2012年12月20日木曜日

プラスチック協奏曲

妻の妊娠を機に、趣味の一つのプラモデル作りは自粛していました。
何せ接着剤やシンナーなどの匂いが強烈ですし、リューターなんかを利用すればプラスチックのクズがあたりに飛び散りますので(もちろん綺麗好きの私は、最大限の配慮と対策は講じますが・・・)、決して妊婦さんには優しくななぁと。
でも、そもそも工作好きの自分には、何かの作業に没頭する時間って結構大事。
今後子育てが忙しくなるので、触っている暇はますますなくなるのは必至ですが、でもやっぱりプラモデルを作りたい。

RGザクの「グフカス化」は、完全に止まってますし、再開するのはいつになるのかははっきり言ってわかりません。が、そんな状況とは別に、欲しいキットは日々増えます。
今欲しい物はいくつかあるのですが、これまでガンプラ一辺倒だった私も、いろんなジャンルのものを作ってみたいという欲望が出てきました。

そしてつい最近、あるプラモデルを30年越しに入手しました。
『Dr.スランプアラレちゃん』の作中に出てきていた『んちゃバン』です。
当時自分は小学校低学年で、地元・静岡の「新静岡センター」に入っていたおもちゃ屋さんで見かけたキットなのですが、小学校低学年だった私に、当時700円した物は手が届くわけもなく・・・。
その後20年以上して、いろいろなお店を探したりしたんですが、やっぱり店頭にはないし、オンラインで中古キットを取り扱っているお店でもなかなか見かけなかったのです。
が、ヤフオクで見つけて、落札させていただきました。
届いた時の喜びって、半端無かったです。

で、この『んちゃバン』、シトロエンの『H(アッシュ)バン』がベースになっていて、車長を半分位ぶった切って、スライドで中が見れるようにしたキット。作りは・・・もちろん荒いです。ァ'`,、('∀`) そりゃそうですよね、30年以上前のキットですから。
キャラクターの造形も、結構クォリティが・・・(;´∀`)
でも、このキットのユニークな店は、『Hバン』が唯一(ディフォルメ&改変されてますが)キット化されているという点。ないんですよね、こういう車のプラモデル。それだけでも、価値があると思っています。(軍用車両、民生用スポーツカーはタミヤさんとかアオシマさんがリリースしてますけど、民生の業務用車両は日の目を見ないので・・・)
作るとするなら、スライド伸縮機能を排除して、中身も他のキットを利用し、作りこんで、キャラクターももう少し何とかしたい、とそんなことを構想中。
気長に資料収集、設計していきたいと思います。
んちゃバン中身
自分が小学校低学年の時、喉から手が出るほど欲しかったなつかしプラモデル『んちゃバン』。ヤフオクで入手できる日が来るとは…。 中身は…それはそうですよね、1981年の頃のキットなので、作りは荒い。ある意味で、この頃がプラモ黎明期言うべき時代。

それと、もう一つ買ってしまったのは、やはりガンプラ。MG『武者ガンダムMk-II 徳川家康Ver.』です。ガンプラとしては、今まで手を染めて来なかったジャンルですねぇ。
自分が正統派ガンダムと認めているのが、『ファースト』、『Z』、『0083』、『08小隊』、『CCA』、『UC』で、それ以外は映像はもちろん、プラモデルに触れることはありませんでした。
自分的には、『ZZ』はメインのMSデザインがゴツすぎる&子供向け&主人公が嫌だし、『SEED』2部作は『ファースト』と『Z』の作り直しにしか見えないし、『W』は女子向けすぎるし、『G』は格闘技すぎるし、『∀』はシド・ミードすぎるし。(;´∀`)
(もひとつ意見を言うと、そろそろガンダム卒業して、富野御大がご存命中に、新たなシリーズ始めればいいじゃんと思います。「スタートレックシリーズ」みたいな展開ができないんだったら。本人も、「ガンダム」から気持ちは卒業されているようですし・・・)

そんな感じなので『武者頑駄無』は、『パーフェクトガンダム』くらい「ありえん!」ていう持論でした。ですが、郷土愛でしょうかねぇ、『久能山東照宮』に奉納されている『徳川家康Ver.』は欲しいと。ァ'`,、('∀`) 
もともとガンダムのデザイン自体が日本甲冑から来るわけで、このキットはそれがよく分かる。ある意味、先祖帰りしているというか。
あ、背中のライフルはいらない気がするけど。ァ'`,、('∀`)

どちらも、作成はお預けで、数年箱積み状態になるかと思いますが、作ることを想像すると、わくわくしますね。多分、他にも増えると思います。欲しいキットは、まだまだあるので。(『1/35 FF-X7 コアファイター 』とか・・)実際、作ってないキット他にもありますしね。
お城も作りたいし、駿府城がキット化されればいいんだけどね、さすがに資料が一切残っていな天守閣だから、難しいかぁ。

Omega Seamaster De Ville

2月の妻の妊娠から始まり、12月には娘が生まれて、2012年は色々イベント盛りだくさんでした。そんな2012年も、気付けばあと2週間ほど。
時の経つのは早いものです。
時といえば、先月とあるお店との出会いがありました。
タイトルから勘の鋭い人は分かったかもしれませんが、そう、時計屋さんです。

まぁ、一般的には電池交換くらいしかお世話になることがないですし、かく言う私もそうでした。それも、妻の時計の電池交換。今回、ふらっと立ち寄ったのも、同じ理由でした。

その時計屋さん、駿河区馬渕にある『クボタめがね時計店』っていうレトロな感じのお店。(外観だけだと、街角でよく目にする古くからやっている時計屋さんですね…)店内に入ってみると、なんだか特設コーナーが出来ていて、『グランドセイコー』がずらり。(逆に、メガネがほとんど取り扱われていなかったというか…)
どうやらここの店主は「一級時計修理技能士」で、静岡では唯一とのこと。これらの『グランドセイコー』も、これまでコレクションした物をレストア、展示しているそうで…。(非売品という事なので、あしからず…)

そこで思い立ったのです、祖父から譲り受けたオメガの修理を。
実は、生前祖父が大事にしていた『オメガ・シーマスター・デ・ヴィル』を形見として頂いたのですが、1年ほど前にゼンマイが切れたらしく、巻いてもまいても巻き終わらない。本来巻き終わる位置で「スカっ」とゼンマイが空回りしてしまっていたので、先端の部分が切れてるんだろうなとは推測してましたのです。
なぜここまで放置していたかというと、修理してもらいたいと思う出会いがなかった事と、それからお金の問題ね。

実際にご主人に見て頂き、割れて傷だらけの風防とケース、切れたゼンマイ、それからレザーベルトを交換して頂くことになりました。(尾錠も後日交換することに。)
何せ、古い時計ですので、部品もレア、部品取り寄せと修理&調整に時間を要するということで、オメガは2週間ほど入院することになりました。

その時に分かったことですが、この『シーマスター・デ・ヴィル』、おそらく64年頃に購入されただろうという事、当時の大学初任給の4倍ほどの金額(?!)だっただろうこと、そして平成11年に一度オーバーホールを受けていた事でした。(母型の祖父は洒落者だったので、頷けます。)

で、この時計について何か分からないかとオメガのHPを調べていたら、たどり着いたのが、Cal. 610もしくは611の『1962年製シーマスター・デ・ヴィル インターナショナルコレクション』であろうという事でした。Cal.番号は実際に目視で確認していないので、定かではないですが、『シーマスター・デ・ヴィル』で手動巻き&デイト付のこのデザインは、これしかない模様です。ただ、このスペックによると、蓄光インデックスってことになってるんだよなぁ…
で、ご主人に丁寧に修理&調整して頂き、『シーマスター・デ・ヴィル』は12月開けて退院してきました。

割れと傷だらけだった風防もすっかりきれいになり、ゼンマイもしっかり巻ききれるように。(私の予感は当たっていたようで、先端の部分が5mmほどちょん切れていました。)本来はワニ革のストラップですが、ネイビー牛革のパターン押しのモノにしてもらいましたが、見違える美しさ。
機械式時計特有の時間の遅れも、全く気にならない範囲で調整してくださいました。(こだわりのご主人で、1日の遅れを15秒以内にできるまで調整してくださいました。)
やっぱり職人さんの腕はすごいなぁ。
交換した部品
今回ご縁があって修理の依頼をした「久保田めがね時計店」。腕の良い職人さんに修理して貰えて本当に良かった。 今回交換することになったパーツの一部。ゼンマイは、見事に切れちゃっていました。

この時計、長く大事にして、いつか娘の旦那さんにあげられればなぁ、と妄想しています。(それまで、パーツが残っていると良いのですが…)
resurrected
復活して帰ってきた『オメガ・シーマスター・デ・ヴィル』。祖父と40年近く共に歩んできた時計、これから先20年ほどしたら、婿さんの腕に巻かれてくれると良いなぁ。

2012年12月11日火曜日

Happy Birthday

いやぁ、また久しぶりにブログ更新に大穴開けてしまいましたが、それもそのはず、待望の第一子が我が家にやってきたのです。

結婚して5年、欲しい欲しいとは言っていたものの、なかなか子供を迎える準備が整っていませんでしたが、経済的にも精神的にもその準備が出来たところに、やってきてくれました。
出産予定日は11月23日でしたが、これはあくまで予定日。
実際の出産は12月2日となりました。

今回、地元助産院での出産となりましたが、ベテラン助産師さんも体験したことのない、異例尽くしの出産でした。

まず、陣痛が微弱で、陣痛促進剤投与が早い段階から必要となりました。
どうやらあーちゃんが、39週頃からお腹の中ですくすく育ち、大きくなっていた為、子宮筋が伸びすぎてしまい、陣痛の際の収縮が十分でなかったようです。(自宅では3分強の間隔で陣痛が来ていたのですが、助産院ではリラックスしたのか、その倍になっていた事も一因のようです。)
促進剤投与に躊躇していた時もありましたが、妻のケースでは正しい判断だったと思います。

それからもう一つ、あーちゃんの背が予想以上に高かったこと。
助産師さんが「こんなに長い(背の高い)子は見たことがない」と言われるほどで、確かに脚が長かったです。生まれた時点で53cm+、折り曲げたひざを伸ばしたらプラス3~4cmはありそうでした。(生後1週間で、すでに新生児用のコンビから足がにょっきり出ています。手は、出てないんですけどね。)

最後にもう一つ、それが胎盤でした。あーちゃんと妻をつないでくれていた胎盤が、あーちゃんが生まれても、なかなか出てきてくれませんでした。
胎盤は、通常、陣痛時の収縮で子宮壁とつながっている毛細血管が閉じて、自然に剥離、出てくるものだそうなのですが、これが一部剥がれずに子宮壁にくっつていました。助産師さんが追加で陣痛促進剤+生理食塩水(ビタミン剤入り)を投与しながら、胎盤が剥がれない場所をマッサージしてくれていたのですが、出産のときよりもよっぽど痛かったようで、悲痛な叫びを繰り返していました。結局、あーちゃんが生まれてちょうど2時間後、立派な胎盤がやっと出てきてくれました。

出産での妻の体力消耗&出血はけっこう激しく、結局十分な回復に至るまで4日ほどかかりました。それでも、歩くのはきつかったようですが…。1週間経って、肉体的な部分はほぼ回復しているようで、ほっと一安心です。
とは言え、産後の肥立ちが大切ですから、妻とあーちゃんは里帰り。ゆっくり体を癒してもらいたいと思います。

とにかく、無事生まれてきてくれたあーちゃんと、あーちゃんを生んでくれた妻に感謝です。
ほんとうにありがとう。
あーちゃん
私たち夫婦の間に生まれてきてくれました。おっぱいとミルクを飲んで、すくすく成長中です。若干顔が丸くなってきたようですが、私と同じ様に1ヶ月で体重が倍になると言うことだけは、避けてもらいたいなぁ。( ^ω^ ;)

それにしても、子供って癒されますね。疲れが吹っ飛ぶって、このことなんですね。(∀`*ゞ)テヘッ

2012年10月29日月曜日

5 ° Anniversario di Matrimonio

去る日曜日は我々夫婦の結婚式記念日、ちょうど5年前のこの日に式を挙げさせていただきました。台風一過のものすごく晴天の中、皆さんにお祝いいただいて早5年。
そして今年は出産の前祝いもかねて、いるのかな?北街道沿いの『オステリア・イル・カスターニョ』にランチに行ってきました。
何かと記念日で利用させていただいているこのお店、お店のスタッフ全員でイタリアに修行に行ったりする熱心さで、お料理の味はピカイチです。そうしたことが口コミで広がっているのか、12時に予約させていただいたのですが、すでにほぼ満席でした。

事前に自分たちがペスカタリアンで記念日の利用と言うことでお伝えしていましたので、アンティパスティもペスカタリアン。カボチャのマリネ、ニンジンのサラダ…。
メインディッシュは4種類、私たちは「ゴルゴンゾーラのタリアテッレ」と「鯛のラグーとトマトのオラキエッテとマッケローニ」をチョイス。(オラキエッテは耳たぶ型、マッケローニはマカロニの起源のようです。)
どちらも自家製生麺で絶品だし、ソースも言うことなし。どちらにも丁寧さと愛情がこもってました。
tagliatelle al gorgonzola
本当に久しぶりに訪れた『オステリア・イル・カスターニョ(osteria il castagno)』、お昼ちょうどの予約でしたが、すでにお店はほぼ満席。こちらはアンティパスティ。 こちらはスタンダードな「ゴルゴンゾーラのタリアテッレ」。自家製パスタに絶妙なゴルゴンゾーラのソースがすてきな組み合わせ。男性には、ちょっと少ないかも…。
amarettus e pabassinas - Dolce Sardo
こちらがもう一つのメイン「鯛のラグーとトマトのオラキエッテとマッケローニ」。オラキエッテが耳たぶ型のパスタで、マッケローニがマカロニの起源。 で、これが一番の衝撃。イタリア・サルディーニャ島の郷土菓子、アマレッタス(手前)とパバッシナス(奥)。どちらもそうそうお目にかかることができない焼き菓子です。

そして締めにはこのデザート。「結婚式記念日」のメッセージ付きです。こういう心遣いも暖かい。
記念日だけでなく、もっと足繁く通いたい、そんなお店です。
そうそう、イル・カスターニョさんのブログ『巴町の大きな栗の木の下で』、一度見てみてください。その良さが垣間見えると思います。
Anniversario di Matorimonio
そして〆のデザートにこちらを出してくれました。「結婚式記念日」のメッセージ付きのデザートです。リンゴのチーズケーキ、メロンのソルベなど美味しすぎます!(^¬^*)

P.S. ここのもう一つのお勧めはイタリアの郷土菓子です。カウンター席の上に瓶が並べてあるのですが、コーヒーや紅茶のお供に最適な、そして日本では滅多に味わえないイタリアの地方菓子がお手頃なお値段で売られています。これを買いにだけでも行きたいぐらいです。(^¬^*)

2012年10月28日日曜日

HDR-CX270V

さて、我が家にももうすぐ娘がやってくるのですが、お出迎えするために色々と購入中。今回は予てから色々調べていたビデオカメラ。
購入したのは、ソニーのハンディカム『HDR-CX270V』、今CMでもよく流れているやつですね。
実際、いろんなメーカーのいろんなビデオカメラを試してみたんですが、結局これ一択でした。その決め手は、手ぶれ補正が自然で動く子供を追うのに適していること、撮影映像のカラーバランス、55倍ズーム、そして総合的なコストパフォーマンスです。
リモコン付き三脚を一緒に買っても4万円切る上、妻にも扱いやすいこと(重さと操作メニュー)がその後押しをしました。

一昔前はあれほど重かったビデオカメラ、今ではこんなに軽いものでFull HD撮れるんですねぇ。(´∀`;) これから色々と撮るのが楽しみです。((o(´∀`)o))ワクワク
サイズ比較
娘がもうすぐ生まれると言うことで、我が家もビデオカメラを購入。テレビでもよくCMが流れているソニーのハンディカム『HDR-CX270V』が我が家にやってきました。 身近なものでサイズ比較をしてみると、リモコンマウスより少々大きいくらい。重さは、iPhon4S二つ分くらい?最初に持ったときは、おもちゃかと思いましたよ。

2012年10月23日火曜日

車内クリーニング

さて、妻も妊娠36週にもうすぐ突入、つまりもうすぐBébéが我が家にもやってくるわけで。
となると、色々とクリーニングの必要があります。
車も忘れがちですが、これって結構重要です。
検診でたびたび利用することになりますし、車内環境を整えるないと。
エアコンフィルター交換、エアコンクリーニングは難易度が低いので、後日やるとして、まずは一番面倒な車内クリーニングを。
それも、徹底的にやります。

そう、シートを外してクリーニング。
通常だと、シートとかダッシュボード、メーター廻りとかはクリーニングしますが、ここは購入してから一度も手を入れてません。なので、結構ゴミがたまっています。(というか、中古で買った時点で、どれだけクリーニングされていたかは疑問ですが…(;´∀`))
トルクレンチでボルトを外し(助手席の後部座席側のボルトが堅いのなんの)、シートをずらしながら掃除機で吸引です。これだけでずいぶん綺麗になります。
シート交換できたら面白かったんですが、あいにくそんなものを買う予算はなく ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

作業は正味30分くらいかな?
作業自体は簡単だけど、手間がかかるのでなかなかやらないんですよね~。
後は、エアコンクリーニングとフィルター交換ですね。
予定日がちょうど1ヶ月後なので、今週末にも作業しようっと。
カプラー外し
前部座席のシートはカバーを外して14番ボルトをトルクレンチで取り外します。助手席の後部座席外側が偉く堅かった…(;´Д`) 運転席座席下面のカプラーを念のために外します。シートを取っ換えの際には、もう一つのカプラーも外し、結束バンドも切り取ります。
前部カバー比較
シートを外してみると、シートとセンターコンソールの間にゴミがたまってました。(;´Д`) いやぁ、クリーニングは大切ですね。 前部のボルト部カバーを比較。長い方が内側です。後部のカバーは真ん中の下ベラがついていないので、間違えないように。

2012年10月20日土曜日

アロマセラピー ディプロマ試験

さて、このところ久しくブログアップしてきませんでしたね。
どうやらこういう時期が年に何回かあるようなのですが、今回はちゃんとした理由があります。
(ブログネタはいくつかあるんですが、ブログアップよりも何よりも、やらねばならないことが山積みで、ブログに時間を割けていなかったという状況でした。)
その理由の一つがアロマセラピーのディプロマ試験でした。

アロマセラピーにも色々なスクールがあるのですが、そのうちのホリスティック・アロマセラピーの協会で学ばせて頂いています。もう、かれこれ7年ほどでしょうか?が、なかなか最終のディプロマ試験まで辿り着く事ができず、ここまでの年月を要しました。
アロマセラピーって、単純に精油の名前と効能とかを覚えれば良いというものではなく(他のスクールはどうか存じ上げませんが…)、セラピストとしての心構えとか、自分自身のメンタルケアの部分が非常に重要で、ディプロマ試験を受けられる領域に達するまで、様々な経験を積まなければならなくて。
特に、男性はこの部分に時間がかかるようです。
私もご多分に漏れずと言いましょうか…。(;´∀`)

自分の場合、特に「サロンを開設して、クライアントさんに施術を」というつもりはなく、あくまでも身近な家族対象なのですが、今回ディプロマ試験を受験させていただくことになりました。(一番大きな理由は、「妊娠後期の妻への施術のため」ですね。妊娠していなくても、妻のケアは重要です。)
その試験に向けて、怒濤の猛勉強が始まりました。
何度も先生に施術の特訓をしていただき、クラスメートさんと精油の効能とか色々復習しました。卒業試験も、2度の追試を経て、何とかディプロマ試験への挑戦権を頂きました。
アロマセラピーを学び始めて7年越しに、ディプロマ試験を受けさせていただけることになりました。
緊張はしましたが、追試覚悟で臨みました(先ず、追試が当たり前なほどディプロマ試験は難しいので…)。
が、サプライズの一発合格を頂きました!一緒に挑んだクラスメートさんも一発合格でした。状況が把握できなくて、一瞬思考停止になるって、ああいう状況なんですね。先生とクラスメートさんと三人でお互いの顔を見合わせてしまいました。('∀`)

本当に感謝の一言に尽きます。
ここまで来るのに、本当にたくさんの方々のご協力とご指導があってこそでしたので。
最後に、自分を褒めてやりたいと。

が、資格保持者になっても、学ぶこと、やらなければならないことはまだまだ多い。
寧ろここからが本番です。
11月には待望の第一子の出産。母子ともにここからいっそうケアが必要な時期になりますので、アロマセラピストとしては責任重大です。
仕事もアロマセラピーも、しっかり両立していかないと。

記念撮影
今月の初旬にアロマセラピーのディプロマ試験を受けさせて頂きました。結果は、驚きの一発合格。記念に代表のH先生と記念撮影して頂きました。本当にありがとうございます。

2012年9月25日火曜日

トランス静岡2012

9月23日、アラジン主催の『トランス静岡』に参加してきました。
雨がそこそこ降っており、また珍しく涼しい。トレランする分には、いい天気かな?絶景が見られないのが、難点だけど。

今回走ったのは、真富士山(第一)~駒引峠~竜爪山(薬師岳~文殊岳)~桜峠~静機山~アラジン静岡店というコース。
その距離約20km。これでミドルなんですよね。ロングが恐ろしい((;゚Д゚))
最初は、真富士山に第三登山口から登ります。高低差ははっきりしませんが、とにかく登ります。さすがにトレラン部は猛者ばかり、あくまでもツーリングなんですが、飛ばす飛ばす。私は無理せずマイペースに行くことに。(今回はハムをしっかり使えていたようで、ダメージは少なく感じました。)
で、第一真富士山に登頂したころにはすでにトップランナーの皆さんの影も形もない。本気出しすぎでしょう (;´Д`)
気づいたら、私一人で2時間ほど山の中を彷徨う羽目に。
心細いったらないですよ。 それも、スタート時点でY先生が、「この前、そこそこ大きい熊が出た。距離はこのくらい(2m弱)」なんてコメントを聞いたばかりだから、余計に心細い。 それに、真富士山から駒引峠までの間は背の高さ以上の熊笹が生い茂っている区間があり、また雨がそこそこ降っていたこともあり、薄暗くて、雰囲気満点Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
もちろん熊鈴は必須で、歩いているときも鳴らしながら移動してましたが、ここで出会われたらたまらないと、結構ペースを上げてました。(駒引峠手前かな?先を走っていたはずのMさん達に会いましたが、すぐに追い抜かれてショボーン━━(´・ω・`)━━でしたから。)
動画撮影も、さすがにこの区間は諦めました。(Contour ROAMをトレランに使用するには、ちょっとした工夫が必要ですね。)そんなことよりも、熊遭遇危険区域からレ(゚∀゚;)ヘ=З=З=Зですよ。

薬師岳でビニール傘を指したハイカーのおじさんに出会い、歩きながらお喋りをしたのち、先を急いで文殊岳にも行ってみましたが、もちろん休んでいるランナーなんていない…。と思ったら、先を言っていたパパヒロさんに遭遇。何と嬉しかったことか。O(≧∇≦)O
ここから桜峠方面には降りたことが一度もないので、ナビをしてもらいました。(本当はもう少し飛ばしたかったでしょうに…ありがとうございました。)
滑りやすい区間、滑落しやすい区間等、とても夜間では通りたくない区間ばかり。(ロングの場合、ここを真っ暗な中通らなければならない方もいると考えると、末恐ろしい((;゚Д゚))

鯨ヶ池に降りると、ジョンさんが温かいコーヒーをCPで振る舞ってくれました。Iさんも応援に駆け付けてくれていて、心強かったぁ。あとはアラジンまでロード…っていう風にはならず、また賎機山に入ります。ここはよく知っているコースだから問題ないですが、さすがにシューズがまずい。
前回の朝霧でも経験しましたが、XCountryのクッションの無さに足首が徹底的に痛めつけられました。かといってグリップの無いStreakを履いてくるわけにもいかず…今度はクッションとグリップが効いたシューズを選ばないとなぁ。短期決戦用のXCountryは仕舞っとこう。(安倍城祉あたりは良いかも。)
今年が初参加の『トランス静岡』。昨年もですが、今年も雨模様。そして、今回はY先生の熊目撃情報もあり、緊張感が若干漂うスタートでした。(私にとってだけかな?)

ゴールは1時半くらいだったかな?いやぁ、楽しいツーリングでした。

それにしても、全員がゴールしたら天気が回復するとは…。
トランス静岡2012 ミドル完走
顔はあえて載せません。見られたものじゃないので(;^ω^) それにしても、楽しかったなぁ、足はぼろぼろで、筋肉痛が2日以上続いてるけど。

2012年9月20日木曜日

The Very Hungry Catapillar

読み聞かせをしてみました。それも英語。
できれば、英語も理解できる、視野の広い子に育ってほしいという気持ちは以前から持っていて、北部図書館で偶然見つけた『The Very Hungry Catapillar (邦題:はらぺこあおむし)』をあーちゃんに読んでみました。(『Mad About Madeline』もあったのですが、これはもう少しお姉さんになったら読み聞かせしたいと思います。)
この作品、あおむし君のキャラクターはよく知っていたのですが、絵本の内容までは知りませんでした(子供もいなかったので、当然といえば当然ですが…)。それにしても、かわいらしい絵本ですね。それにオチもすばらしい。

どうやらうちのあーちゃんは食べ物によく反応するようで、このページを開いていたときもご機嫌で動き回っていました。食いしん坊になるのかな?ちと心配。(;´∀`)
でも、最後にはあおむし君のように、美しい蝶になって羽ばたいてくれれば良いなと。

次は、どの絵本を読み聞かせ仕様かな?+(0゚・∀・) +
Hungry Little Catapillar
『The Very Hungry Catapillar ~はらぺこあおむし~』 読み聞かせ中、このページに一番反応を示していました。それにしても、よくまぁ動くこと( ^ω^ ) お父さん、がんばった甲斐あったよ。

2012年9月10日月曜日

朝霧高原トレイルレース 2012

さて、先週末、 『朝霧トレイルランニングレース』 に行ってきました。2年越しの参加実現!
妻の友人宅に前泊させて頂き、コンディションも万全の状態でレースに臨むことができました。

週末の朝霧周辺は雨の予報でしたが、当日は全くと言っていいほど雲のない、むしろかなりの高温でのレースとなりました。富士山もしっかり顔を出していました。

レース序盤、SKINSのロングスリーブを着込んでいたのですが、暑さで体力を消耗する羽目に。( ' Д ' ;) (脱ぐか着るか迷ったんですけどね~、脱いでおけばよかった。)日差しがものすごく暑くて、竜ヶ岳登り口(CP4)で結局脱ぐことに。finetrack1枚で十分でしたね。

それから、シューズの選択肢も間違っていました。通常トレイルでは「XCountry」を履いているのですが、ガレ場が多いこのレース、「streak」をチョイスすべきでした。(竜ヶ岳の事ばかり考えてたので…)
特に、最後の涸れ沢でシューズ選びの重要性を知りました。
もともと、左足首が生まれつき弱いので、クッション性のあるシューズでないと、このレースは走りきれません。25km過ぎの足首へのダメージは半端じゃなかった。その左足首をカバーしようとして右足首もつぶれ、挙句の果てには足全体へかなりのダメージが蓄積されてしまいました。

もう一つのエラーは、携帯水分のチョイス。持って行ったドリンクの糖分含有量は問題なかったのですが、胃の中に水分が全く残らなかった…。予想以上の高温だったので、汗をかいた量も半端なかったと思うのですが、胃の中に全く物が入っていなかったため、竜ヶ岳の登り中盤~下り前半はとにかく胃が気持ち悪くてしょうがなかったですね。(胃壁が解けてく感じ?)もう少し吸収率の低いドリンクを作っていった方が良かった気がします。もちろん、降りきったA沢貯水池で水とポカリを2杯ずつ頂き、事なきを得ましたが。(涸れ沢の序盤ですべての水分が尽きました…)

それにしても、麓から涸れ沢までがとにかく長く感じましたし、涸れ沢の苦行っぷりは半端なかったですね。30km来てあれはマゾ過ぎる。足首が痛くて痛くてしょうがありませんでした。


でも、結果としていろいろなことが今回の朝霧でわかりました。
まずは自分の肉体的な限界点。
生まれ持ったハンデは努力で補えるものもありますが、肉体的な成長ピークをかなり過ぎていることもあり、これ以上劇的に改善することはないだろうと悟りました。実際、お医者さんにも諦めるようにも言われましたが、これまで意固地になって頑張ってきていた部分もあります。が、出来ることと出来ないことがあって、左足首の大幅強化は見込めないと納得できました。
長期間のトレーニングを経れば、ある程度の改善は見込めるでしょうが、トレイルは30kmが限界です。25kmからの失速感は否めません。
次回参加は、ミドルですね。それならしっかりと走りきれる気がします。

もう一つ、トレラン部の皆さんの温かさですね。
皆さんはとっくに完走して、表彰式にも顔を出していましたが、自分がゴールしたのは6時間半後。(2時半過ぎ)連絡もつかなかったため、心配して待っていてくださったようです。
あんなに拍手で出迎えて貰えたことはこれまでの人生の中、なかった気がします。
なかなか速くなれず、置いていかれている焦燥感があったので、ちょっと(´・ω・`) ショボーンだったのです。なので、本当に感動しました。(かなりばててたので、そういう風には見えなかったかも)
仲間の良さを身に染みた瞬間でした。
だから、トレラン部はやめられないんですよね。

来年は、気持ちを切り替え、装備を見直し、ミドルにチャレンジしてみます。
でも、ロングを長時間をかけてでも完走できた自分を、褒めてやりたいと思います。
そして、 『朝霧トレイルランニングレース』 に参加された全てのみなさんにも拍手を!!
スタートへの道のり 竜ヶ岳からの富士山
今回の『朝霧トレイルランニングレース』、トレラン部の猛者たちが大集合でした。これはスタート地点への移動のシーン。ところで、タケちゃんはインソール&サックなしでどうなったのか?( 'Д ' ;) 胃が気持ち悪い状態で登頂した竜ヶ岳。そこから見る富士山は絶景でした。この景色を見ると、またロングコースを走ってみたいと思う半面、あののぼりは勘弁とも思うのです。≧(´▽`)≦
3人でゴール
6時間半の冒険の末に、妻とあーちゃんと3人で無事ゴールすることができました。バックにはとても大きな富士山。そしてトレラン部の皆さんが総出で出迎えてくれました。皆さん、ありがとう。そしてアラジンのMさん、すばらしい写真ありがとう!!(^ω^)

2012年9月7日金曜日

行くぜ、朝霧!!

さて、ついに今週末は『朝霧トレイルランニングレース』。
これまで2回見送ることになりましたが、今回はやっと参加する準備が整いました。天候も何とか持ち直してくれそうだし、楽しいレースになりそうです。

コンディショニングは…走り込みの量が少ないですが、まぁなんとか大丈夫でしょう。これまでレース時には足首が保たなくてエライ目に遭いましたが、今回は何とかいけそうな気がします。もちろん油断大敵ではありますが。(ニューハレさんのお世話になります)
そうそう、今回の距離はこれまで走ったトレイルの中では最長。(OSJ志賀高原の27kmはいい思い出です。)最後の登りもきつそうですが、楽しく走れそうな予感。

今年のレースはこれが最後。来年もトレランレースに積極的に参加することは難しいと思いますが、とにかく参加するレースは思いっきり楽しもうと思います。セルフレコードを更新することばかり考えると、苦しくなりますから。

で、今回給食には今までとはちょっと違ったものをチョイス。
Shotz』は初めてですが、『Vespa』も『enlyten』も定番。でも今回は萬有栄養さんの『救難食糧』、いわゆる『がんばれ食』を2個持って行くことにしました。
『がんばれ食』って、いわゆる空自&海自の皆さんがお世話になる(事がない方がいいのですが、実際に配備されているので)救命食糧。「がんばれ!元気を出せ!救助は必ずやってくる!」ってメッセージが入っているので、 『がんばれ食』 っていうんですが、これが優れもの。(ちなみに、3個入りのERキューブには入ってませんでした。)
ビスケット1個であんパン1個分のカロリー、その上おいしくて、口の中の水分が持ってかれない。救命食糧として自衛隊が太鼓判を押すのも納得。
サイズもコンパクトだし、トレランの携行食にはベストと言えます。
それから、クエン酸補給には『キレートレモン』を炭酸抜きにして持ってきます。

さぁ、準備は万端です。
行くぜ、朝霧!!
給食 左上:今回朝霧に持って行く給食類。萬有栄養の『救難食糧(がんばれ食)』2ヶ、『Shotz』のWild Beanのサシェ2ヶ、『Vespa Hyper』を1ヶ。それと写真には写っていないけれど『enlyten』1ヶ、『キレートレモン』1本。

左下:『救難食糧』のコメント。ここでは具体的には書かれていませんが、空自や海自の依頼を受けて作られた『救命食糧』そのものなのです。

右下:『がんばれ食』と言われるこのビスケット(本来はゼリーとセットです)、これ一つであんパンと同じくらいのカロリー。
がんばれ食説明 がんばれ食

2012年8月28日火曜日

蓼科旅行、当然走ります!!

先週末、結婚5周年を記念して蓼科旅行に行ってきました。もともと妻はこの日曜~火曜で研修旅行で蓼科高原に来る心づもりでいたのですが、流石にお腹が大きくなった状態で2日間まるまる長時間の講習を受けるのは難しい。
ということで、その研修会場になる「蓼科パークホテル」さんに土日で宿泊し、皆さんにご挨拶をしてこようとなったわけです。そのタイミングが、結婚記念日に近い先週末でした。

もちろんいつもの蓼科旅行と同じく、おいしいものをたくさん頂きました。ホテルの夕食のバイキングも美味でした。蓼科、やっぱり好きな場所です、何度来ても飽きるってコトがない。

そう、そして今回も観光ラン。
到着した夕方に横谷渓谷を逆流して乙女滝から大滝展望台まで。流石に標高が1,200m以上だと勝手が違いますが、涼しい渓谷の風と滝の岩を穿つ音が心地よい。本当は明治温泉まで行きたかったところですが、夕食に間に合わないといけないので(流石に汗を流さずに食堂に行くのは迷惑甚だしいので (; ・`д・´) )、残念ながら分岐ポイントで帰還。

で、翌朝は6時起きで今度はメルヘン街道をひたすら麦草峠方面へ。
本当は麦草峠手前の登山口から冷山(つめたやま・つべたやま)にアタック、と行きたいところでしたが、そこにたどり着くまでひたすらメルヘン街道を10km超登らなければならず、そこからさらに山道を登るわけで・・・はっきり言ってそこまで行く時間ないし、朝ご飯が食べれなくなる。
じゃあ、せめて前日にいけなかった明治温泉まで・・・そう思ったら、案内看板が「明治温泉 8.0km」とか4km地点ぐらいで言ってるし。
ということで、折り返し地点を「横谷観音」にして、前日のトレイルでホテルまで戻るルートに決定です。(余談ですが、先の案内看板では、「横谷観音」まで3.0kmとか書いてましたが、明らかにもっと短かった感じです。)
距離にして、8.7km、1,239m+319mを1h6'25"。まぁ、まずまずかな?
でも、それよりも何よりも、楽しく走れてよかった。

次に来るときは、5時前にホテルを出発した方が良さそうです。行ってみたいですから、冷山。
蓼科
結婚5周年を記念して蓼科に旅行に行ってきました。当然ながら、夕方と朝には走ります。良い高地トレーニングになりますから。
ビーナス・メルヘン分岐 案内看板
蓼科パークホテルからメルヘン街道を一路麦草峠方面へ。麦草峠、片道10km超の上り一辺倒なので、8時の朝食に間に合わない…。 で、第二目標地点に明治温泉を選んだわけですが…あと8kmって遠くないか?この標識本当か?(‘Д‘;) (柏木博物館まで3kmもなかったです…)
横谷観音手前
横谷観音入口(柏木博物館)のストレッチ、広くて直線で起伏があって、気持ちいいっすね。
大滝神社 横谷観音石仏
大滝神社、何か神々しい雰囲気で、ぜひ参拝をしたいところでしたが、登りに思ったより時間を要してしまったので、ここで今回は失礼しました。 横谷観音の石仏。見た感じは蛇系の仏様でしょうか?ここに詳しい検証ページがあります。由来もよくわからないようですが、やはりどうやら仏様のようです。
大滝 屏風岩
正式名称は「大滝」、どこかでは「王滝」と表記されていたようですが…テーブルから零れ落ちる形の綺麗な滝でした。 こちらは横谷渓谷に存在するいくつかの滝のうちの「屏風岩」。落差はありませんが、こちらも綺麗な滝です。

2012年8月23日木曜日

パーソナル・トレーナー

先々週末、所謂お盆休みに妻の実家に行って来ました。妻の妊娠生活の報告とか、ららぽーと磐田での赤ちゃんグッズ購入ツアーとか兼ねて行って来たのです。
妻の妊娠生活ももうすぐ8ヶ月に突入する頃、ここからは遠出もなかなか出来なくなってくるでしょうし、何よりも義理の妹にこの所なかなか会えてなかったからというのもあります。なにせ、義妹は仕事にレジャーに忙しくて、スケジュール調整が難しくて(;´Д`)、前回会えたのも何ヶ月前だろう。

で、妻の実家行く前に、ららぽーと磐田でお買い物。もちろん赤ちゃんグッズの購入です。行った先は『UNIQLO』と『アカチャンホンポ』。磐田の『アカチャンホンポ』は浜松・宮竹のそれよりは売り場面積が狭かったですが、店舗レイアウトも見やすく、必要な商品がコンパクトに纏められていて、入りやすかったですね。けっこう、男子もショッピングに来てましたよ、もちろんお供ですが。( ゚∀゚)アハハ
それにしても、(゚д゚)!でしたね。まさかここで妻の旧友にばったり会うとは。それも生まれて数ヶ月の赤ちゃん(色白でおとなしくて可愛い女の子)とお母さんと一緒で、たまたまお盆休みで地元に帰ってきてたって言うし、さらに妻のアロマ友だちとも友達で、近く食事に行くとかって(゚д゚)!(゚д゚)!
まるで引きあわせられたような感じでしたね。

さてさて、鳥肌モノの『アカチャンホンポ』を後にし、妻の実家に到着したのですが、何時もの事ですが何だか途轍もない睡魔に襲われました。(これと同じことが、朝霧の妻の友人宅でも数日前に起きていました(∀`*ゞ)エヘヘ)どのくらい寝たかな?しばらくして、義父と妻と私でイタリアンレストラン『マドンナ・ポモドーロ』に行って来ました(残念ながら、義母は近所の集まりで不参加でした)。久しぶりのイカスミパスタ美味しかったなぁ。ここのパスタは生麺だから、美味しいんだよね~(゚д゚)ウマー

お腹が満たされ、実家に戻りしばらくして義妹が帰って来ました。
今回はなにやら「パートナーストレッチ」のモデルになって欲しいということだったので、二つ返事で引き受けました。その時の様子がこちら。

ストレッチ
パートナーストレッチってしてもらうチャンスがめったにないので、本当にありがたい。が、義妹は私に容赦無いのです、バシバシ叩くし( ゚∀゚)アハハ。でもまぁ、気軽に接してもらえることはありがたい。世間一般では、どんなもんなんでしょうね、義理の兄妹関係って?

何だか、情けない姿です( ゚∀゚)アハハ。身体、硬くなってましたね。さらに、義妹に反り腰で姿勢が歪んでるとのご指摘を。右肩は硬いし、体の動きがギクシャクしているとのこと。何だかスムーズじゃない(;´Д`)。でもおかげで、ずっと気になっていた「小菱形筋」辺りの鈍痛が収まりましたよ。それ以外の筋肉も少しほぐれて、スッキリです。

妹に、「ストレッチが一番重要」って指摘を受けましたよ。御尤もです。

パートナーストレッチの後に、反り腰対策のストレッチ、肩関節を解すストレッチ、バランスボールを使ったストレッチ等色々教えてもらい、それから早速実践することに。
毎日継続してやっていますが、徐々に体の筋肉が解れてきているように感じます。実際、右肩の可動域が僅かではありますが増したような気がします。特に背中に廻すとき。
姿勢も、少しづつではありますが、改善しているようです。

本当にストレッチは大切だ。

2012年8月21日火曜日

TJAR 2012

今年もやって来ました、トランスジャパンアルプスレース(TJAR)。前回同様も、アラジン・トレラン部主将の将悟さんが見事完走、2連覇を達成してくれました。
将悟さんは我々トレラン部の誇りです。

と同時に、今回無事完走された皆さんにも、最大の敬意を表したいと思います。無事完走おめでとうございます、そしてお疲れ様でした。(完走率、何と68%!!実に過酷な415kmですから、物凄い結果だと思います。)
本当は、この一言では十分な敬意を示せないほどのご苦労が、選手の皆さんにはあったと思います。中には幻覚を見た方もいらっしゃった様子。一人アルプスを北、中央、南と縦走する孤独さ、辛さ、そして肉体的な痛みは、凡人には計り知れないものなんだと思います。
特に、TOになってなお大浜海岸まで走り抜いた岩崎選手の精神力にはただただ感動を覚えるばかりです。本当に、お疲れ様でした。

そして、忘れてはいけない、途中棄権しなければならなくなった選手の皆さんにも、トレイルランに関わる一人の人間として最敬礼をしたいと思います。
本当に、お疲れ様でした。ご自身の肉体と精神の限界に達するギリギリまで動き続けられた上で、停まらざるを得なかったこと、本当に断腸の思いだったでしょう。ですが、既に今回TJARに参加され、それにそれぞれ条件の悪い中、本当に長い距離歩を進められていますので、次は絶対大丈夫。
次がTJARと成るかはたまたその他のウルトラかは分かりませんが、一トレイルランナーとして今後も陰ながら応援させて頂きます。

さて、今回の選手の皆さんのリザルトを逸早くまとめてみました。

順位 NO 氏名 ゴール時間
1
7
望月 将悟
5日間
6時間
24分
2
4
阪田 啓一郎
5日間
18時間
42分
3
19
木村 正文
5日間
20時間
49分
4
2
小野 雅弘
6日間
5時間
50分
5
5
船橋 智
6日間
14時間
47分
6
23
北野 聡
6日間
20時間
27分
7
15
宮下 晋
6日間
23時間
25分
8
24
飴本 義一
6日間
23時間
43分
9
12
小畑 剣士
7日間
11時間
39分
10
13
奥野 博士
7日間
12時間
54分
10
17
大西 靖之
7日間
12時間
54分
12
26
梅澤 功
7日間
13時間
45分
13
18
飯島 浩
7日間
16時間
53分
14
1
松浦 和弘
7日間
17時間
27分
15
3
東山 高志
7日間
18時間
0分
16
9
田中 尚樹
7日間
18時間
13分
17
21
畠山 洋祐
7日間
19時間
33分
18
6
福山 智之
7日間
21時間
52分
19
11
宮崎 崇徳
7日間
23時間
28分
ステータス NO 氏名 リタイア地点
DNF (TO) 20 岩崎 勉 畑薙第一ダム(静岡県静岡市葵区)
非公式タイム: 8日間23時間23分
DNF 8 石田 賢生 赤石手前分岐(静岡県静岡市葵区)
DNF 28 平井 小夜子 百間洞山の家(静岡県静岡市葵区)
DNF 22 湯川 朋彦 市野瀬(長野県伊那市)
DNF 16 宮林 勝 沢渡(長野県伊那市)
DNF 27 町田 吉広 双六小屋(岐阜県高山市)
DNF 14 良本 卓也 槍ヶ岳(岐阜県高山市)
DNF 25 田村 聡 河童橋(長野県松本市)
DNF 10 森本 泰介 馬場島(富山県中新川郡)


…で、私といえば…今回は皆さんを十分応援することが叶いませんでした。OTZ
それは、色々な要因があるのですが、一番大きかったのは、やはりゴール想定日に休暇を取れなかったことでしょう。 実際、今回応援に行けたのは将悟さんだけで、出迎えに行けたのも、葵区郷島まで。アラジン静岡店、大浜海岸には遂に行く事は叶いませんでした。(強烈な睡魔に襲われ、立ち上がることが出来なかったのです。TJARランナーの皆さんは、不眠不休に近い状態だったのに、不甲斐ない限りです。)

せめてもの罪滅ぼしとして、「最後のランナー」岩崎選手のゴールシーンを映像に納めてきました。夜間ですが、NHKのクルーが居たお陰で、それなりにみられるかと思います。
TOで、TJARとしてはすでに終了した後なので、公式タイムではないですが、アラジン調べでは8日間23時間23分で大浜海岸にゴールされました。



そうそう、トレラン部のひでたろうさんが、TJARの様子をブログアップしてくださってます。
TJARの応援は三伏峠でした。」(ひでたろうさんブログ『走ったり登ったり』)


ちなみに、今回のTJARの選手たちの様子は、中部東海県+長野県のNHK総合で放送されます。もし良かったら、その様子を皆さん見て下さい。(全国放送で、ぜひ放送して欲しい!!(n‘∀‘)η)
 
放送時間:
9月21日(金) 19.30~20.43
放送局:
NHK総合(中部7県、長野県)
番組名:
金とくスペシャル 「激走!日本アルプス大縦断 ~トランス・ジャパン・アルプス・レース2012~」
出典:
やっほー!日本アルプス ~NHK 山プロジェクト~

2012年8月16日木曜日

OS上でのBIOSアップデート 「ダメッ!絶対」

さて、先日我が家に導入されたデスクトップPCですが、納品5日目にして使用不能に。というのも、ASUSが公式でバンドルしている「ASUS Update (AI Suite II 内)」を利用してBIOSアップデートを行ったのですが(P8Z77-V LK BIOS 0812)、正常終了した後にOSを再起動したところ、うんともすんとも言わなくなりました。

いや、正確には、POSTにも入らず、ただひたすらリセットボタンが点滅し、各種ファンが作動するだけの状態になり、Powerボタンにも反応しなくなりました。POSTにも入らないから、USBにも光学ドライブにもグラフィックボードも反応しません(モニタに表示も出ない)。さらにビープ音もしません。(ZALMANのケース「HD501」にはMB用ブザーユニットが初めから付いてないから、当たり前といえば当たり前。(;´д`)トホホ… ブザーユニット別途購入して付けても、鳴らなかったけどね~)
ガ━━(;゜Д゜)━( ゜Д)━(  ゜)━(   )━(゜;  )━(Д゜; )━(゜Д゜;)━━ン!!!!!

いやいや、ASUSの「P8Z77-V LK」ページのダウンロード直下から落としてきた最新BIOSでしたし、ASUSのオフィシャルソフトを使ったアップデートだし、それに「ASUS Update」は成功したって言ってたヨ。

でも、よくよくネットを調べてみると、この「ASUS Update」のお陰で累々たる屍(マザボ)の山が出来上がってきていたとか。ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ、正規品でバンドルしないでよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これまで何度となくBIOSアップデートをしてきましたが、OS上で行うのは初めて。今までDOSでやらなきゃならなかった作業が簡単にできるのかと思って実行したら、この有様ですよ。今後は二度とOS上で行わない方向で。

会社の技術者の方のアドバイスを頂き、また「P8Z77-V LK」の国内正規代理店『MVK』のサポセンに問い合わせをし、さらに『TWOTOP』さんのサポセンにも連絡しましたが、MVKは「BIOS更新後の故障は有償」とのことで、TWOTOPさんもそれ以上何も出来ないとのこと。
っていうか、じゃあBIOSアップデートの機能は何のためにあるのか?( ●゜Д゜)━●)´Д`)・:'.がぁッ!

まぁ、色々と言いたいことはあるけど、しょうがない。MBがなければPCは動かないし、ここは勉強させてもらったと思い、買い直すかぁ。少ない小遣いの中からの支払いだから、かなり痛いですけどね。(´Д`lll)1万5千円のお布施は、この段階では辛いのぉ。
MB P8Z77-V LK
まさかオフィシャルのバンドルソフトでマザーボードが動かなくなるとは・・・今後当面BIOSアップデートは怖くてできませんわ。(; ・`д・´)

2012年8月15日水曜日

New PC

ここのところまたブログアップのスピードが落ちましたが、今回の主たる理由はPCの誤作動でした。

先日テレビも新調したばかりですが、今度は3年ほど使ってきたノートPC『HP Pavillion dv7』が誤作動を頻発するようになりました。具体的には使用中に突然スリープモードに突入したり、自動リセットしたり。左掌が当たる部分は夏季にはかなり温度が上昇し、低温やけどしそうなのですが、元々の設計上の無理がたたった様子。
自動シャットダウンもこのところ30分もすればに起こるようになり、まともに作業ができないように。

こうなってしまうとどうしようもないので、わたくし決断をしました。そう、PCを新調することにしました。
とは言え、ノートPCのHDDはサルベージしたいし、バックアップ用HDDも活用したいので、自作することにしました。必要パーツをTWOTOPからオーダーすること2週間、遂に先週末我が家に届きました。

我が家のPCのスペックは以下の通り:
種別 メーカー名 型式 備考
マザーボード ASUS P8Z77-V LK
CPU Intel Core i7-3770
GPU 玄人志向 NB-GTX550Ti-E1GHD Nvidia GeForce GTX550Ti
メモリ UMAX Cetus DCDDR3-16GB-1333
記憶媒体1 Plextor M3 Pro PX-256M3P
記憶媒体2 Western Digital Scorpio Blue 640GB サルベージ品
記憶媒体3 Western Digital Caviar Green 1.5TB サルベージ品
光学ドライブ Pioneer BDR-207D
電源装置 Antec EarthWatts EA-650 Green
CPUクーラー Scythe Samurai ZZ Revision B
PCケース Zalman HD501
ケースファン Enermax T.B.Silence UCTB8
キーボード Logicool Solar Keyboard K750 Unifying対応
マウス Logicool Wireless Mouse M305rPB サルベージ品。Unifying対応

色々と煮詰めた結果、モニタはVieraにHDMI(ARC対応)接続することにしました。PCはリビングで使うことになりますし、わざわざ専用でモニタを購入、設置する理由も思いつかないし。
到着 i7装着
TWOTOPから遂に届きました。PCケースの素材感が半端ないですね。それ以外のパーツが全て小さな箱に収まるので、そういうサイズにATXケースも出来ないのかな? 自作機は4代目になるのかな?だから組立は比較的スムーズ。でもCPUファンがうまく取り付けられないとか、ケーブル廻しが面倒だとかは相変わらず。
vieraとの組み合わせ
PCケースの存在感が半端ないですが( ゚∀゚)アハ、音もものすごく静かだし、起動速度もSSDの恩恵でかなり速い。でも、サイズがなぁ(^Д^)ゞ

2012年7月30日月曜日

LC-20EX-1逝く!

以前ブログでも取り上げていた我が家のテレビ『LC-20EX-1』が、遂に先日の引越しの際に逝きました。享年6歳でした。(自分自身、もっと長い付き合いだと思ってましたが・・・)
原因は、先週末にかけて行なっていた引越しの際の衝撃。
この子は業者さんではなく、自ら車で運んできたのですが、どうやら車内での移動中、若しくは新居搬入中に何らかの衝撃が本体に加わったのが原因のようです。(全くどこでの事なのかはわからず・・・)ただ不思議な事に、LCDの破損は内部から。外傷は全くなし。画面右上にインパクトの後があり、LCDの蜘蛛の巣割れが確認でき、またそこから左下方に扇状の罅が確認できるので、上記蜘蛛の巣割れ部分に内部から強い力がかかったものと思われます。
実際に電源をONにしてみると、左上角から全体の70%くらいにかけて全く映像が映らず、左下方にグリーンだけ線状に表示される個所あり。右下角から30%程の画像出力機能には問題なし。音声出力等の問題もなし。
でも、ここまで来ると、さすがにお手上げです。恐らく、LCDを交換していただくのも、それなりの値段になってしまうことが予測されます。

ある意味こうなってしまったので、感謝して手放すことにしました。
今までありがとう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とは言え、テレビを全く見ない生活というのもどうも味気ない。(前に比べると、見る番組は完全に固定化されていますが・・・・)と言う事で、昨日新たなテレビを探しに行って来ました。
静岡市で家電を買うと言ったら、コジマがメイン。
ここでコレまで活躍してくれていた 『LC-20EX-1』 を引き取ってもらい、2階のテレビコーナーへ。
新たに購入するなら32型がベストではないかということで(37~32型のラインナップが幅広いので)、このサイズ帯で店内を物色。当初はHDD内蔵型を見ていたのですが、高い。コスト的にどうかという値段。(比較的お手頃価格の内蔵型(スロットインタイプ)の『Woo』もあったのですが、GUIの動作がイライラする程モッサリしていて、さらにHitachi自身がTVの自社生産事業からの撤退を表明しているので、検討対象からは切り捨て。)
が、ちょうど店頭でキャンペーンをしていた「『Panasonic Viera TH-L32X5』&USB接続ポータブルHDD『LaCie LCH-RK500UTV2』」のセット販売が5万円弱だったので、即コレにすることにしました。
「Viera」のGUI&番組表/検索機能はサクサク作動するし、「LaCie」の容量も500GB位あれば当面十分。いざ足りなくなったら、LaCieの2.5HDDを交換して大容量にすればいいしね。

早速帰宅して、セッティング。チャンネル設定、「LaCie」フォーマット&「AQUOSデッキ」の接続に20分弱。画質も音質も前に比べると格段に綺麗だし、番組表も見やすい。そして何よりも画面が大きくて、総重量も軽い。この数年で、かなりTVは進化しているんですね。
それに使うかどうかはわからないけど、VODサービスの『acTVila』や『TSUTAYA TV』にも対応。(ちなみに「VOD事業」って、ハリウッド扱ったら元全然取れないんだけど、大丈夫なのかな?)

今度は、前の子よりもさらに長く使い続けていきたいですね。
破壊されたLC-20EX-1 ドナドナ
2006年製『AQUOS LC-20EX-1』が、遂に昇天。死因はLCDの内部破損でした。実際に映像を流している状態ですが、左上70%ほどが完全にアウト。全く映らなくなりました。 残念ながら『LC-20EX-1』とはお別れです。当時10万弱で購入した20型ですが、ここまでよくぞ頑張ってくれました。本当にありがとう。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
オリンピックロゴ入り Panasonic Viera TH-L32X5
そして、我が家に新しく嫁入りした『VIERA TH-L32X5』。コレにELECOMのポータブルHDD 『LaCie LCH-RK500UTV2』をUSB接続します。 セッティングはHDDユニットフォーマットも含めて20分弱。32型、「IPS LEDαパネル」になったことで、画質はかなり綺麗に。「Lacie」の使い勝手も上々。

2012年7月27日金曜日

Panasonic CAOS blue battery N-55B19L/CA

さて、先日オイル交換の際にSA静岡中原の整備士の方に指摘されていたとおり、日々バッテリーが弱っていくのが感じられたので、早速バッテリーを購入しました。

前から載せてみたかった『Panasonic CAOS N-55B19L(CA)』をネット購入。この商品は店頭販売では1万円程ですが、見つけたお店(「ホームセンター7」)では5,700円と4,000円以上もお得。今回は同時にカーバッテリー寿命診断ユニット『LifeWINK』も購入したのですが、2つでも7,000円弱。
それに、バッテリー交換なんかはDIYで十分なので、整備手数料もただ。かなりお得です。

作業は至って簡単なので飛ばしますが、大容量バッテリーによる電圧維持の安定化は覿面ですね。特にオーディオに違いがすぐ現れます。
また、充電回復性能が高いため、燃費向上にも役立つとか。

まぁ、謳い文句の部分も若干はあるでしょうが、コレまで使ってた『PitWork』のバッテリー(劣化済み)より十二分以上の安心感を得ることができているのは、確かです。
Panasonic CAOS N-55B19L(CA) LifeWINK
以前から載せてみたかった『Panasonic CAOS N-55B19L/CA』を今回のタイミングで購入。店頭価格よりも4,000円近く安く手に入れられました。それに整備手数料もただ。( ゚∀゚)アハハ それに併せてバッテリー寿命診断ユニット『LifeWINK』も購入。コレを使ってCAOSをカラになるまで使います。と言っても、マーチが動ける限界直前までですが。
Before タイトル
コレまで載せていた『PitWork』。正面にでかでかと赤文字で「H19.10.XX」と記載されており、もう寿命がいつ来てもおかしくなかった状態です。 で、Blue Batteryを載せてみたところ、電源が安定して、オーディオの音質も普通に聞いても向上しているのが分かるほど。バッテリーは重要です。

2012年7月24日火曜日

ピットイン

先々週あたりから、愛車マーチが妙な音をさせるようになっていました。カラカラという打音。エンジンの回転数が上がるたびに打音の頻度が上がり、アクセルを離すと音が止まる。この音、特に先週の木曜日に耳につくようになって、コレはと思い調べてみると(参考にどうぞ「Car maintenance DIY9」)心当たりが。
そう、エンジンオイルの劣化です。
よくよく考えてみると、前回の車検時からオイル交換していない。忙しさにかまけて、しっかりケアができていなかった。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

このまま走り続けるのは、エンジンにダメージがいってしまう恐れがあるので、緊急ピットインです。何時もオイル交換に行くのは『SA静岡中原』。前回車検時に交換して頂いたときは、どのオイルかわかりませんが、自分としてはelfが良いので、「ECO-II(5W30 SM)」をチョイス。鉱物油っていうところが気になりますが、前回入れた全合成の「エクセリウムIS(5W-30 SM)」の1リットル缶が無かったので、断念。(4リットル缶だと、2.7リットルしか入らないマーチでは、余りが出てしまって、家で保管せねばならなくなるので…)
それから、今回はカム打音が出てしまったので、フラッシングオイルの添加もお願いしました。オイル交換の期間が開いてしまったので、もしかしたらスラッジとか溜まっているかもしれませんからね。(フラッシングオイル添加するのは、中古でこの子を購入して以来かなぁ。)


で、この時バッテリー点検とかして頂いたんですが、さすがにもう寿命ということで、近々昇天するでしょうとのこと。それもそうだ、騙し騙し使ってたからね。( ゚∀゚)アハハ エンジンスタート時に粘るときもあったから、いい交換時期かも。
早速ネットでバッテリーをポチッと注文。コレは届き次第DIYでメンテですね。


ケアをサボってごめんよ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ピットイン
忙しさにかまけていたら、エンジンからカラからする音が…。音からしてカム打音、と言うことは、エンジンオイル劣化…。そう言えば、車検からこっちオイル交換していなかった(;´Д`)…と言う事で、緊急でピットインです。

2012年7月20日金曜日

アカチャンホンポ

このところブログアップしていませんでしたね。
妻も安定期を迎え、徐々にお腹も大きくなってきています。
我々が「あーちゃん」と呼んでいるbebeも、今ではバービー人形ほどの大きさとのこと。あーちゃんの日々の成長を妻のお腹大きさとあーちゃんの動きで感じている今日この頃です。

さて、もう妊娠も22週目に突入し、そろそろ色々と買い揃えるのにいい時期になりました。妻にとって初めての出産になるので、これまでもコツコツとマタニティ服等は購入していたのですが、ベビー用品は今回初。
実際に何を買っていいのか、そもそもほんとうに必要な物と数はどの位のものなのか全く謎です。ネットで情報収集して、『アカチャンホンポ』の「出産準備用品リスト」っていうページに辿りつたんですが、ここにあるPDFが結構役にたつのです。
が、「これ全部買うの?」と言うボリューム。

そこで、今回アロマ仲間の「Uさん」にアドバイスを頂きながらベビー用品のショッピングをすることに。場所は浜松の『アカチャンホンポ』宮竹店。
なぜか、静岡県内の『アカチャンホンポ』はここと『ららぽーと磐田』にしか無いんですよね。地元・静岡市にも『西松屋』、『Babies"R"Us』があるのですが、『ホンポ』はない。で、『西松屋』が微妙な感じだったので(ヤル気が感じられないというか・・・)、浜松まで遠征です。

はっきり言って、ショッピング中誰よりもテンションが高かったと思います。特にベビー服のコーナーで。
一応前回の健診で「女の子らしい」と言うことが分かったので(確定ではないですが…)、どんな服が良いだろうとあっちo(゚Д゚ = ゚Д゚)o キョロキョロな状態。
今、ベビー服や子供服って、本当に充実してるんですねぇ。
あーちゃんには何がいいかを想像しながらあれやこれやと買い物カゴに。( ゚∀゚)アハハ

その上、Uさんに肌着などのお下がりを頂いちゃいました。ありがとうございます。
先輩に色々アドバイスを頂いた結果、「本当に必要なモノと枚数」は、「出産準備用品リスト」に掲載されている品目と数までは必要ない事が分かったので、ちょっと一安心。(結構あるので…)
短肌着や長肌着は後日別途購入しましたが、購入した物と頂いたもので十分間に合う感じです。
後は、ベビーカーやチャイルドシートとか、高価商品の入手かな。
色々と、また調べて置かないとな。

そうそう、ショッピングの最中、Uさんの娘ちゃん(7ヶ月くらいだったかな?)が同行してたんですけど、彼女の満面の笑みで私めはメロメロ状態でした。
あーちゃんが産まれたら、これ以上にメロメロなんだろうなぁ。
ready for the baby
先週の日曜日、浜松・宮竹の『アカチャンホンポ』に行って来ました。当初は『ららぽーと磐田』の『ホンポ』に行こうと言っていたのですが、ちょうど3連休の中日。それに、今回はアロマ仲間のUさんからお下がりを頂けることになったので、浜松まで行って来ました。
little birdy red and blue stars
思わず一目惚れをしてしまった「ドレスオール」。胸元にはピンクの小鳥があしらわれているのがポイントです。 此方は妻チョイスの「2wayコンビ」。女の子でも男の子でも大丈夫なように青と赤の星が散りばめられてます。