2011年5月29日日曜日

久々のインドア派な一日

今日は台風が近づいて来ていると言うこともあり、一日インドアでした。福島の原発が一向に収束しない中の台風なので、外に出て雨に濡れたくもない。かなり大気中の放射線物質が拡散、引っ掻き回されてますから。 と言うことで、今日はこの所やってなかったことをやろうと。
まずは、パンを焼きました、ココアパン。ココアを入れたと言っても、パンの色が褐色になるくらい。いつもながら安定した出来上がり。朝ご飯はこれで確保。
んでもって次は、ケーキ。バナナがシュガースポットだらけになったので、これでケーキ・スクレを作ってみようと。でも、一つミスが。バナナ、もっと細かくするんだった。ケーキの底にバナナが沈んでしまって層が出来てしまってる。でもまぁ、味が良いから良いとしよう。(笑)
で次は、翻訳の添削課題に取り掛かりました。ここ2ヶ月ほど忙しさにかまけてしまっていたので、これ以上足踏みしてる場合じゃない。金曜日にラフに翻訳しておいたので、1時間ほどで見直して、無事終了。日本語としても問題ないかな?にしても、やっぱり自分は経済・証券は苦手分野だね。英語も日本語も、このジャンルのボキャブラリは厚みがないな。どうも、このジャンルには興味が持てないんだよね。
で、最後はドラクエ3でゾーマ討伐。懐かしくて引っ張り出してきたゲーム、そろそろ蹴りをつけようと思って。かなり楽勝だったなぁ。最初にドラクエ3やったとき、ここまでたどり着けたっけかな?というより、そもそもクリアしてたかどうかも怪しい。
そうそう、バランスディスクでのトレーニングは欠かせません。本当はジムに行ってマシン使った方が良いんでしょうが、今日はパス。とにかく脚を中心にトレーニング。ついに左脚片足立ちも少しですが出来るようになってきました。片足スクワットにはもう少しかな?
バナナのケークスクレ
今日は一日インドア。バランスディスクに乗りつつ、パンを焼き、ケーキを焼き、翻訳課題をこなして、ゾーマを倒しました。

室内トレーニング~バランスディスク~

先日、トレラン部のお仲間のアンクル・ジョンさんからアドバイスを頂いたので、早速バランスディスクを購入してみました。色々と種類があるようですが、私が購入したのはアリンコと言う会社のモノでした。お値段もお手頃です。 でも、実際にこういったモノを使ったことがないので、どこまでトレーニングになるのかなって思いましたが、いやいや、馬鹿に出来ないですよ。(ジョンさんのアドバイスを信用していなかったわけではないので、悪しからず(笑))バランスボールもそうなんでしょうけど、この上でバランスを取るのは結構至難の業。V字バランスも取りにくいですし。でも、良い感じで筋肉に効いてくるんです。
自分がこれでトレーニングしているのは、主に腹筋、背筋と脚です。特に左足は強化の必要があるので、洗い物の時には欠かせません。とは言え、未だ左脚の片足スクワットはレベルが高いので、とりあえずはバランスディスクに立ち続けるところから始めています。 が、これやると左脚のふくらはぎ、足底筋が本当に鍛えられているのが分かります。両脚で立っているのにね。 これからは梅雨ですから、大変活躍しそうな気がします、バランスディスク。
バランスディスク
アリンコのバランスディスクを購入。テレビを見てたりするときにも使ってますが、皿洗い中は常にこれに乗ってます。それにしても、左足の足底筋が筋肉痛になる。(笑)

2011年5月26日木曜日

足袋男(たびお)の挑戦

さて、ツイッターではすでに宣言してましたが、地下足袋ランニングを始めてみました。パパヒロさんの助言もあったので、初回は10km以下にしておこうということで、8kmほどに。 ベアフット・ランニング、巷では浸透しつつあるし、Vibram fivefingersNBのminimusなんかが出てるので、裸足感覚で走ったことがある人も多いのでは? でも、アラジン・トレラン部では地下足袋ランニング。というか、主将の将悟さんが絶賛してたので。(笑) でも、地下足袋は日本人の英知の結集だと思うので、わざわざ高いVibram fivefingers買わなくても良いかなって。それにそれに、実家の山仕事にも使えるし。
で、早速走ってみましたが、これが不思議な感覚。もちろんクッションは入ってないので(アウターソールのゴムは足袋の保護のためだし)、ダイレクトに衝撃は来るんですが、足袋底のあらゆる情報もダイレクトに伝わってくる。アスファルトのクラックや、小石、草を踏んだ感触、タイルの目地…裸足じゃないけど、裸足に近いのです。それにもう一つ、いかに普段のシューズのクッションがで足を守ってくれているかってことも、よーく分かる。 そしてもう一つ。地下足袋を履いて走ると、本当に自分の足で走ってるって感覚を取り戻せる感じがする。これはフォーム改善にも打って付けだろうなぁ。だって、歪んだフォームで走ってると、すぐに体が感じるし、地下足袋ランに慣れてくると、自然にペースが上がってくる。意識してたわけじゃないけど、復路では5'30"/km切っちゃってたし、意識して落とさないと、もっと上がりそうだった。 地下足袋ラン、いいんじゃない?(難点は、ファッション性か?)
今度から、ナイトランは地下足袋装備とします。トレイルも、できる限り地下足袋にしよう。それプラス、ジョンさんからお勧めされたバランスディスクを併用して、足首強化、フォーム強化、走力強化を図ってきましょう。
本当の足袋男
アラジン・トレラン部の主将・望月将悟さんやパパヒロさんもお勧めの地下足袋ラン、始めてみました。地下足袋、実家の山仕事にも使えるので、一石二鳥。 実際に履いてみると、右足のフックを掛けるのが一苦労。逆に左足がスカスカで、いかに右足に頼ってきたかがよくわかる。

2011年5月25日水曜日

日々の小さな努力

昨日は本当は走るつもりだったんですけど、ウェアが洗濯中だったりしたので、自宅でリラックス。でも自宅でリラックスしてるって言っても、努力は欠かしません。特に左足が自分のウィークポイント。と言うか、以前にも書いた事ありましたけど、生まれつきの障害で左足首が弱い。正確に言うと、距骨って言う足首の球体間接の様なの部分が、子供並みに小さい。そのため、とにかく足首が曲がらない。これって走るとき、特にトレイルに入るときは気を付けなければいけないところ。 体力がOKでも、左足首が故障すると不完全燃焼で終わってしまうので…。
そういったハンデを持って生まれたこともあり、35年間、運動とは疎遠でした。運動してても、本気で打ち込めなかった。走るなんて一番嫌いなこと。中学のマラソン大会は、さほど太っていなかったのに、ふくよかな友達と同じくらいの遅さでした。運動していなければ、周辺の筋肉や靭帯も未発達なわけで。 でも、2年前には女の子(小学生)と成人男性位の違いがあった膝下の筋肉ですが、今では草食男子と太マッチョ位の違いに改善しました。 それもこれも、本当にちっちゃな努力の積み重ねだと思うのです。写真のように家事をやる際にはつま先立ちを続け、時には左足で片足立ち。2年前、片足立ち(左)は10秒ともたなかったですが、今では5分くらいいける位にもなりました。まだまだ弱いですけど、それでも改善しつつはあります。 トレラン後の超回復も、本当に速くなりました。トレラン後2、3時間後の激痛も、緩和されつつあります。
でも、やっぱり課題は可動角。左足首と右足首を比較すると、それは一目瞭然。とにかく左足首は後ろに倒れないのです。右なら前後各45 まで行けるのですが、左足首は後だけ10~15 しか曲がらない。これは、着地の際の衝撃吸収ができないということですし、推進力が右のそれの3割程度(同等の筋量があるとして)しかないってこと。右足がジェットエンジンなら、左足はプロペラか?
生まれつき小さい距骨を大きくするのは無理だとしても、人間の体は常に『順応し、身につけ、改善する』もの。単独では補いきれなくとも、周辺の機能がそれを強化して支えるようにできている。
本当に小さな努力でも、続けることに意味がある。そう思うのです。
小さな努力
本当に小さな努力かもしれないけど、洗い物担当班の私は、そういう時に左片足立ちや、つま先立ちを続けてより走れる足を作り続けているのです。
左足の可動角
右足の場合、ゼロ角から前後に各45 位まで曲がる。これでかなり運動の際の衝撃を吸収緩和してるんでしょう。今回改めてこういう形で比較してみて、違いが分かった。 こうしてみると良く分るけど、左足の可動角、本当に狭い。距骨が奇形で小さいため、後への可動角は10~15 程度。前への可動は右足と左程変わらない。

2011年5月22日日曜日

アラジントレラン部県民の森ツーリング~2011春

今日は久しぶりのトレランです。 いやぁ、忍野富士高原(ミドル21km)、朝霧高原(ロング34km)、そして森林浴(ロング18km・予定)を走るんだから、ぼやぼやしてる場合じゃないです。正直、今月の走行距離は本当に短い。それに、トレイルってやっぱり一人だと心細いんですよね。 今回のトレランツーリングは、アラジンさん主催で、静岡の県民の森キャンプ場→笹山→牛首峠→山伏の往復コースで、距離も20kmくらいとちょうど良い。前回(去年秋)に参加したときも本当に楽しかったので、今回も期待大です。ただ、天気予報は雨が午後から降ると言うことだったので、前日からスタートのアラジンさんの決算セールでライトシェルジャケットを購入。全品2割引って言うから太っ腹。 で、また給食もしっかり用意。前回はMさん達に雨を分けて貰ってシャリ欠をぎりぎり回避したので、写真の給食以外に飴を用意して、万全の体制で臨みました。
が、やっぱり県民の森についたら、早速霧が立ちこめてきました。気温も低い。でも、行けるところまで、雨が降る前に帰ってこれるように行こうと言うことで9時頃スタート。私は登坂のトレーニングが本当に必要なので、ひでたろうさん率いるトップグループに必死について行きました。6番目くらいかな?下りは良いんだけど、やっぱり登りは心拍数が上がりすぎてしまう。その影響で、足の運びも遅くなってしまう。キツイ・・・。とにかく登りだけの練習した方が良いなぁ。
で、笹山に着いた頃は、さらに気温が下がり、天候の回復が望めそうもないと言うことで、ひでたろうさんの提案で牛首峠で折り返そうと言うことになりました。それにしても、牛首峠ってどういう由来があるのかなぁ。まぁ、それは良いとして、此処へはみんなで秋にまた戻ってこようと言うことになって、ここから各自自分のペースで折り返すことに。一生懸命ひでたろうさん達を追いかけましたが、とにかく登りが駄目だった。本当に登れない。前の人たちに下りで追いついても、登りで引き離されるという繰り返し。それに元々弱い左足首、あまりに前半の下りでインパクトを受けたため、あまり加重をかけれなかった。ん~、コンスタントに登り続けられて、下りの際の足首保存する走法を学ばないといけないが・・・
でも、本当に良いトレランツーリングでした。ショートの皆さんと合流でき、一緒に解散できたのも良かったし、雨が降り始める前に帰って来れたのも良かった。景色は見れなかったけど、本当に充実したツーリングでした。 やっぱりトレランは楽しい!!
給食
モンベル・ウルトラライトシェルジャケット
アラジンさんの決算セール(今月中まで)で購入。軽くて着心地が良い。雨が予想されたので、携帯しました。大正解だった。
『本日の給食』
オレオチョコレートバー・マカダミア、放課後コーヒー(劇甘)、ジェルブレ(レーズン&ヘーゼルナッツビスケット)
牛首峠
『笹山の登り』
10km組の折り返し地点。此処の登りと、牛首峠の登りがきついんだ。やっぱり今回も登り駄目でした。
『牛首峠』
ガスってて、気温も下がり、ぱらぱら降ったり止んだりだったので、これ以降のアタックは中止です。残念。
将悟さん走る
『将悟キャプテン走る』
後ろから将悟さんが走ってきたので、正面からと思いましたが、携帯のカメラが間に合わず、後ろ姿。

2011年5月17日火曜日

香港出張

さてさて、ハノイ出張の3日目は移動日。11日の昼下がり、香港に到着しました。 残念ながらこの日は曇り、さらに気温は前日のハノイの40度ほどではないですが、30度越えでムシムシしてました。まぁ、日本よりよっぽど緯度が低いからねぇ。で、香港の第一印象は、同じ形の高層ビルが数棟単位で存在するって言うこと。それもそういったビルがいくつも香港島を埋め尽くしているそんな感じ。ハノイとは極端に違う、何となく自分にはなじみがあるところに来たなぁという感じ。
でも、実際に香港の街を歩いてみて日本とは違うんだなぁと言う印象を受けました。そして、中国本土とも違う、そういう風に感じました。以前行った杭州とも全然違う。やっぱり、それは1999年まで英国領だったからなんでしょうか?それとも、今は中国の経済・外交の拠点になったからでしょうか? 現地に30年以上在住しているイギリス人の方に色々香港の歴史とか、政治のことをお伺いする機会があり、その複雑さを知ったから、そうなのかもしれませんね。
香港滞在中は、もちろん仕事なのでプライベートの時間はさほど取れませんでした。が、妻のリクエストもあり、銅鑼灣(コーズウェイベイ)エリアの、『Jenny Bakery』へ。と言っても、言葉で表すほど簡単に行けたわけでなく、ホテルから30分もあれば行けるはずのところを、合計2時間掛かってしまいました。その理由は、建物の入口が分からないから。(笑)もちろんググって、地図を確認し、入口の様子も見ておきましたが・・・入口改装されてるじゃん。(笑) 中に入ってみると、おやおや、カナダの中華街にあったような極小店舗の集合ショッピングセンターって言う感じで、階段を上がりきったところを右に進んでいくと、あ、あった。(笑)もうすぐ店仕舞いのところにぎりぎり行ってきました。購入したのは、皆さんがおすすめしている「パイナップルロール」と、「クッキー4種類MIX」&「クッキー8種類MIX」。自分のお薦めは、「クッキー8種類MIX」かなぁ。なんか、麹町の『ローザー洋菓子店』のような素朴な味で好きかも。 あ、でもその写真ないや。(笑)凄い勢いで、胃の中に消えてしまったから。(笑)
もう一つ印象的だったのは、『珍寶海鮮舫』かなぁ。お料理は、飲茶と海鮮ラーメンを頂いたんですが、そこそこかな?それよりも、印象的だったのは、こういったレストランが昔はいくつもあったって事。その内の最も大きな水上レストランが『珍寶海鮮舫』そうで。香港らしい、そういう印象を受けました。
珍寶海鮮舫
香港ではあまりにも有名な「珍寶王國」内最大の水上レストランです。
香港風装飾
「珍寶海鮮舫」行きフェリー乗り場。外国人向けですね。 間近で見てみると、意外と意外となんですが、これが香港の妖艶さを醸し出していますね。
with lychee poppers
灣仔(ワンチャイ)エリアで見つけた素敵なお店「大婆牛肉麺」のトムヤムクン風の海鮮ラーメン。美味し。 同じく灣仔にあるフローズンヨーグルト屋さんの「ライチ・ポッパー」。噛むと美味しいライチのジュースが…
香港ナイトライフ
私はひたすらお土産探しに汗を流していましたが、外国人が多いナイトクラブのエリアは、香港らしさを感じるネオンが。

2011年5月16日月曜日

ハノイ出張

5月9日から13日までベトナム、香港へと出張してきました。色んな会社さんで働かせていただいていますが、今回出張したベトナムのハノイは3回目。前回、前々回は市内を巡るというチャンスもなかったですし、ベトナム料理を食べるチャンスもありませんでしたが、今回は相手先企業さんのご厚意でそのチャンスがありました。 ハノイは9日から3日間でしたが、ローカル食三昧です。 朝からフォーを頂き、昼はバーミチェリ、夜はビアホイ(ビアホール)でハノイビールとローカル珍味。ベジタリアンにはちょっと厳しいですが(今回は肉料理のオンパレードだったので)、地元の野菜も本当に美味しい。 屋台の名もないお店「13」(旧市街の「Dragonfly」ってバーの横)で食べたフォーの焼きそば(Pho Xao)も美味しかったし。肉いっぱいだったけどね。(笑)
また近々ハノイには出張になりそうな気配。 そのときには、事前にベジ料理を調べていって見たいと思うのです。
一日の始まり@旧市街
ハノイ独特の風景です。とにかく、バイクの多いこと。2年経っても変わらない。 夜6時過ぎから一日が始まります。
有名店「13」のシェフたち
旧市街のコーヒー店、壁一面がコーヒー。ベトナム版のコピ・ルアクも置いてます。 名もない旧市街の名店「13」では、こんな感じで屋台営業しています。
蟹の揚げ春巻き
謎の魚を調理して、そこに香草投入。バーミチェリに載せて、ナンプラーベースのスープをかけます。旨し。 蟹の揚げ春巻きも本当に美味しかった。生春巻きは一般的ですが、こういうモノもあるんですね。
路地裏の風景
レストランになっていたこの建物は、一般的な住宅を改装したモノだそうです。狭い土地でも、風が通るようになっているんですね。 旧市街を一本はいると、こんな風景があちこちに。高圧電線もぐちゃぐちゃに張り巡らされてます。(笑)

2011年5月6日金曜日

5月5日は伐採の日

5月5日、午前中にのんびりして、午後には実家の裏山の伐採に挑戦しました。 とにかく20年近く放置されていた裏山だけに、雑草は生え放題、樹も伸び放題です。特にお茶の木は凄まじく少しずつでもいいから手を入れないといけないということで、充電式チェーンソーを購入し、まずは手近な傾斜面を伐採し始めました。 が、一つ問題が。ここの部分の茶の木は結構やせ細ってしまっていて、チェーンソーでは切りにくいことが発覚。それにこれを切ってしまった場合、斜面が一気に崩れてしまう危険性があるので、とりあえずはお茶の木の部分は下草を刈り、上まで登れるようにすることを優先しました。 とはいえ、すでにお茶の木がなくなっている部分の傾斜は崩れやすいので、対策をとる必要がありそうです。とりあえずは表層部分の崩壊を防ぐ必要があるので、少しずつ植林をする必要がありそうです。今のところ中腹には「ゆず」と「檸檬」の木それぞれ1本を植林しましたが、もっと数を増やしたほうがよさそう。それプラス、人が行き来できるような道を杭と竹で作り、昇るための道づくりも必要かな?廃棄建材とか、瓦とかあるといいかもなぁ。
で、お茶の木を切るのは今回は少なめにし、祖母から依頼のあった杉の木ともう一本種別不明の木を切り倒すことに。で、初めての倒木でしたが、結構うまくできたかな?ただ一つ課題点は、今回購入した充電式チェーンソー「Black&Decker 18Vコードレス(CCS818-2)」はやはり大きな木を切るのは不十分で、2本杉の木(各直径15cm程度)を切ったらバッテリーを一個消費してしまった…。 ある程度Black&Deckerで慣れてきたら、ガソリンタイプを借りて作業してみようかな?
いずれにしても、これからたくさん作業が待っています。また山に入って伐採するのが楽しみでしょうがない!!
2011年5月5日 ビフォー
2011年5月5日 アフター
上:伐採作業開始前。かなりお茶の木やらなんやらが生い茂ってます。

中:作業終了。杉の木2本、正体不明の木一本を切り倒し、茶の木やら下草を刈りました。


下:管理人が杉の木を枝打ち中。結構立派な杉の木です。細いですけどね。

2011年5月5日木曜日

有度山清掃トレラン

昨日の午前中、アラジン静岡店店長の呼びかけで、有度山(日本平)の清掃トレランに参加してきました。前回の賎機山でも結構なゴミの量でしたが、さて今回はどうでしょう。 今回はお子様連れの参加者さんたちがいたので、グループは3つに分けていつものトレランレースのコースをクリーンナップ。私たちは平沢観音を中間点に草薙団地から日本平ゴルフ場裏を担当しました。賤機山は農作地を縦断するルートということもあり、農薬系の空き瓶等が多かったのですが、有度山はハイキングコースだから、多くみられたのは空き缶、ペットボトルのごみ。 でも別の班ではコンビニ弁当の袋や電子レンジなんかもありました。
今回どうしても回収できなかったのは、吉田川の中に浮かんでいた、落ちていたごみ。こればっかりは下に降りて回収できなかったです。結構川の流れも速いですしね。
自宅の庭には捨てないようなごみも、他人の山では簡単に捨ててしまうんですよね。悲しいものです。アクシデントで落としてしまったものならまだいいのですが、故意に捨てて行ったものばかり。一人ひとりが感謝をもって山に入ることができれば、少しでもごみが減るんじゃないでしょうか?
パンダのSさん
有度山の清掃トレランでは、Sさんは正装で参加。パンダスーツの背中には、自作の背負子と子パンダ水筒。因みに余談ですが、パンダスーツ、自宅で洗濯機で洗って干してるそうです。(笑)
集まったゴミの山
有度山にあったゴミは、気軽にハイキングする方達のゴミ(空き缶、空きペットボトル)が多かったように感じるのですが、中にはコンビニ弁当(ご丁寧にしっかり袋をしたモノ)や電子レンジなんかもありました。※写真上側にある靴2足は、参加したお子チャン達の靴で、ゴミではありません。(笑)

2011年5月3日火曜日

帰省

今日は磐田の妻の実家に行ってきました。ご両親とは電話で良く連絡を取っているのですが、やっぱり県内ですから会いに行きたいモノ。それにわんこの様子も気になるのです。自分の実家のステと同じくらいの15歳。同じ時期に同じ様な症状も出てたので、気になるところです。
まずは、ららぽーと磐田でショッピング。妻の靴とジーンズを購入したのですが、自分の一番楽しみは『Golden Spoon』のフローズンヨーグルト。日本ではいまいち浸透していませんが、フローズンヨーグルトはアイスクリームを凌駕する美味しさ。なんと、ららぽーと磐田店は中部地区で唯一の店舗だそうです!!ラッキー!! 妻と二人でレギュラーWフレーバーを注文。「ラズベリーチーズケーキ」と「シンプリーターツ」を選んだんですが、甘さと酸味が絶妙のバランスで・・・今思い出してもヨダレが出そうです。(笑)
妻の実家でも美味しいモノを頂きました。『しまごん』でうな重(上)を頂いちゃいました。ふっくらした身と、皮のかりかり感、味のバランスも私好みです。 美味しいモノをたくさん頂いちゃいました。本当に妻のご両親にも感謝です。ありがとうございます。
ただ、一つ気になること。ここ数日で美味しいものをたくさん食べている割には、消費カロリーはさほどでもない・・・。明日の清掃トレラン、一生懸命働かないと。(^_^;)
Golden Spoon
ららぽーと磐田の『Golden Spoon』でレギュラーカップWフレーバーで「ラズベリーチーズケーキ」と「シンプリーターツ」を頂きました。やっぱり、フローズンヨーグルト最高!!
しまごん
磐田の『しまごん』のうな重(上)です。妻の実家のご両親にご馳走になりました。美味しい鰻でした。ここ3日の摂取カロリーが気になるところですが・・・

2011年5月2日月曜日

蓼科日帰り旅行

5月1日、お疲れ様の意味も兼ねて、長野県は蓼科へ日帰り旅行に行ってきました。我々夫婦と、自分の実家5人の総勢7人の旅行。いつもお世話になっている方にVOXYを借りて、行ってきました。 静岡を出た時は、結構雨が降り始めていて、どうなるかなぁと言っていましたが、国道52号線、中部横断自動車道、中央道と蓼科に向かうにつれ、雨足が弱くなって…なんと蓼科滞在中はほとんど降らなかった!!!というか、日が差してた時間もありました。 ただ、まだまだ蓼科は寒く、長袖が欠かせません。でも、そのおかげでそこかしこで満開の桜を見ることできたのでした。運転手の自分は写真を撮ってる場合じゃなかったので仕方ないですが、奇跡的に家族一人として桜の写真は撮っていなかった。(笑) 満開の桜もあれば、まだつぼみの桜もあるので、桜を見たい人は今蓼科に向かうといいかも。いやぁ、蓼科は良いですね。
景色も良いし、空気も良いし、食欲がそそられます。 そして美味しいお店が多いのです。 11時には『たてしな自由農園 原村店』でたくさんの野菜を買い込み、11時半すぎには『オムライスとパスタの店 HIKO』さんでスープカレーとバジルクリームオムライスを食し、1時頃からは『蓼科パークホテル』さんで日帰り入浴をし(マッサージチェアで小一時間寝てしまった)、3時頃には『焼きたてのパンとピザの店 Epi』さんでマルゲリータとクアトロ・フォルマッジォのピザとオニオンスープを食べ、どこに入ったというぐらい。
結果、食べものしか写真を撮っていませんでした。 ブログアップのためにも、温泉とか桜も撮れば良かったなぁ。 家族の写真も、1枚も撮ってないし。(笑)
挙句の果てには、静岡に戻って、夕御飯にうどんを食べに行っちゃいました、丸亀製麺所に。何カロリーくらい摂取したか、想像すらしたくない。(笑) たくさん笑って、心もおなかも大満足で帰ってこれました。当初目標が達成されて、本当に良かった。今度またゆっくり蓼科に遊びに行きたいと思います。その時には、ぜひトレランもしたいもんだ。
オニオンスープ@Epi
蓼科のオムライスの店HIKOで食べたスープカレー。ベジタリアンにもOKなうえ、程よい辛さとボリュームです。もちろんオムライスも頂きました。 蓼科高原のパン屋さんEpi。ここで頂いたオニオンスープ。美味しいバゲット2切れと、玉ねぎ半球入っている、さっぱりしたオニオンスープです。
釜玉うどん@丸亀製麺所
そしてEpiさんでは、マルゲリータ(写真)とクアトロ・フォルマッジォ(写真撮り忘れました…)を家族で平らげました。至福… そして、静岡に帰ってきたら、丸亀製麺所で釜玉うどん(大)を完食。何時も美味しいなぁ。でも今回の日帰り旅行、たくさん食べたなぁ。