2011年3月15日火曜日

Comic Relief~笑顔を届けたい~

東北大震災、本当に凄い展開になっています。 福島第一原発の1号炉、3号炉、2号炉、4号炉と次々に爆発、炎上をして・・・BBCでも連日このことを取り上げています、先日まではリビア内紛のことが取り上げられていたのですが・・・。 でもこんな状況下でも、希望の光はあります。 南三陸町では1万人が安否不明となっていましたが、15日には2,040人が既に避難していたとのこと。絶望かと思われたあの映像・・・。大槌町では津波で流された女性が92時間ぶりに救出されたり。
辛いこともたくさんありますが、決して希望を捨てなければ生きていける。
こうしてこのブログを書いているあいだにも、静岡で震度4,富士宮市で震度6強の地震が起きました。 11日の巨大地震以来、テレビでは未だに震災の映像ばかり、不安が掻き立てられて、ますます暗くなってしまいます。不安が不安を呼ぶんです。 人間、張り詰めた神経はいつまでも張り詰めたままではいられません。
シェークスピアの劇などでは、特に悲劇や歴史劇は必ず"comic relief(コミックリリーフ)"という和むワンシーンがあります。・・・ものによっては、ブラックジョーク過ぎますが(笑) 人間、どこかでガス抜きをしなければいけないんです。いつまでも真剣に、自粛モードは続けていられないんです。やっとテレビも通常放送をしてくれるようになりました。 本当にこれって大事。
少しでも今のつらさを忘れる瞬間って必要だと思います。 今日からは私も、ツイッターは明るい話題を取り上げたいと思います。 そう決定しました。(笑)
笑顔が思い出せないときは、口角をあげる練習をしてみよう。最初はうまくできなくても、きっと自然な笑顔が出来る日が来る。

0 件のコメント:

コメントを投稿