2011年3月6日日曜日

初めてのDNF

今日は待ちに待った駿府マラソン、気合いだけは十分、練習はどう考えても不十分。野口みずきさんの「走った距離は裏切らない」って名言があるけど、ここ数ヶ月走ってこなかった自分はやっぱりその通りの結果になりました。 初めて味わった屈辱のDNF(Did not Finish)・・・。
色々と振り返れば原因はあります。 まずは、レースの状況から察すると、ハムストを意識してフォームを保ちながら前半10km走ってきたけど、折り返し地点から急に乱れて、全身に力が入らなかったことから、ペースマネジメントに問題があった。 記憶が確かなら、7.5km地点ぐらいでトップ選手とすれ違って、タイムが37'36"とかだったので、そのときのペースは5'8"/kmくらい。明らかに、当初予定していたペースを上回っていた。 もう一つ問題が、それは給水。水分補給が十分出来ていなかったこと。そもそも自宅を出てアップを兼ねて走るつもりではあったけど、若干出るのが遅くなったりとか、受付表を忘れたりのとらブルが発生したため、開場までの2.6km程を15'位で走ってしまう羽目に。この辞典で結構本気の走り。この際に途中でドリンクを買うと言うことを怠り、スタート地点でもうカラカラ。第1給水地点ではアクエリアスが無く、水を飲んだけどむせてはき出してしまったので、給水できず。レース中常に水分不足。 こうなるとね、フォームが崩れるんですよ。11km地点でダウン。その後も立ち止まりながら走り続けますが、腰が落ちて腿上げが始まります。12km地点で妻にDNFになることを伝えましたが、それでも意地で安倍川大橋を越えると、妻とジョンさんが居てくれました。その先の弥勒の公算点にはマッコさん達が。 この時点で、時間は11時42分。スタートから1h37'。残り3km位だけど、崩れたフォームで走り続けました。 その傍らには自転車の妻と、トレラン姿のジョンさん。 ジョンさん、アラジン・トレラン部の皆さんの応援に駆けつけてくれたんです。 ありがとうよ。
が、無情にも呉服町の交差点でコースアウトしろとのお達しが。DNFです。
やっぱりね、しっかりマネジメントしないとこうなるんですね。マラソンするには、食事、練習、体調、ペースのマネジメントは絶対不可欠。 今回は、練習、体調、ペースが管理できてなかったから、それはDNFになるわけで。
良い教訓になりましたよ、悔しいけど。 でもいつまでも悄げてるわけにはいきません、4月の3日は日本平マラソン。個々でしっかり汚名返上して、DNFどころか、前回参加時のあの醜態を忘れさせるようなパフォーマンスをするためにも、1ヶ月弱、しっかりマネジメントしますよ。
まぁ、その前にしっかり転職先を決めるという課題もありますが。
嗚呼、悔しかった!!

0 件のコメント:

コメントを投稿