡県県民の森の第一キャンプ場の広場から。日陰にいるとさすがに11月も下旬なので寒いですが、この日は日向はぽかぽか。ユニクロのライトダウン持ってきましたが、背中のザックにしまってスタートです。
最初は勧行峰から笹山へと向かってスタート、自分はなるべくトップの方達から学びたいので、ひでたろうさん率いるトップグループの最後尾で走り続けました。さすがにトップを走る方達、登りも淡々と進んでいきます。その中には今回初トレランの女性ランナーOさんも。Oさん、ものすごい持久力で、ひでたろうさん達と変わらない淡々としたペースで木々の中を走り続けています。すげー!(後で知ったことですが、フルマラソンを軽くサブ3.5のランナーさんなのです!!)
で、勧行峰ー笹山の間に堀切みたいなところ(少なくとも、この付近に山城があるような情報は検索でも引っかからなかったから、天然物なのかもだけど)があるんですが、此処で将吾さんにジェットコースター走法のデモンストレーションをして貰いました。「早歩き」って本人は言っていましたが、普通の人にはそんなのあの傾斜では出来ないよ。(笑)
それから程なくして、笹山山頂に到着。ここからの富士山は絶景です!!天気がこの2日良くなったからか、山頂の雪は若干減っているように見えますが、それでも雪の化粧がハッキリと見えるくらいに空気も澄んでいました。そして反対側には、井川湖と井川の町並みが綺麗に見えます。此処でショート&ロングコース参加の皆さんと記念撮影後、それぞれグループに分かれました。
笹山から山伏(トップグループ) 将悟さんのデモンストレーション
当日は雲一つない晴天、落ち葉のふかふかの絨毯の上を走るトップグループ。勧行峰から笹山の間にある堀切(?)で将吾さんがジェットコースター走法のデモンストレーション。
富士山の眺め@笹山
笹山到着。此処で見る富士山と井川湖は絶景でした。雲海にそびえる雄大な姿。
で、笹山ー山伏間へもトップグループについて行きました。相変わらずの淡々とした走りっぷり。この日のひでたろうさんはとばしてはいなかったので、何とかついて行けました。でもさすがに左足首と右膝は気になりました(今日の診察で、右膝膝蓋骨は全く以上はないのが分かったので、一安心ですが)。山伏への最大の難所、下りは良かったのですが、登りはガレっぽくなってて、落石しやすく、グリップも効きにくいし、傾斜もきつい。 此処を越えたら、後は淡々と登っていきます。そうするとあたりは笹原になり、景色もがらっと変わります。足下も凍っているところ、霜柱が立っているところもあり、またそれが溶けた場所もありと、滑りやすくなっていました。で、転けました。(笑) さすが1,850m位を越えると、空気も薄く、此処のあたりでハイペースでもないのにいきなり息切れが始まります。大した登りでもないのに、足が急に上がらなくなります。 後から来た将悟さんはいつの間にか登頂して、縦走路出会で皆の出迎えをしてくれてました。
そしてゴール。いや~、此処までの眺めを見たことはなかったなぁ。前にジョンさん、コミさんと来たときは、辺り一面霧で全く見えませんでしたが、今日は360度の全面パノラマです!! ひでたろうさん、さすがに山屋、南アルプスの解説をしてくれましたが、あの塩見岳から悪沢岳、赤石岳、聖岳、将悟さん達TJARのランナー達は走ってきたんだね~。 そして、此処まで我々も走ってきたのだ。この絶景を眺められただけでも、福眼、福眼。 で、足元を見てみれば、雪が積もってる。冬が近づいてきてるんだなぁ。
しばしの休憩の後、来た道を帰ります。途中縦走路出会で思いっきり皆さん西日影沢に下りそうになりますが(笑)、すぐに気づいて笹山に向かいます。 さすがに此処まで来ると足も結構来ているし、若干舎利欠。と言うか、笹山に来たときにはほぼ。(笑)MさんとSさんに「てんてきの糖」、「クランキーポップジョイ」、「ソーダ飴(6粒)」を頂戴し、何とかリカバリー。Mさん、Sさん、ありがとう!
帰りは、ほとんど足を使わないようにして進みました。ジェットコースター走法を多用し、登りを減らし、平地と緩やかな登りだけ足を使うことで左足首への負担を軽くしました。 右膝も疲れ始めてましたので、これしかなかったですが、かえってこれが良かったのかも。今までは無理に、がむしゃらに走っちゃいましたが、これなら最後まで行ける。むしろ最初からこの緩急の付け方を取り入れられれば、もっとトレランが楽しくなるなぁ。
そして2時ちょっと過ぎ、皆無事にスタート地点の第一キャンプ場に到着です。皆さん良い笑顔だぁ。ほんっとに楽しいトレランツーリングでした、アラジンさん。感謝、感謝です! 今年のトレイルは、たぶん今回が走り納めになりそうですが、来年が楽しみでなりません。
積雪@山伏 山伏で記念撮影
山伏に到着するまでに霜柱があちこちにあったんですが、積雪とは。そうだよね~、2,000m越えだもんね。ロングコースの参加者皆さんと記念撮影!遠くは御前崎、磐田から参加された方達も!
南アルプスの絶景
中央遠景は塩見岳、その左は順に悪沢岳、赤石岳、聖岳だそうで。(ひでたろうさん解説)

2010年11月20日土曜日

Much Ado About Knotting

つい先日、イギリスでウィリアム王子の婚約発表がされましたが、今のイギリスにとっては、良かれ悪しかれれビッグニュースであることは確かですね。 ガーディアン紙掲載の動画はこちら↓ "Prince William and Kate Middleton engagement announced” ウィリアム王子が婚約を発表した相手、ケイト・ミドルトンさん(本名:Catherine Elizabeth Middleton)は、英国王室の歴史上350年ぶりの平民出身者(その前は、1660年に後にジェームス二世となる、ヨーク公爵と結婚したアン・ハイドという女性だったそうです)。ご両親はBA勤務の後、事業を興して億万長者になったそうで、その恩恵を受けてセント・アンドリュー大学へ入学、そこでウィリアム王子と巡り会ったそうで。 その時から、彼女は「ウィリアム王子と結婚する」と言って、他の男性は目に入っていなかったそうです、「(彼らは)粗野で、私は好きじゃない」と。
で、イギリスでこのところしきりに持ち上がっているのが、エリザベス二世の後継者として挙がっているチャールズ皇太子、そして後継第二位のウィリアム王子のこと。 そして、王室不要論。
現在エリザベス二世は御年84歳、特に健康上の問題はささやかれておらず、在位はすでに58年。一方王位後継第一位のチャールズ皇太子はすでに62歳。いったい彼はいつ王になるのか?で、国民はと言うと、そもそも彼は王になるべきなのかという議論があるのです。
そもそも今のイギリスでの王室不要論のきっかけになったのは、チャールズ皇太子の女性問題が大きいと考えられています。チャールズ皇太子はダイアナ元皇太子妃と離婚したのですが、その発端は今の婦人カミラさんとの結婚以前からの不倫。 実は、チャールズ皇太子は父親のフィリップ・エジンバラ公爵からの強い要請でダイアナさんと結婚したのですが、本当はカミラさんと結婚したかったようで。それがずっっと尾を引いてたんですよね~。(今度はカミラさんが「女王」になるのではないかと言うので、これに対しても反発が出てます。)
その後に、ダイアナさんの交通事故死に関する疑惑が相まって(あくまで疑惑って言うので、何にも明らかになっていないのですが)、チャールズ皇太子への、そして王室自体への不信感が強くなったわけで。
で、ウィリアム王子は、チャールズ皇太子よりも良いイメージがあるのです。何となくハッキリとしない、情けなさが漂うチャールズ皇太子よりも、男らしいウィリアム王子にエリザベス二世の跡を継いで欲しいという声もあるのも事実。で、来年の春には結婚すると言うことがハッキリしたので、その声が高くなっているように感じます。
自分にとっては、第2の故郷と考えているイギリス。(本当は、カナダにいたときの方が長いんですが・・・)だからこそ今気になるこのニュース。 チャールズ皇太子とカミラ・コーンウォール公爵夫人の事とかありますが、とにかく今はウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのご婚約を素直に祝いたいと思う、今日この頃なのです。
チャールズ皇太子とダイアナ妃と英国スパイ
今は息子のウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのカップとかが売り出されてますが、これはチャールズ皇太子とダイアナ妃の時の物。そして英国スパイのカップ。(笑)

2010年11月16日火曜日

ランニングフォーム

いつも見させてもらっている美ジョガーJunさんのブログ『30'sの美ジョギング』をきっかけに見るようになったウルトラマラソンランナー岩本能史さんのブログ『岩本能史 running life & more』、ここで興味深いアップがあった。「キャサリンの場合(再掲載)」って記事で、過去に載ってた物の再掲載だそうで。
マラソンランナー キャサリン・ヌデレバの走り方、とくに着地については
「『リリース⇒空中動作⇒着地⇒リリース』という1ストローク(一歩)のあらゆる局面でヒザ下がヒザより前に出ないそうです。なので着地は身体の真下に足裏全体で『ぺたっ』と『置く』。」
むむ、これは面白い。
「どーすれば身体の真下に足裏全体着地が出来るのか・・・・、 ⇒⇒⇒まずは骨盤を前傾させてみる。」
という訳で、自分も昨日早速実践してみました、この着地方法。 前よりさらに前傾姿勢なので、腰のあたりの筋肉負担が増すかも。単純に姿勢が悪いのかなぁ?(笑)…それにしても、竜爪の時の筋肉痛が意外にも激しく、2日目にピークが。その状態で走ったもんだから、効く―!!でも、安倍川の冷たい風の中、結構良いペースで走れたかも、筋肉痛差し引いても。
でも、岩本さんのブログにも書いてあったけど(タイトル「腕振りってなんだ??」)、
「面倒くさいからではなく、どーだっていーんです。と僕は思うのです。 本にも書いたのですが、何気なく振った、その腕振りこそがその人に合った腕振りなのでは、と。」
色々と、通説に縛られない考え方で、好きだ。自分も、自分が走りやすいフォームに自然に変えていった方だから。 ただ、もう少し走れるようになりたいから、岩本さんの本「非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分!」でも読んでみようかな?
Catherine Ndereba
岩本さんのブログにも掲載されていましたが、キャサリン・ヌデレバのフォームをみると、フラットな着地なのが分かります。(出典:wikipedia 写真Eckhard Pecher (Arcimboldo) "World Athletics Championships 2007 in Osaka - Marathon winner Catherine Ndereba on her last 50 metres”)

2010年11月15日月曜日

来年の予定(マラソン&トレラン)

さてさて、今年も11月15日になりまして、残すところあと僅か。今年残ってるレース&イベントは、来週末『アラジン安倍奥トレイルツーリング』、12月19日の『富士マラソンフェスタ2010 in FUJI SPEEDWAY』、それからその前日の職場の駅伝。 で、気づいたことなんですが、今年はめっちゃレース出てたなぁ。マウイも含めてレース6回、ツーリング1回、残りはレース2回とツーリング1回。レースだけ考えると、走った距離は145kmオーバー。 出過ぎぢゃ!(笑)
ん~、振り返ってみると、出たいレースにとにかく出てみた感じ。初のフルマラソン、それもマウイマラソンに出たわけだし、OSJ志賀高原にも出れた、結果はともあれ。(笑)
で、来年はどうしようかと考えて、出場するレースは8本程度にすることにしました。それも遠出は1本、近場は2本、残りは県内イベント。
1月23日湘南国際マラソンフル(42.195km)
1月29日有度山トレイル三昧8.7kmエキスパート
3月6日駿府マラソンハーフ(21.098km)
4月3日日本平桜マラソン23.4km
6月5日頃富士忍野高原トレイルレース約21km
9月4日頃朝霧高原トレイルランニングレース約20km
10月16日頃森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖約18km
11月6日頃神流マウンテンラン&ウォーク約23km

アラジンさんのブログでも神流マウンテンラン&ウォークがものすごく楽しそうなので、これに参加したいと思う。 それ以外は今年楽しかった忍野森林浴。 海外は、来年だなぁ。できればホノルル、でも特に決めないようにしようと思う。
とりあえず、湘南国際と日本平は確定。後は順次エントリーしないとな。 来年の目標、それはとにかく楽しくレースに参加すること、そして悔いなくレースすること。フルのサブ4も、できたら儲けモンくらいの気持ちで、気負わないこと。来年が楽しみだ、まだ今年は終わってないけど。(笑)
マウイマラソンの思い出
マウイの日差しは暑かったけど、本当に参加できて良かった。42.195km、完走できたんだもんな~、歩いちゃったけど。(笑)

2010年11月14日日曜日

影○夫妻が静岡に来た!

昨日は妻のアロマ仲間の影○家のマルちゃん夫妻が静岡に来てくれました。妻達はアロマのトリートメント(フェイシャル)の練習、で、自分たち(だんさんの「影ちゃん」と自分)はトレランをしようとかねてから計画してたのです。 で、影○夫妻に静岡に到着したのはお昼過ぎだったので(地元の高校の学祭によっていたそうで)、どこに行こうかと考えていたのですが、結局竜爪山に行くことに。賎機山は近いけど、やっぱり物足りないだろうし、山伏はこの時間からだと遅いので。
で、竜爪の穂積神社旧登山口の駐車場はすでに空きが。到着したのは2時過ぎくらいかな?さすがに久しぶりのトレイルと言うこともあるし、最初は登りだけなので、なかなか前に進めない。息も元々浅いから、酸欠状態に。心肺を何とか強化しなきゃならない・・・。で影ちゃんは、さすが新城ショートで20位台と言うこともあり、登りが早い。二十丁目くらいから前後交代して貰い、引っ張って貰いましたが、早い早い。(笑)途中スイッチバックの部分(階段の脇道)もすごい勢いで登っていたので、写真に納めようと思っても写らない。(笑) でも引っ張って貰ってたからか、良いペースで登れた。やっぱりぺーサーがいると、練習がだらだらにならないから、本当に良い。忙しい中静岡まで来てくれて、本当に良かった。
山頂の風景、来るたびにガスか霧で風景が見えたためしがなかったのですが、今回はうっすらと下界が見えました。清水港も全景が見えますね~。でも、寒い・・・本当はいつもなら五分くらい休憩しますが、人っ子一人いないし、すぐさま降りることにしました。(山頂は綺麗に草が刈ってくれてあって、良い感じにはなってましたが) 下りは、やっぱり楽しい。ものすごいペースで文殊ー薬師、薬師ー新登山道ー旧登山道入り口を駆け下りました。後半は若干足がもつれましたが、それも久しぶりなら仕方ないか。終わってみれば、一時間半くらいで戻ってきましたが、いやぁ、いい汗かいた。
で、帰りにちょっとアラジンさん立ち寄って、影ちゃんは新しいトレランシューズはどれが良いのかを河合君に聞いて、自分は新しいロード用の注文を。

影ちゃんを追っかけて 文殊岳で記念撮影
影○家のだんさん「影ちゃん」、やっぱり新城ショートで20位台と言うこともあり、登りが早い!!すごいな~。文殊岳の山頂にて二人で記念撮影です。当日は、すれ違ったのは4人、薬師岳から先は人っ子一人なし!
清水港from文殊岳 文殊岳の紅葉の終わり
文殊岳の頂上に着いたのは1時間ちょい後かな?景色は、ガスってましたがぎりぎり見えました、清水港。文殊岳の紅葉は、あまり色が付かないまま落ちてきてしまっていました。もうこの山の紅葉も終わりか~。

で、五時半頃に自宅に着いたのですが、妻達はまだアロマのフェイシャル練習中。私は素早くシャワーを浴びて、二人の練習が終わったのを見計らって夕食に。今夜は『お好み焼き本舗』静岡瀬名店へ。わいわい色んなものを食べるのには、此処が最適なのです(ミックスジュースもね)。事前に受け付け予約ができるので、六時半に予約して向かいました。 本当はガンダムを見てから行くはずでしたが、何だか市内が渋滞していたので、そのままお店に直行。案の定店内は混み合ってましたが、さすが受け付け予約。六時半チョイ過ぎには着席できました。 たくさん食べましたよ、「山盛り旨キャベサラダ」、「やみつきキュウリ」、「海鮮モダン焼き」、「おこほんデラックスお好み焼き」、「明太マヨレタス焼きそば」、「かきバターしょう油焼き」、「黒蜜きなこのmini和風パフェ」とドリンクバー。よくまぁ喰ったよ。(笑)妻達はミックスジュースが止まらない。(笑)笑いも止まらんかった。
で、〆にはやっぱりRGガンダム。さすがに八時を廻ってたので、ライトダウンされていましたが、闇夜のガンダムもまた乙な物。さすがに通常モードでは写りませんでしたが、そこはデジカメの「夜空モード」を使えば、その姿を目視以上に鮮やかに捉えることができます。 「エヴァ」ファンのマルちゃんはしきりに「ちっちゃい」言ってましたが。(笑)
本当に良い土曜日だった!!

綿菓子@おこほん 海鮮モダン焼き
大人なのに綿菓子・・・我々も同じ風に綿菓子を作ってしまいました(妻が)。この綿菓子、『サザエさん』のうきえさんみたいに。「海鮮モダン焼き」、これ以外に「おこほんデラックスお好み焼き」、「明太マヨレタス焼きそば」、「かきバターしょう油焼き」も。
RGガンダムライトダウン
すでにRGガンダムはライトダウンしていましたが、星空モード15″でこんな感じの写真が撮れました。味があるなぁ。

2010年11月11日木曜日

県大ー県美周回ラン!!

今日は週末に向けて、そして職場のイベントに向けて坂道トレーニング。職場の近くの県大のサーキュレーション道路から県立美術館を周回する1.8kmコース、これを3本やりました。
結構これがきつい、県大サーキュレーション道路の傾斜はきついんだよね、傾斜角10%だから、結構息が上がる。でも此処の一番の難所はサーキュレーション道路を上りきって、薬草園とテニスコートまでの登りで、調べたところ20.3%。最初の550mはこの傾斜が続くのですが、平均傾斜は11%位だから、60m登る計算に!(笑)
そりゃきつい訳だよ!
で、ここからはひたすら下り、美術館の裏を駆け抜け、古墳(此処にあることを知らない人も多いけど)の脇を通り、美術館前の階段に出ます。で、彫刻の間をすり抜けて街路樹にでて、また県大前に。これで1.8km、各10'を3本程度ですね。まあ、登り下りのセットだから、そんなモンか?
来月にある駅伝と『富士マラソンフェスタ2010 in FUJI SPEEDWAY』に向けて、そしてトレイルの為に強化!! 普通のロードじゃ得られない物があるな~。
県美からの夜景
やっぱり携帯写真では写らんか~。県美の裏の丘からは良い夜景が見えるのです。(カップルがいたの気づきませんでした、ゴメンね~)

2010年11月10日水曜日

走れないってストレス

さて、この1~2週間、いろいろなことをしていたので、まったくもって走れませんでした。丸々1週間ランがないのは極めて珍しい(故障時以外は)ので、これが意外とイライラの原因になるんですね。1年半前には、寒い中夜走りに行こうという発想自体が全くなかったですが。(笑) で、自分にとっては、イライラが溜まるだけでなく、体の中の老廃物も溜まり易くなり、それが肌に顕著に表れます。定期的(隔日)で走っていると、肌がツルツルに保たれるのですが、そうでないと途端にプツプツしだす。これがまたイライラを誘うのです。(笑)
でも、また走れるようになったので、少しずつプツプツもイライラも解消されることでしょう。走り自体は、ロードでは特に問題なさそう。ただ、翌日若干右膝に突っ張り感が出る。こればっかりはもうちょっと様子見なきゃならんかも。
で、良いきっかけなので、ランもちょっと変えてみようかと。自分はピッチ走行で、ピッチも小さめ。どうもストライドは息切れが激しくなるので(元々息が浅いので)、試しては見たんだけど、自分には合わないかな?なので、ピッチを少しずつ大きくしていくことに決めました。ピッチを早めるのもありだけど、それだと忙しくなる感じだから、自分には合わなさそう。 ストライド走法は、やっぱり自分には合わなかった、100mくらいですぐに息が切れる。(笑)見た目は、ストライド走法がかっこいいけどね、やっぱり自分にはピッチ走法だ。 しっかりからだが休められたから、激しい風の中も快調に走れました。
週末が楽しみだ。

2010年11月9日火曜日

Navigating through Shizuoka

さて、昨日のブログアップにも書きましたが、先週は非常に忙しかったのですが、その理由が静岡市に、姉妹都市であるオマハ市の交流団が来たことにあります。 私は今回この交流団の静岡でのボランティアガイドをすることになり、木曜日にはレセプションへの参加、土曜日には交流団のメンバーの市内観光をしていたのです。
何せ11年海外生活をしていたとはいえ、普段使っていない英語は、なかなかその感覚を取り戻すのに時間を要するのです。読み書きは全く問題ないのですが、会話を久しぶりにすると、なかなか言葉が出てこない(その言葉自体は十分に分かってるんですけどねぇ)。 海外生活を送っているときは、英語で考え、英語で会話をしていたのですが、日本にいるとどうしても日本語で考え、日本語で話してしまう。その結果、いざ英語で会話をするとなると、日本語で考えてしまい、英語が出にくくなるのです。特に通訳をする時がそう。 というわけで、その感覚を取り戻すべく、また少しは社会貢献をと思って手を挙げたわけです。
レセプションはホテルアソシア静岡の4階、会場には100名強でしょうか?静岡市の市長率いる議員団とかボランティア、オマハ市市長、ネブラスカ大学オマハ校(UNO)の副学長、音楽家の教員たちとジャズ部のメンバー。 当初はUNOの副学長さんの市内観光をガイドすることになっていましたが、スケジュールの関係上、ジャズ部のアンドリュー君(20)をガイドすることに変更に。で、どこを案内しようか悩むよりも、何を見たいのか、興味があるのかを聞き出すことに。 思ったよりもジャズ専攻は忙しくらしく(食べるためには教育者になる資格も取らなきゃならんらしい)、首・肩・背中が凝りまくっていて、とにかくマッサージをしたいとのこと。
ということで、土曜日の静岡ツアーは、①久能山東照宮、②温泉&マッサージ、③昼食(トンカツ)、④富士山、の順番にツアーは組み立てました。 当日はものすごい良い天気だったので、久能山東照宮の階段を上っていると、焼津の方から伊豆半島の舳先までくっきり見えました。朝9時半くらいだったこともあり、観光客も少なめ。ましてや階段を上ってくる人、降りてくる人は合計しても10人程度。 アンドリュー君はしきりに風景をデジカメ撮影です。それもそのはず、彼は今回初の海外旅行&初のフライトだったとのことで、すべてが珍しいとのこと。 国宝指定をされたばかりの久能東照宮を懇切丁寧に説明しましたヨ。久しぶりの通訳、脳が活性化されるようでした。もっと使わなきゃなぁ。
次は温泉、籠上にある美肌湯に行く予定でしたが・・・やはり裸で温泉にはいることに抵抗があったようなので、急遽予定変更。マッサージは後回しにして、ちょっとはやめのランチに辰金さんに行くことに。 実は前日に、妻から「外人さんはトンカツを好む」という情報を入手したので、これは外せないと言うことに。アンドリュー君はソースカツ丼、私はエビフライ丼、二人とも大満足。 が、どうもご飯が多かったようで・・・、大柄なのになぁ。(笑)
でもって、さっき後回しにしたマッサージを静岡PARCO前のお店に行くことにしました。私は通訳としてスタンバイ。店長さんがかなりの体重をかけて背中、首、肩を揉みほぐしていました。が、傍目で見ると結構すごいですね。(笑) アンドリュー君、ご満悦。
でもって、その後はタワレコにいってジャズのCDをご購入。本当はKai Windingの日本国内限定CDが欲しかったようなのですが、ほとんどがデッドストック。 さすがトロンボーン奏者。寝ても覚めてもジャズの生活を送ってるだけあるねぇ。
で最後は富士山を見に薩埵峠へ。写真を撮るなら此処ですね。 蒲原から富士市街の海岸線、沼津から松崎の海岸もくっきり見えて、本当に良い天気。 富士山の絶景、満足してくれて、ガイドのしがいもありました。
薩埵峠からの富士山 ネブラスカからのチョコレート
薩埵峠からの富士山はやっぱり美しかった。ちょっと雪の冠をかぶっていて、風情があるなぁ。一日ガイドのお礼にチョコレート、UNOのピンバッジとキーホルダーをくれました。

2010年11月8日月曜日

右膝のこぶ

第2回森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖』から3週間になりますが、右膝は未だ完治せず。普段の生活には何ら支障がないし、先日の11kmラン(練習ルート)でも特に問題はなかった。が、階段を降りるなどの動作においては、膝が引っ掛かる感じがまだ残っている。(ひざの内側にカサブタがある感じか?) 先日接骨院で見てもらって結果としては、①靭帯損傷なし、②滑液包炎若しくは、内出血の凝固であろうとのこと。で、患部を冷やすのではなく、温めることで症状が改善するが、時間を要するだろうとの事でした。 今月の21日にはアラジンさん主催の『安倍奥トレランツーリング』があるが、それまでにトレイルを走れる状態になるかはまだ分からないのが正直なところ。
ネットで調べる限りでは、こういった症状はゆっくり改善するらしいので、いつ頃からトレイルに入れるかは全く読めない。が、かといって体を鈍らせておくわけにはいかないですよ。 先週一週間はイベント目白押しで、なかなか走る事ができなかったですが、今週末は新城より妻の友人夫妻影○夫妻が来ることになっていて、その時に私は旦さんとトレイルを軽く走る予定。時間があれば山伏辺りが良いかなとは思うのだけど、昼過ぎスタートとなると有度山か賎機山かな?
いずれにしても、明日からロード復帰して筋肉の感覚を取り戻さないとないと。(今日も夜に用事が入ってしまってて…) ついでに大腿四頭筋と左足首あたりの筋トレもしっかりし始めないと。無様な姿は見せられない!!(笑)

2010年11月2日火曜日

"Collina del Clematis" e "Pâtisserie Naturelle Nature"

さて今日11月2日は、先日ブログアップした記念日のお祝いの一環として小旅行をしようということで、有休を頂いてちょっと長泉町の方まで行ってきました。 最初は、箱根か伊豆かといろいろ調べていたんですが、そういえばいってみたいと思っていっていなかった『クレマチスの丘』、その内特に『ヴァンジ彫刻庭園美術館』に行ってみたいと思いまして。 芸術の中で、私は特に立体の造形物が好きなのですが、屋外展示可能な物が特に好き。理由は触れることができるから。単純な理由です。(笑) 特に好きな作家はコンスタンティン・ブランクーシ。今でも、ポンピドゥに行ったにもかかわらず、彼の美術館『アトリエ・ブランクーシ』に足を踏み入れなかったことは悔いが残っているのです。
さて、今回のジュリアーノ・ヴァンジ(Giuliano Vangi)氏については、残念ながら存じ上げてはいませんでしたが、特に事前の知識を詰め込まないで行ってきました。ですが、行ってみてすぐに彼の作品の虜になりました。 クレマチスガーデンの中の要所要所に展示をしてあり、また野外向きではない、特にその作品の色などが紫外線、雨等の影響を受け、変色等し易い作品はガーデン内に入ってすぐの屋内に展示していました。
私の感じたのは、彫刻をすることに対する喜び。グスタフ・クリムトの「ストクレ邸フリーズ」のような滑らかな線の「三つ編みの女」や「説教壇」、「花柄の服の女」があるかと思いきや、「壁をよじのぼる男」や「乗り出している男」のようなコミカルな物も。中には「天の階段」なる地下へ降りる形の大型彫刻も。妻も直感的に口に出していましたが、これはシェークスピアの「ロミオとジュリエット」のクライマックスシーンを立体化した物でしょうね。確かに天へ召されましたからね。 こういう作家さん大好きですね。今日妻と一緒に来れて本当に良かったと思います。また、新たらしい作品を此処で見てみたいと思いました。 クレマチスガーデン自体は、バラ達が今年最後の花を咲かせてくれていましたが、また春に桜とクレマチスを見に来たいと思います。
ヴァンジ彫刻01 ヴァンジ彫刻02
ヴァンジ彫刻庭園美術館』に入ってすぐ出会う彫刻「竹林の中の男」。その目は、これから遭遇するであろう作品に対する期待を秘めているかのよう。 作品「説教壇」。台座には前をまっすぐ見据える女性と、その背中には世界を支えるオリーブの木でしょうか?
ヴァンジ彫刻03
こちらは「プリマヴェーラ」。アダムがイヴと知識のリンゴを分かち合うために手を差し伸べています。キリスト教ではネガティブな捉え方もあるこの逸話、ヴァンジ氏は『人類の春』と捉えたのでしょう。

で、今回の第二の目的地、清水町にある『パティスリー・ナチュレナチュール』にも足を伸ばしました。お昼前後で1時間半以上歩き続けましたので、今晩食べても全く問題なし。 このお店、静岡県のケーキ店ランキングの2位に挙げられていたのですが、妻とわくわくしながら店内に。あるある、いろいろと美味しそうな物がずらりとショーケースの中に並んでいます。いろいろと気持ちが揺れましたが、今回は「プレジール」と「ミルフィーユプラリネ」、「パリパリシュークリーム」の3点。 「プレジール」は上からピスタチオムース、ビターチョコムース、フランボワーズムースの三層で、これまでにない組み合わせですが、これがまた絶品です。 「ミルフィーユプラリネ」はヘーゼルナッツクリームが美味で、舌に心地よいテクスチャーです。ミルフィーユもすごくパリパリ感が気持ちよいです。 で、「パリパリシュークリーム」のカスタードは今までで食べたことのない濃厚かつあっさりの絶品!これはパティシエの妹も作ったことがないほどだ! 店員さん達の応対もすごく親切で、店内の雰囲気もすごく良い。結構ケーキ激戦区の静岡で2位であるのも納得です。此処もまた来たい!
ナチュレナチュール ナチュレナチュールのケーキ
そして今日の第2の目的地、清水町にある『パティスリー・ナチュレナチュール』。県内のケーキ店ランキングで2位の実力は果たして?『パティスリー○○』は文句なしに超えた!左上は「プレジール」、右上は「ミルフィーユプラリネ」そして左下は「パリパリシュークリーム」です!