2010年12月26日日曜日

MR760Rレポ No.1

さて、今日は朝からビルドアップ走、10kmランをやってみました。この所、忘年会とか天候不順とかで(あまりにも夜が寒すぎたりしたので)、全く走れませんでしたが、今日はMR760Rのレポも兼ねて、短距離でどういうパフォーマンスなのかを見てみました。
まずは、スペック的なことから、重さですが、
メーカーシューズ名重さ(右)重さ(左)サイズ
ニューバランスMR760R302g300g25.5cm
アシックスGEL-1140287g294g25.0cm
これだけを見ると、重さ的には変わらないと思いますが、GEL-1140の実測は1年の使用後だし、サイズも0.5cm小さいので、そういう風に考えると、MR760Rの重量は軽いのか。
で、実際に履いてみると、フィット感とホールド感はMR760Rが断然良い。これは「ロックダウンライナー」の機能かな。GEL-1140はどちらかというとエントリランナーモデルだったので、全体的に柔らかい感じ。
それから、GEL-1140でこの所感じていた着地のインパクトは、MR760Rを履くことのよりかなり軽減される。 で、nbの「スタビリティウェブ」は、GEL-1140にはない機能だから慣れは必要だけど、前に進む力に変換していることは感じられるかな。ロードからのインパクトを軽減しつつ、この力を前に進む力に変換するのを助けてくれるんだと思う。 と言っても、シューズを替えた違和感はまだあるから、これからこのシューズに最適な走り方を模索していく必要があるなぁ。
でも一つ思うところは、このシューズは中・長距離を走ってこそ、本領発揮をするんではないかと言うこと。 そもそもスピードレースの時には、軽量型の方が良いから、MR760Rは向いてない感じがする。だから、10km以下のイベントの時は、これは使わないかもな。でも、そもそもそんなレースに出ないか、トレラン以外。(笑)
とりあえず、新年早々日本平周回ランをまたやるので、このときに中距離での実力を見たいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿