2011年10月17日月曜日

第3回 森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖

昨日10月16日は森林浴トレイルランin精進湖・本栖湖に参加してきました。今年で3回目、私は2回目の参加です。去年はかなり寒い思いをしたので、今年はスキンズのロングスリーブにファイントラックのショートスリーブを重ね着して参加です。精進湖に向かう途中は濃霧だったので、場合によっては持ってきたライトシェルを羽織ろうと思っていましたが、杞憂に終わりました。 それほどに天気に恵まれたレースになりました。
今年はアラジントレラン部の参加者数は私を含めて3名。ハセツネ直前の追い込みで参加したパパヒロさん(ハセツネ本気装備着)と、自分と同じくロングを走るカオルさん。来週がハセツネってこともあり、みんな控えてるのかなって言うのが、3人の見解でした。
さて、今回、自分はちょっと違った趣旨でレースを参加したのです。それはお城散策。前回大会は余裕もなかったので見ることはできませんでしたが、このレースの途中には山城があるのです。その名も「本栖城」。かなりマイナーなお城ですね。 城山にある主郭跡だったかな?の案内看板によれば
『烏帽子岳より青木ヶ原樹海にせり出した標高1056mが城山山頂で、狭く細長い三兆部分に数個の屋根切りを配し、自然の地形を利用し、郭を設け、防備を固めた中世山城の形態が残っています。  甲斐国志によると、「里人源義春と云う人の城と云伝ふれども、其の人未だ考えず。天文・永禄中、武田の文書に本栖在城云云と見えたるは、此処に籠め置く国境警備の士なり。天正壬午の年、渡辺囚獄佑之に拠る」と伝承によれば、烽火台といわれていますが、中世軍事上重要な中道往還が、山裾を通過していることから、中道往還の関門の役目を果たし砦であった事が地勢や周囲の以降、土塁、石塁などから考えられます。』
だそうで、ここ上九一色周辺を統治していた「九一色衆」が守っていた山城との事。実際に走ってみるとあまり広くない事から、山城と言うよりは砦に近い規模ですね。砦とはいえ、随所に堀切が設けられており、これがトレイルを走る選手には結構応えたのでは?特に城山から烏帽子岳に向かう間に3つほど急な個所ありましたね。 此処を上り下りしていた戦国時代の九一色衆は凄いわ。
本栖湖城 城山跡(のろし台)
自分が城めぐりランを始めたきっかけの本栖城跡。今回はしっかり時間をとって観察です。前回も写真をとったと思うけど、のろし台跡。が、これについては単に石塁だろうという説が。
そしてもう一つの楽しみは、招待選手、スタッフの皆さんとの交流。メインは福田六花さんと間瀬ちがやさんなのですが、今回はスタッフ兼スイーパーとして後藤豊さん、宮原徹さん達チームスポルティーバが多数参加。彼らとはもちろん一緒のレースに参加する事もまずないですし、間近で走る姿を目撃するチャンスなんてさらさらない。全く贅沢な事ですよ。今回は烏帽子岳を登頂時に後藤さんに写真をおねだりしちゃいました。 宮原さんは随所、随所で止まって、走るみんなを応援してくれました。私も2度ほど声掛けしてもらいました。 で、間瀬さんには残り2km地点あたりで遭遇。 妻にこれから「ゴール着くよ」コールをする所でスローペースになってた&右ひざが汚れてたので、「大丈夫ですか~?」と声掛けて頂いたのを 「あ、大丈夫です。トルデジアン、お疲れ様でした!」 「はい~」 みたいな受け答えを。(笑)
こんなレースもないですね。
で、最後に妻と合流して、150m程一緒におしゃべりしながら走り、ゴール手前で六花さんとハイタッチしてゴール。結果は去年を20分も上回ってしまい、2時間36分だったかな?なんでだ???去年は烏帽子岳の下り箇所で派手に右足を打ち付けて、以降まともに走れなくて2時間11分だったのに…。後で聞いてみて納得、コース伸びてたんですね。(笑) 明らかに去年のパフォーマンスを上回っているし、写真を撮ったり観察しながらだったからそれを差引いても、ここまで遅くなるはずはないと思ったから。(笑)
とはいえ、弱点の左足を2回捻ってしまったし、右足ひざ下は長拇趾筋腱鞘炎が治ってないので、ラストの精進口登山道の下りはかなりきつかったです。烏帽子岳の下りでかっ飛ばした事もあったし。そうそう、今回の森林浴トレイルでもタイツの右ひざを破いてしまった、2年連続だ。このC3fit、おニューだったのに…タイムとか関係なく、これが一番ショックだったなぁ。
それはそうと、来週末は影ちゃんと玉川試走だし、その2週後は玉川本番だから、ちょっと今週はしっかり疲労抜き&痛み解消ないとな。
後藤さんと絶景の富士
森林浴トレイルの楽しみの一つ、トップランナーの皆さんとの交流。今回、後藤豊さんと写真を撮ってもらいました。烏帽子岳を登りきったところで富士山を撮影!!朝はあれだけ濃霧&小雨だったのに、この時点で快晴!とにかく暑かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿