2009年11月24日火曜日

スロットルバルブ洗浄

今日は昨日発覚したスロットルの動作不良を直すため、スロットル洗浄に取りかかることにしました。購入したのはCREのエンジンコンディショナー。他のページではNUTECのNC-120が良いとのことでしたが、近くのスーパーオートバックスには無かったので、とりあえずこれで。 普段メンテでエアクリボックスを開けることは慣れてるので、早速ばかでかい弁当箱をMarcellaから取り外します。7番の番号が打ってあるボルトを10番で、2カ所を+ドライバで取り外します。 で、問題なのは、ボックスの解体。手前の3カ所が+ネジで留められて居るんですが、ここの部分は結構割れやすいとのことだったので、ルーブをさして、気をつけながら回していきます。左2本は問題なく外せたんですが、一番右の角ナットが回り始めて、バキッって音がっ!!見事に破壊です。まぁ、いいか? で中を開けてみるとスロットルが鎮座してました。ここは意外と汚れが少ないかなとか思いつつ、5番の六角レンチで取り外してみると、エンジン側のバルブが真っ黒。スラッジが完全にバルブを覆っていて、これじゃぁ吸気がし辛くなるわけだぁ。 実際にエアクリのエンジン側チェンバーはスラッジがまんべんなく膜を作っていたので、さっきのコンディショナーで全てを拭き取ります。拭き取りだけで30分ほどかかりました。結果、バルブの本来の輝きが取り戻せました。
全てをくみ上げて、エンジンにマウントして終了。ここで全閉学習と急速TAS学習を実施。ん?でもTASがうまくいかない?ATだからかな?ん~?今度ディーラーのI氏に相談してみることとします。でエンジンは、元の軽快さを取り戻しました。心地よい振動と排気音にうっとり。やっぱり愛情たっぷりのメンテナンスは、大切ですね~。
エアクリボックス取り外し スロットルの収まり
エアクリーナーボックスを10番で取り外し。スロットルは5番の六角レンチで取り外し。
スロットル弁エアクリ側 スロットル弁エンジン側
スロットルバルブのエアクリ側はそこそこの汚れ。エンジン側は、真っ黒!!元の色が分かりません!!
洗浄後エアクリ側 洗浄後エンジン側
エンジンクリーナーでこびりついたスラッジを撃退。 エンジン側も見事にバルブに輝きが戻りました!!
破壊行為 作業終了
壊れやすいとは聞きましたが見事に破壊!!無事にエアクリボックスに全ての接続を終えました。

0 件のコメント:

コメントを投稿