2011年9月23日金曜日

9月の記念日

我が家には記念日が沢山あります。 初めて会った日、初デートの日、入籍日、結婚式の日、これらは毎年欠かせない記念日なのです。 そして、この記念日には必ず何かをしようと決めています。 ディナーであったり、プチ旅行であったり。
今回の記念日、食べに行くのも良いけど、家ディナーにしようと思い立ちました。 イル・カスターニョヴェンティ・ドゥエ、はたまた新規開拓もありですが。 今回は久しぶりにイタリアンを作ってみようと。
先日テレビでやってたカポナータ、イギリス留学時代にはよく作ってたので、これを作る。 それからリゾット。これもイギリス留学時代に狂ったように食べてました。その時はポルチーニが比較的安価に入手できたので、ポルチーニのリゾットでしたが、日本では高い!と言うことで、リゾット・アル・ヴィーノ・ロッソ(赤ワインのリゾット)をチョイス。
もう一品、スープが欲しいなと言うことで、ズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ(野菜のスープ)。 とにかく、沢山野菜をとりたかったので。
今回のディナー、完全ベジタリアンです。 野菜を食べると、元気になるのです。(逆に肉を食べると、だるくなってしまうので。)
久しぶりに作ったけど、カポナータはちょっと手抜き。 本当はパプリカの皮を焦がして剥きたかったけど、良しとする。(笑) リゾットもアルボリオ米でなく、洗って水切りしたジャポニカ米だけど、それも良しとする。(笑) ズッパもブレンダーで滑らかにしたかったけど、それも良し。(笑)
美味しかったんだから、良しとする。(笑)

〆には、シューマンのケーキ。 自分は「クレーム・フランボア」、妻は「桃のタルト」。 「クレーム・フランボア」はサバランのバリエーションだけど、使っているのがクレーム・ド・フランボワーズだから、後味さっぱり。今まで一番衝撃的だったのは、ナポリで食べたババかな?リモンチェッロにヒタヒタに浸かっててあれは凄かった。(笑)良くも悪くも、あのババが基準になってしまってるので、「クレーム・フランボア」は初心者向きな気がする。でも、これも美味しかった。 「桃のタルト」も美味しかったとのこと。良かった、良かった。
さて、次の記念日は結婚式記念日か。 今度はどんなふうにお祝いしようかな?
記念日ディナー9月クレーム・フランボワ
左上から、「ズッパ・ディ・ヴェルドゥーラ」、「リゾット・アル・ヴィーノ・ロッソ」、「カポナータ」。プレートは、結婚記念にアロマ仲間に頂いたもの。こういう時に登場です。やはり〆にはデザートが必要。ということで、静岡市高松のシューマンでケーキを買ってきました。妻は「桃のタルト」ですが、サバラン大好き人間の私は「クレーム・フランボワ」を迷わずチョイス。

2011年9月8日木曜日

Tor des Geants 2011

先週の11日(日曜日)から、イタリア・アオスタでヨーロッパ一過酷なトレランレース"Tor des Geants(トルデジアン)"が開催され、現地時間1日午後4時に無事終了しました。トレランをされている方ならご存知かと思いますが、アルプスの山々を332.538km、累積高低差24,000mを6日6時間(150時間)で完走するという過酷なレース。クールマイユール(Courmayeur)を出発し、ヴァルグリゼンケ(Valgrisenche)、コーニュ(Cogne)、ドンナス(Donnas)、グレッソネイ・サイント・ジェアン(Gressoney-Saint-Jean)、ヴァルトゥルナンシュ(Valtournenche)、オッロモント(Ollomont)と巡り、再びクールマイユールに戻ってくるという、ちょっと一般人には想像できないレースなのですが、今年も日本か13名の方々がエントリー、参加されました。 その中には我らアラジン・トレラン部主将の望月将悟さん、女子トップランナーの間瀬ちがやさん、ウルトラランナーの岩本能史さんも参加されていました。
このあまりにも過酷なレース、本当なら現地に行って応援したいところですが、なかなかそれは難しいので、トルデジアンHPのライブアップデートを此処数日にらめっこしていました。こんなふうに夢中になったのは去年のTJARの時以来でしょうか? 今回は将悟キャプテンの初の海外遠征、どんなふうにこのレースに挑むのかを見てみたかったのです。
結果は、世界13位というとてつもない物。タイムも4日2時間2分(98時間)とサブ100! 去年のTJARも5日5時間22分と言う凄まじいタイムをたたき出しましたが、今回も本当に驚かせてくれました。 後半の追い上げも、尋常じゃない!さすが将悟キャプテンだと思いました。 その他の日本人選手も大変健闘されました。 間瀬ちがや選手もさすがという走りを見せてくれ、順位は139位。(ネットのデータ上だけというのが悔しいですが) 岩本選手含む5名の方はDNF、DNSでしたが、その他のみなさんは無事にタイムオーバーにならず全員無事にゴールされました。 (日本人選手のタイム一覧表作っていますので、良かったら参照してください。)
それにしても、世界の壁は高いというのを思い知らされました。若干24歳のJules Henry Gabioud選手が3日7時間58分でゴールし優勝。残念ながらコースアウトで失格してしまったMarco Gazolla選手は、コースアウトしなければ、3日4時間だったでしょうか?女子優勝のAnne Marie Gross選手でさえ3日19時間28分です。 人のもつ可能性に、只々感心するばかりです。
私のような一般人、それも障害を抱えている人間には到底参加が叶わないレースですが、こうしたレースにライブデータでも触れることができることは本当にありがたいことです。今回はHP上だけでなく、Facebook(Tor des Geants)でも画像配信等をしていてくれたおかげで、より身近に、臨場感を持って感じることができました。 運営の皆さんに感謝をしたいと思います。 そして、今回参加された日本人選手、その他の参加選手の皆さんにも同じく感謝したいと思います。 ありがとうございました、お疲れ様でした。
最後に、将悟キャプテンの写真を一つ。
Tor des Geants 将悟キャプテンゴール直前
将悟キャプテン、長旅を終えてクールマイユールに戻ってきた時の写真です。(他にもいい写真があるのですが、それはパパヒロさんのHPで確認してください。かぶって掲載するとなんとなく勿体無いので。)©Nicolo Venturin Chabloz