2011年12月31日土曜日

年越し2011

皆さん、2011年の年越しはいかがお過ごしですか?
我が家は忙しいながらも穏やかに大晦日を過ごさせていただいています。
昨日30日には義理の妹が静岡に来て、私の実家へ。
小さいこたつに8人で入って賑やかに食事会。母の手作り餃子(餡を包むのに妻、義理の妹、妹が活躍)と湯豆腐、そしてデザートには『家田』のロールケーキ。実家にもう1人妹が出来たような雰囲気で、なんとも和やかでした。

そして翌日の今日、義妹の鶴の一声でカレーを食べに行きました。カレーは自宅で食べることが大半ですが、外で食べるのならと『タージ・マハル』さんに行ってきました。大晦日ということもあり、満席!我々はぎりぎりテーブルに座ることができました。
三人とも注文したのは「Aランチセット」。私は「ダール・マクニ(2辛)」とサフランライス、妻と妹はそれぞれ「サグ(ほうれん草)・マッシュルーム」と「サグ・チキン」にナン。
普通のカレーは1辛なので、辛さは程良いのですが、2辛は結構辛い。元・辛もの好きの私でも辛いと感じるほど。(4辛 "Super Hot"なんてあるんだよね…((´д`)) )
でもね、此処のカレーはほんとにおいしい。静岡でカレーを食べるなら、此処ですね。

その後は妹を駅に見送り、ウォーキング。
カレーで結構お腹いっぱいになっちゃったんですよ。ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
年越しそばを食べるのなら、しっかり消化しないとね。
1時間くらい歩いてやっと7割ほど。その後走り納めに11km弱をこなして、やっと9割消化。

それにしても、こんなふうに穏やかに過ぎていく大晦日は今までになかったんじゃないでしょうか?
今年も夫婦で頑張って此処までやってきました。もちろん皆さんの支えなくして辿り着けなかった大晦日。本当にありがとうございました。
来年も、今年以上に幸せな年にできるよう、頑張っていきたいと思います。
マサラチャイ
義理の妹のリクエストでカレーを食べに。わざわざカレーを外で食べるのならと、『タージ・マハル』さんにやってきました。写真は「Aランチセット」。 締めはランチの「マサラチャイ」。こうしてゆっくりと年越しを迎えることができることは、本当に幸せなことです。

2011年12月29日木曜日

高山市民の森へ〜トレイル走り納め2011〜

今日はトレラン部のジョンさん、影ちゃん(豊川からはるばるの参戦です)の3人で『高山市民の森』へトレイルランニングの走り納めをしてきました。『高山市民の森』へのアクセスは、水見色側か足久保側が定石ですが、もうひとつのルート、内牧ルートを今回は走ることにしました。
というのも、実家からのアクセスが楽だということもありますが、以前将悟さんから進められていたのです。(ただし、ルートは荒れているとのことでしたが…)

10時にスタートし、内牧側登山口を登ります。入り口付近は132mほど。ここから717mの高山(牛ヶ峰)まで登るのですが、コレが一苦労。たしかに将悟さんがコメントしていたとおり、登りの前半箇所はかなり荒れていて(人もあまり入っていないようで)、獣道に近い。またその獣道も滑りやすく、一部区間ではちと危険(特に下りでは)。それでも尾根に取り付けばあとは登り易い。とはいえ、上りが苦手のワタシには結構厳しかった。心拍数が一気に180bpmオーバーになり息ができなくなる&脚が回らなくなる。が、影ちゃんもジョンさんも登りは問題ないので、一気に引き離されます。特に影ちゃんに関しては、トレラン部の大石さんなみに淡々と登っていく。
高山まではひたすら登りで、一気に500m程の登り。玉川のトレイルと同じですね。というか、静岡のトレイルは往々にしてこういう所が多いようですね。だからこそ、トップ選手がこんなにも排出されているのかなと。

苦労した甲斐あって、高山に登ると素晴らしい景色が待ち受けてくれていました。
さて、此処で一旦休憩を取り、ひでたろうさんが以前ブログで紹介していた大山まで行ってみようとさらに先を進みます。『高山市民の森』学習展示施設「森の恵」を通り過ぎ、林道を下りていくのですが、ものすごい勢いで下り続けます。一同不安に感じ始め、また日陰が寒くなりすぎて諦めて元来た道を戻ることにしました。日向は温かいのですが、日陰がかなり寒い。標高700mでこのくらいなんですから、山伏は今ものすごい寒いんだろうなぁ。
ふと振り返ると、大山の巨大な鉄塔が目に入りましたが・・・どうやら林道を一頻り下りて、そこから尾根沿いに一気に駆け登る形になりそうで、諦めて良かった。(∀`*ゞ)

「森の恵」まで戻ってきて、ジョンさんからご馳走をして頂きました。
温かいコーヒーと、ブラックサンダー2個。
このためにわざわざ水1リットル程とジェットバーナーを持参してくれていて、ひだまりでインスタントコーヒーを頂きました。嗚呼、コレほどまでコーヒーがおいしいのは、やっぱり此処まで頑張ってきたからですよね。
そうそう、一緒に頂いたブラックサンダー、『チロルコーヒー味』と『キョロちゃんピーナッツ味』、トレランの給食には最適ですね。特に『チロルコーヒー味』は塩味が絶妙。これだけのサイズで100kcalを一気に取れるのはありがたい。
ジョンさんにとにかく感謝です。ありがとうッス!!(・∀・)

時間もいい感じなので、ここから一気に来た道を戻ることにしました(一部ルートはショートカット)。
やっぱり内牧ルートの序盤は下りはものすごい怖いや。
全行程は何kmかわからないものの、走行時間は3時間弱。距離的にはもう少し走れればよかったけども、このくらいでよかったかもね。
美肌湯で一汗流して、デニーズで遅い昼ごはん。
本当に楽しいトレイル走り納めでした。

二人とも、ありがとう&また来年も宜しく!
高山市民の森』展望台から静岡市を一望。残念ながら少し霞んでいますが、それでもこれだけのパノラマを一望できることに感謝。福眼、福眼。
左上:
今日のためにジェットバーナーと水1リットル程、インスタントコーヒーをジョンさんが用意してくれていました。ありがだいっっ!



左下:
ジョンさんからごちそうになったコーヒー、そしてブラックサンダー2種。一つはチロルチョコとのコラボ『ブラックサンダー・チロルコーヒー味』、もうひとつは森永とのコラボ『ブラックサンダー・キョロちゃんピーナッツ味



右下:
市民の森からの下りで影ちゃんとジョンさんを激写。この二人、下りの時だけ妙に道を譲り合ってて面白かった。( ゚∀゚)アハハ
影ちゃん&ジョンさん

2011年12月27日火曜日

Frohe Weinachten!!

今年のクリスマスは例年にない大寒波、みなさんクリスマスはいかがでしたか? 我が家は連日豪華な食事となりました。 はじめは、実家でのクリスマス“イヴ”ディナー。家族7人で富山のます寿しなどを囲んでの一風変わったご馳走で、その後にはパティシエである妹力作のショートケーキ。写真を見てもらうと分かるんですが、とてつもない量のいちごが乗った豪勢なもの。いちごも父の知り合いの方の大変美味しいいちごで、身はしっかりしつつも、甘み十分。クリームとのバランスは絶妙。お店で買ったら結構なお値段になりそう。 ブラックコーヒーを飲みつつ、美味しくいただきました。 そして翌日のクリスマスには恒例の家飯。今年はケーキも自作してみました。 こちらは妻の強い要望があり、チーズケーキ。レシピは先日『猫のしっぽカエルの手 京都 大原 ベニシアの手作り暮らし』で見たNYスタイルチーズケーキ。が、ちょっとアレンジをしてサワークリームを乳清を切ったヨーグルトに代用して見ました。(レモンバーベナは買うほどではないので、レシピから省いてみましたが)。 通常なら見た目はもう少し白くなるはずですが、我が家では上白糖=グラニュー糖は使わず、てんさい糖を使うため色が強くなったことが考えられます。まぁ、グラニュー糖で作ったほうが見栄え良く出来るんでしょうが、要は味なので。 でも一点だけ失敗が。あ、味は全く問題なく、妻も絶賛してくれたんですが、ヨーグルトの乳清が完全に切れてなかったため、水分量が多めになってしまい、ベークドなのに若干レアな食感になったこと。食感も問題ないんですが…70点位でしょうか?次回作るときには、きっちり乳清を切ってみようと思います。 そうそう、もちろん恒例のディナーも作りました。今年はシーフードラザニア(合作)を、ホタテの入ったトマトソースと、カニ身入りホワイトソースで作ってみました。こちらもいい出来でした。あとは妻特製の野菜スープ、卵入りサラダと自家製パン。テーブルにはメロン果汁入りソーダとノンアルコールカクテル。大変美味しいディナーでした。 外で食べるクリスマスディナーも良いけど、自宅でわいわい共同作業してできた料理は、染み渡ります。 そして翌日のボクシングデイ(「クリスマスプレゼントの箱を開ける日」、でも、一般的には「お古を箱にしまう日」とかも言われてますが。)には、再び実家でおでんディナー。その締めは妹が作ったミルクレープ(こちらは写真なしです)。どうやら妹は15枚もクレープ生地を焼いたようで、その手間がかかった分美味しかった。 この3日間、結構な量のご馳走をいただきました。 24日、26日とあわせてフルマラソンの距離を走っといて正解だった。(´∀`*)

左上:クリスマスイヴには実家でディナー。その時にパティシエの妹がクリスマス“イヴ”ケーキを作ってくれました。実はクリスマスとボクシングデイにもケーキが出たそうです。
左下:今年もクリスマスディナーを二人で作りました。シーフードラザニア、野菜のスープ、卵入りサラダ、そして自家製パン。
右下:私が自作したNYスタイルチーズケーキ。『猫のしっぽカエルの手 京都 大原 ベニシアの手作り暮らし』で紹介されていたレシピです。
クリスマスケーキ

2011年12月20日火曜日

世界観

このところテレビがつまらん。
まぁ、もともと日本のドラマは見ないから、それは対象外として、見ていて楽しい番組、為になる番組が少なく感じる。TBSでやっていた『飛び出せ!科学くん』は教養(科学)バラエティとしてはまれに見る秀作だと思っていたんだけど、これも打ち切りになってしまったからね。
今見ているものをザッと挙げると
モヤモヤさまぁーず2』(静岡だと半年の時差、テレ東系がないから…)
さまぁ~ず×さまぁ~ず
猫のしっぽカエルの手』(トスカーナ京都大原
ブラタモリ
TopGear』(本家本元をリアルタイムに見たいけど、仕方ない)

そして『世界のみんなに聞いてみた』。
この番組が面白いのは、これまでにちょっと日本ではなかった趣旨の番組だから。
日本人って、一様にして「海外が良い」というイメージを持つ傾向があるんだけど、それはあくまでもガイドブックのレベルで、文化的なところの理解はしていないし、興味をもつほどじゃない。それは良い悪いということではなくて、島国だからこそっていう所がある。「未知への憧れ」と表現すればいいと思う。あくまでも「憧れ」と言う所がポイント。「隣の芝生は青い」訳で。
でもこういうスタンスなのは、日本人が単に素直だからといえる。あらゆるメディアから押し付けられてきた諸外国のイメージを単に受け止め続けていたからなんであって、それは国民性といえるかも。「いうことを聞くことがいい子の条件」だから、日本では。
で、実際に海外で住んでみると、まぁこのイメージとのギャップに苦しむことが多々ある。ひっくり返されることも度々。では「カルチャー・ショックは誰のせい?」と言ったら、それは勉強不足と言わざるを得ない。でも、自分が21年前に単身留学したときは、そんな事言われてもなかなか難しかった。そもそも外国の文化に触れる機会もなければ、知り合いの外国人もいない。(英語を教えてくれた方はいるけれど、知り合いとまでは言えない関係だったし)テレビでも、「素晴らしい」、「憧れの」、そんなイメージの押し売りしかしてなかったら、ね。

でも、この番組を見ると、それぞれの国の人達の物の考え方、食文化の違い、生活習慣の違い等々、以外にも垣間見ることができる。もう一つ面白いことは、それぞれの国同士の対立もチラリと見えることがあること。これから海外へ、という人にはちょっとした予習になるかも。ま、尤も、現地に一人で生活してみないと、わからないことも多いけど。
ちなみにちょっと調べたら、出演者外国人もツイとかしてるんだ。
(それにしても、韓国代表のカンさんとアメリカ代表のジャスティンさん、ヒール役安定してるなぁ。)

ベリッシモ・フランチェスコ(イタリア代表)「Francesco Bellissimo sito ufficiale
(ベリッシモ、安定したItalian Stallion。フォローしているの日本人モデルとか多いわ(*^_^*))
オジエル・ノザキ(ブラジル代表)「Ozi blog
アベディン(バングラデシュ代表)
ブンシリ(タイ代表)「ブンちゃん日記
ジャスティン・パターソン(アメリカ代表)「ジャステイン パターソンのブログ
シャフノーザ(アノーラ)(ウズベキスタン代表)(歌手活動してるみたいですね)
エリザベス(ウクライナ代表)「セレブモデル、ミス・Elizabeth in japan
ヨフィ(インドネシア代表)

2011年12月16日金曜日

Burlesque!

久しぶりに映画を観ました。とはいえ、ツタヤで借りてきたDVD。
前から興味のあった『Burlesque(バーレスク)』、その理由は自分の好きな歌手クリスティーナ・アギレラが主演の映画だからなんですが、全体的な評価が高かったこともあり(日本ではですが)、観てみたいなと思っていたのでした。
この手の映画は、他には『Chicago(シカゴ)』もありますが、これは全く興味なし。ブロードウェイ作品ではありますし、ロングランのミュージカルですが、何故か琴線に触れず。
実際に観てみてその理由がわかりました。

もともとクリスティーナ(アリー)の歌唱力は軍を抜いているんですが、サポートのシェール(Cher)(バーレスクのオーナー・テス役)だって一流の歌手。(この映画の冒頭、ダンサー達は口パクでショーをしてたので、実質この2人しか歌わないんですが。)
また、キャストも渋い。テスのメンター・ショーン役をスタンリー・トゥッチ(『The Devil Wares Prada』のナイジェル)、デベロッパーのマーカス役はグレイズ・アナトミーでマーク・スローンを演じたエリック・デーン、バーテンダー兼ピアニストのジャックはThe O.C.でケヴィン役を演じたキャム・ギガンデット。あくまでも、主役二人の魅力を最大限にするキャスティング。

そしてなにより、この映画、見終わるとなんだか幸せな気持ちになるんです。
ミュージカル映画なので、複雑なストーリーラインがあるわけでなく、純粋なエンターテインメントなんです。アメリカンドリーム的な部分もありますし、ハッピーエンドですからね。
でも、そういう映画があってもいいと思う。

なんか気分が落ちてる時に、観るといい映画。フィクションとはいえ、「何とかなるか?」と思わせてくれるから。
映画『Burlesque(バーレスク)』のクライマックス。
クリスティーナ・アギレラが演技?と最初は思ったんですが、よく考えればアメリカの『Mickey Mouse Club』に出てたんですもんね。(同じ番組からブリットニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイクも出てきたんですよね。)

2011年12月14日水曜日

Regarder et écouter "ZAZ" en direct!

さて、久しぶりのブログアップな訳ですが、このところ色々と慌ただしいんですね。師走だからなのか、他の物に心を奪われる(忙しい)状況で、FacebookにもTwitterにもまともに投下してないというか。まぁ、公私ともに色々と目を向けなければならない事があるということは、それはありがたいことですね。
走る事もなかなか時間を取れずにいましたが、昨日やっとナイトランを久しぶりに敢行。まぁ、水泳場のトレーニングルームでトレッドミルとかはやってましたけど、10k超を走るのは久しぶりな訳で。やっぱり走ることは色々なりセットになるからいいですね。30も半ばを過ぎれば体調やお肌や色々第一コーナー過ぎてるわけで、走って不純物を取り除くと良いリセットになる。走ることがリラックスに繋がるなんて、数年前には考えられなかったことで。

まぁ、それはさておき。
忙しいながらも、年末・正月はどうする、年明けてどうすると色々夫婦で相談しているわけですよ。
走る事に関してなら、有度山トレイルランミニレース(1月28日、静岡市)、駿府マラソン(3月4日、静岡市)、OSJ新城トレイル11K(3月17日、新城市)、日本平桜マラソン(4月1日、静岡市)と押さえてあって、来年のフルマラソンは掛川新茶マラソンに参加のつもり、と、思ったら、アロマの定例会の日だった…。となると、フルマラソンはどこにしようか…課題だな。
でも、走るのは自分だけなので、それでは宜しくない。
夫婦で一緒に愉しめることはないかと思うわけですよ。もちろん各種イベントは当たり前。クリスマスも私がディナーを用意し、ケーキも焼くつもりです。が、それとは別に、ちょっと足を延ばしてどこかへ行ってみたいのです。(本当だったら京都マラソンに当選して、フルマラソンと京都観光の一石二鳥を狙ってたんですがね。)
特に去年はマウイにも行ったので。

では今年はどうするかと言うと、東京へコンサートに行こうということに。
そう、タイトルにも書いてありますが、ZAZのコンサートです。
知らない人も多いかもしれませんが、フランス人歌手で、去年位から俄然注目を集めている女性なのです。(詳しくはこちらのページ(HIP特設サイト)を見て下さいね。)
私は5月19日の『Amazing Voice』で「フランス・パリ18区」特集をやったときに初めて目にし、耳にしたんですが、別次元。よく「エディット・ピアフの再来」なんて言われていますが、そう言われるのも納得の歌唱力。まぁ、当の本人は「比べられても…」的なコメントをしていますが。(ピアフの辿ってきた人生とその歌は色々な意味で重いので、比べられても困ると思うけど。)
何よりも歌うことを楽しんでいるZAZの姿に本当に魅了されるのです。
で、今回彼女が来日するという事を知ったのです、ネットで。2月23日、24日に「赤坂BLITZ」、25日には「なんばHatch」でライブと言う事なので、我々は24日の立見チケットをゲット(その方が近くで聴けるからね)。今から楽しみでなりません。
彼女のCDは「行儀よく」歌っているので、本来の彼女の歌とはまた違うもの。ライブ、それが彼女の真骨頂。嗚呼、早く生で聴きたいものです。
Zaz live at Eurosonic 2011
Photo by Joost Nuijten | joost (at) innuendo.nl | www.innuendo.nl

もちろん、久しぶりに東京に行くので、色々と探索もしてきますよ。
遊びで行くの、いつ振りだろう?ヽ(*´∀`)ノ 

2011年12月5日月曜日

恩師とFacebook

Facebook、もともと海外で知り合いになった日本人友人達とのコンタクトのために始めたのがきっかけ。イギリスで同じ寮に住んでいた人たちも、卒業&帰国をすると物理的に遠くなってしまう。それぞれ家庭を持ち始めれば、なおのこと。
そうしているうちに、カナダの大学時代で知り合った現地の友人たち、イギリス大学時代の同窓生、地元のトレラン仲間達との交流もFacebookでもするようになり。

もともと筆まめでない自分にとって、TwitterFacebookは本当に最適なツール。遠く離れてはいても、お互いの様子を窺い知ることはできる。先日も、友人がいつの間にやら結婚していた事も知り、ちょっとした喜びも。

で、昨日はイギリス・リーズの芸大時代の恩師から友達申請が!!
インテリアデザイン科の講師兼科長で、昨年いっぱいで定年したということ。それでもGIDE-Group for International Design Educationという取り組みには参加している様子。昔はちょっと苦手だったんだけど、思い返してみれば多くの事をこの恩師からは学ばせて頂いた。
それこそ今はデザインのお仕事はしていないが、インテリアデザイン科では考える力、マネジメント力、努力、プロフェッショナリズム、色々学ばせて頂いた。その内どれほどが自分のものにできているかというと、まぁ、まだまだだけど。

久しぶりに、リーズの母校Leeds College of Artにも行ってみたいなぁ

Leeds College of Art, photography by Betty Longbottom, 2009