2010年9月27日月曜日

マウイ旅行記 其の三(9月18日)

さて、一日空きましたが、マウイ島旅行記3日目です。この日はなんと早朝3時半にコンドミニアムを出発、マウイ島のピークであるハレアカラ山(Haleakala)にご来光を拝みに行きました。山頂近くのビジターセンターの所まで車で行けちゃうんです。というより、車で行かないと危険です。(笑) いろんなツアー会社があるので、車が得意でない方は、ツアー参加をお勧めします。それに、たぶん装備を貸してもらえるでしょう。そう、防寒具です。よく考えてください、富士山に登るようなものなので、防寒具は必須なのですが、我々、今回ハレアカラ山は予定しておらず、また個人旅行のため、一切サポートなし。非常に寒い思いをしました。(笑) でもね、ここからのご来光は格別でした。あまりにも寒いので、風がしのげるビジターセンターの中でご来光を待ちます。係員のおばさん、この方も半袖でしたが、「今日の日の出は6時6分です、各自自分がその瞬間にいたい場所でスタンバイしてください」とのアナウンス。で、その時間が来ると水平線から赤い光を帯びて太陽が登場しました。その瞬間、先ほどのおばさんがチャントをし始めました。ん~、何とも貴重な体験です。寒かったけど。(笑) その後写真を何枚か撮っていただいたのですが、妻はあまりの寒さにたまりかね、車で待機。その間に私はハレアカラ山のピーク、プウウラウラ(Pu'u 'Ula'ula)までの数十メートルをランニングです。さすがに3,000mを超えていることもあり、結構息切れが。てっぺんにはUSGSの山頂のモニュメントが。ここから見えるのは海と雲と、ハワイ島(ビッグ・アイランド)のマウナケア山(Mauna Kea)とマウナロア山(Mauna Loa)のみ。空気も断然違います。キリッとしていて、内から研ぎ澄まされていく感覚がありました。
At the peak
朝3時半に出発し、マウイ島の一番てっぺん、ハレアカラ山(Haleakala)に向かいます。なんと頂上まで車で行けるのです!かなり道のりは困難ですし、自信がない人はレンタカーはやめましょう。 この日の日の出時間は6時6分。無事にハレアカラ山からのご来光が拝めました。雲海に顔を出すのは南島にあるハワイ島のマウナケア山(Mauna Kea)とマウナロア山(Mauna Loa)のみ。
Mercury and I
ハレアカラ山のピークであるプウウラウラ(Pu'u 'Ula'ula)には、USGSの「一等三角点」ならぬモニュメントが。標高3,055mだそうです。 ここまでMercury Milanが連れてきてくれました。こんな格好してますが、外気温は一桁、さらに強風の洗礼も受けました。(笑)

んでもっって、この日はレースの前日で、大会エントリーの日なので、ハレアカラ山を車で下ってからカフルイのノミの市(Swap Meet)を軽く散策し、その後カアナパリのウェスティン・マウイ(Westin Maui)に向かいました。我々が着いたのは昼くらいかな?そのときにはすでに多くの方がエントリーを済ませていたらしく、寄せ書きボードはめいいっぱい埋め尽くされていました。その隙間を見つけて、私もコメントアップ。「初フルマラソン&初マウイ 目指せサブ4!」なんとも大胆な発言です。さてこれが有言実行となったかは、明日のアップまでお楽しみと言うことで。 それにしてもです、日本人のコメントが非常に多い。エキスポにもHISとシャイニングツアーの特設ブースあったし。とにかく、無事に完走できて、風景も満喫して、そしてサブ4を狙いたいところです。注文が多いかな?(笑)
サブ4への野望
で、カアナパリのウェスティン・マウイでマラソンのエキスポが開催していましたので、エントリーをすませ、寄せ書きをしました。 初マラソンというのに、なんて言う大胆なコメント。この結果どうなったかは、明日のブログのお楽しみと言うことで。

で、翌日は朝がまた早いので、早めに食事をとることにしました。泊まっているラハイナ地区の海岸沿いにある『ブッバ・ガンプ(Bubba Gump)』で、マヒマヒのグリルと、ケイジャン・シュリンプをいただくことに。で、この時間帯、ちょうど日没の良いタイミングで、夕日が徐々にラナイ島の向こう側に沈んでいるところ。せっかくなのでその景色を眺めようとブラインドを上げたら、気むずかしそうなオッチャンが「悪いがブラインドは下げておいてくれ」って。え?!夕日を見ながら食事をしに来たんじゃないの?行き交うお客さんも店員さんも「ブラインド上げたらどうですか?」って聞くので、「いや、あそこのお客さんが・・・」っていちいち説明しなければならず。でもある程度沈んだら店員さんが気にしないでとばかりに上げてくれました。そしたらさっきのオッチャン、写真撮りに来た。なんじゃ~!?(笑) まぁ、そんなこんなですが、日が沈んだ頃には一番星がラナイ島の上に来ているのが見えて、海に浮かぶヨットとレストランのトーチが良い雰囲気に。何ともロマンチックな夕食でした。担当のウェイトレスのアニーンさんがまたいい人だった。でも、食事はやっぱりチェーン店ってこともあり、本土よりかな?おいしかったけど。 おなかが十分満たされたので、早めに就寝です。明日はついにマウイマラソン、初のフルマラソンです。続きは、また明日。
Torch and Venus
エントリーをすませたので、腹ごしらえにラハイナの海沿いのレストラン『ブッバ・ガンプ(Bubba Gump)』でシーフード三昧。外を見ればこんな夕焼けが。 程なくラナイ島の向こうに太陽が沈みましたが、その後には一番星が綺麗に島の上に登場です。なんともロマンチックな夕時です。

0 件のコメント:

コメントを投稿