2011年7月9日土曜日

Sloganにて

先週金曜日、久しぶりに東京出張しました。久しぶりの東京、本当に暑かったですね。この日はご挨拶ということもあり、長袖Yシャツにジャケットを仕方なく着込んで行きましたが、着るもんじゃないですね、真夏にスーツ。次からは半袖ノーネクタイでいいとのことですので、一安心。
で、出張のおまけというか、今回は以前東京時代にお世話になっていた方々のもとにご挨拶に行ってきました。Sloganという、音楽関係の出版、プロデュースをされている会社の社長さんと課長さん(昔は部長と呼んでたんですが)にお会いしてきました。とこう言うと簡単に聞こえますが、このオフィスに辿り着くのに…迷ってしまいました。赤坂といえば、昔はよく徘徊してたところなのに、住まなくなるとめっきり分からなくなりますね。溜池山王の駅出てすぐにLOSTしてしまいました。 さて、20分ほど迷った後、5年ぶりにSloganの門を叩くことができました。5年前に来た時は、Sloganがこのオフィスに引っ越した時で、私もその引越しをお手伝いしました。いやぁ、懐かしい。
ここの社長は、東京の極貧時代に色々と助けていただいたありがたい方でもあり、またアーティストのインタビューに通訳として参加させて頂いたりと、貴重な経験をさせていただいた本当にありがたい方です。今考えると、すごい貴重な経験させていただいてました。 5年のブランクにもかかわらず、社長、課長共にお元気そうで、安心しました。と言うのも、お二人のご実家は福島なので、ご家族はどうだったかも直接聞きたかったのですが…とりあえずご無事だと云うことで一安心。とは言え、放射能汚染があり、決して楽観視できない状況のようです。 その後いろいろな話をしました。 つい最近Sloganで出版した写真集『TOKYO FM BOOKS YELLOW MAGIC ORCHESTRA × SUKITA』とか、今後入っているプロジェクトとか、お二人のプライベートライフとか(笑)。それから、今の日本のコンテンツビジネスの現状とか。
自分自身のスケジュールの関係から、1時間ほどしかお邪魔できませんでしたが、本当に楽しかった。もっともっと色々とお話ししたかった。本当に、社長には色々なインスピレーションを頂ける。自分がこのところ縁遠くなってしまっていた、コアなアートの世界と繋がることができる、数少ないチャンネルだと思います。 どうしても日本は、政治もアートも中央に集約されてしまっていて、地方ではアクセスができないのが現実。特に静岡はアートが根付いているとは言い難い。静岡市立美術館ができて少しは改善されてきたとはいえ、まだまだ先は長い。触れる機会がなければ、ニーズも育たない。もともと、日本での芸術に関する教育は恵まれているとは言えないし、ね。
それが改善されるまでは、ちょこちょこ東京に足を運びたい。次に出張するときも、またお二人にお会いしたい。出来るなら、お酒を飲みながら、アートについて語りたい。そう思わせて頂いた、1時間でした。
 sloganにて
5年ぶりにSloganの門を叩きました。本当にご無沙汰していました。みなさんお変わりなく、お元気そうで良かった。

2 件のコメント:

  1. またいつでも遊びにいらしてください~

    返信削除
  2. はい、またお伺いしま~す。
    今度はもう少し時間取れればと。

    返信削除