2011年6月6日月曜日

第2回富士忍野高原トレイルレース

さて、今年もトレランレースのシーズンスタートです。静岡に住んでいる私も、近場のイベントということもあり、また去年参加した時の印象が良かったということで、今年も『富士忍野高原トレイルレース』に行ってきました。 私は今年ミドルの参加だったので、走行距離は21km。 今回の忍野の印象は、登りがキツかったことと暑さですかね。空は霞んでいても、日差しはそれなりに強くて、気温も24度くらいか?実際に走り始めると、汗が出る出る。さらに序盤の登りはすぐに心拍数が上がるので、自然に体温も上がりますから。せめてもの救いは、序盤が木陰に守られてることかな?
で、暑いだなんだは良いとして、本当によく登るコースです。ロングの参加者の皆さんの苦労に比べたら、大したことはないでしょうが、二十曲峠から石割山にかけての200m超の登りをひたすら行くのは流石に辛かった。大腿四頭筋は悲鳴をあげてましたが、腰も悲鳴をあげました。私の泣き所は左足だけでなく、登りスキルもですね。とにかくこれが苦手。登りが多いレースほど順位が下がります。(笑)特に階段が多いところはもっと苦手で、忍野のミドルがまさにそれ。階段があると、どうしても歩幅と登り幅に無理が出てくるし…まぁ、もっと練習をしろってことですが。(笑)
何度となく『此処が最後の登りだよ』と言われて、何度となく降りを滑走して、そして登り階段に悩まされるということを繰り返した結果、両脚とも乳酸がたまってしまい、「本当」の最後の下り、林道部分では跳ばせず。(笑)まぁ、こうなったら仕方無いと決めて溜めてしまった貯金(乳酸)を少しずつ消費しながら下りました。で、やっとフラットな歩道に出たところで右脚内側が攣るという奇跡。(笑)ハイドレで水分補給しつつ、歩きと走りを織り交ぜながら回復して最後の長い川沿いのストレッチをゴールに向かいました。此処が暑くて長かった。 でも、去年みたいに右ひざの故障がないこともあって、本当に楽しく走れました。 で、ゴール直前の正門前にTR部の皆さんが出迎えに来てくれてたので、思わずシャッターを押してしまいました。いつも、応援ありがとうございます!!それにしても、ちょっとおなかが気になる写真だ。(笑)
タイムは、どういう風に評価すべきかわからない2時間42分45秒。総合順位も649人中272位。年代別部門では90位だけど、30代男子がどれだけミドルに参加してたか分からないから。(笑) それはさておき、今回の大会、アラジントレラン部の底力を見せつけられました。 Oさんが女子総合優勝、コミさんを筆頭に年代別部門入賞も数名、惜しくも入賞されなかった方1名。それでなくても、総合順位二桁はざらで、もちろん一桁も。やっぱすごいな、アラジントレラン部!!
来年も、此処には戻ってきて、今年以上の成績を残したいと思う。そのためには、とにかく登りの特訓が必要だな。あと、贅肉を絞り落とさねば。
ロングの部第一ウェーブ
第2回富士忍野高原トレイルレース スタート』 これはロングの部第一ウェーブの様子です。これから皆さんはどMなトレイルコースを巡ります。私は…ミドルでおなかいっぱいです。でも、良いレースでしたよ。
大平山かな
最低3回この言葉を繰り返しました。最後と思ってかっ飛ばして降りてきたら、急傾斜の木の階段が永遠と… 此処が最後の登りだったと思う。で、富士山と山中湖が見渡せるところで写真を撮ったけど、あいにく空は霞んでいました。残念!
アラジンTR部応援団
林道から舗装路に降りた地点で足が攣ってしまって、歩きながら、給水しながら帰ってきたら、嬉しいことに…思わずこっちが写真撮ってしまいました。(ナミさん撮影) 将悟キャプテン、M夫妻、ナミさんが待っていてくれました。どのレースでも、TR部からは誰かが参加していて、そこでこういう風に応援してくれるんですよね。
トレラン部集合!
アラジンTR部は優秀な成績を修めました。Oさんが女子総合1位、コミさんを筆頭に部門入賞者、惜しくも部門入賞に至らなかった方、TR部の皆さん大活躍です。総合順位二桁はもちろん、一桁の人沢山居るんだもんなぁ。(Y夫妻提供)

0 件のコメント:

コメントを投稿