2011年3月30日水曜日

首都機能を関西に持ってったらどうか

Twitterで女優の松田美由紀さん(優作さんの奥さんね)をフォローしてるんですが、彼女のリツイートした内容に、下のような動画を見つけました。
うすうす気づいていたし、ネットを巡って収集した情報、それから身近に政治家がいることで身につけた「感」で今回のことは隠蔽だらけであることは理解してましたが、やっぱりね。 主要マスコミは、NHKも含め、役員人事に電力会社が深く食い込んでいて情報が意図的に流されていませんが、関西の電力会社の影響が及ばないところでは、こういう番組があるんですね。(現在は、読売テレキャスティングからの著作権侵害の申し出に基づき、動画は削除されています。)
いしだ壱成くんがブログにアップしている内容も(「今だからみんなで考えたいこと」)、本当に日本らしいと思います。 さすが、敵も然る者、情報を見事に押さえていますね。
ハッキリ言って、日本人は「見ざる、聞かざる、言わざる」を徹底しすぎ。それは戦後もそうだった。そうやって自分たちを苦しめる。見ずに、聞かずに、言わずにいれば、他人との衝突はないかもしれないけれど、それは自分を殺すことになるし、自分のためにならない。 見たくないモノも、聞きたくないモノも、その目で見て、その耳で聞かなければいけないと思う。特に今のこの時代なのから。そして、自ら考えて、行動し、発言する必要がある。
カナダ、イギリスで学生として過ごしてきたから、本当にそう思う。
そこで私からの提案。 今の首都圏では政治も経済も全うに機能しないから、いっそのこと関西圏に遷都してみたらどうだろうか?関西人のプラグマティック(実利的)な考え方の方が、日本の色々な課題が解決できそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿