2009年12月31日木曜日

Tochter aus Elysium

今日は大晦日、我が家は三が日の引きこもり生活用の食料調達と実家への訪問以外、特にイベントらしいイベントはせず2009年の年末を迎えました。が、今年が去年以前と違うのは、このご時世にもかかわらず、今までの中でもっとも充実した年を過ごさせていただいたと言う事実です。
今日は妻のおいしい年越しそばに舌鼓を打ち(妻のご実家からの贈り物です。お父さん、お母さんありがとうございます。)、食後はN響の第9を見て過ごしました。いつかはNHKホールにライブで見に行きたいと思いますが、今年は1週間遅れの録画で鑑賞。手にはお手製のホットワインとIKEA港北で買ってきたスウェーデンのチョコ“ダイム”。でもこれは去年では考えられない状況なのです。嗚呼、いかに去年以前は大変だったことか。
思えば今年一年は第9の
"Wem der große Wurf gelungen, Eines Freundes Freund zu sein,
(ひとりの友の友となるという大きな成功を勝ち取った者)
Wer ein holdes Weib errungen, Mische seinen Jubel ein!"
(心優しき妻を得た者は彼の歓声に声を合わせよ)
に象徴される年でした。
Y先生夫妻、S先生、静明日会の皆さんをはじめとする良き友に巡り会い、良い妻と共にいる言うことを再確認させていただいた一年でした。そして自分自身の成長も、マラソンを通じて感じさせていただいた一年でした。
色々な意味で厳しい寒さが続く時節であるとの事ですが、感謝を忘れず、謙虚に来年も歩んでいきたいと思います。ブログをごらん頂いてる皆さん、今年も大変お世話になりました。皆様も良い年をお迎えになれるよう願っております。ありがとうございます、そしてまた宜しくお願いいたします。
N響第9 ホットワイン
N響の第9を聴いて大晦日を越せるようになりました。ホットワインと“ダイム”で2009年に乾杯。

0 件のコメント:

コメントを投稿