2012年2月6日月曜日

原点回帰

有度山トレイルミニレース前後、自分の走りが決して満足できるレベルでないことを確信、トレーニングには水泳も織り交ぜるようになりました。
土曜日には市の水泳場(県立水泳場が未だに修理見通しが立たないため)でのトレーニング。
そして翌・日曜日には、原点回帰、初心に帰るために賤機山へトレーニングに。
とにかく無理はせず、トレランの楽しさを味わうために賤機山に入りました。
天気は晴のち曇。賤機山古墳を過ぎ、お地蔵様までの区間は暖かい日差しが木々の中を通り抜け、心地よい。
途中途中にハイカーの皆さんと遭遇したものの、ほとんどソロ状態。
聴こえるのは落ち葉を踏みしめる音、ウェアが擦れ合う音、ヘッドフォンを通して聴こえる「鳥の詩」。森の中を走り抜けるに呼応して、鳥たちの囀り、羽ばたきも聴こえ…静岡の街中にいることを忘れさせてくれる。
低山ではあるけれど、要所要所の登りで心肺トレーニングも出来る。自宅に近いこの場所、久しぶりに走って楽しさを再発見できました。
賤機山トレイル
賤機山は相変わらずハイカーの皆さんが多いですが、走れないほどではないですね。ただ、フットパスは完全にコンクリみたいに硬くなってしまっています。脚への衝撃はそこそこ。でも、それが良い。

…が、福成神社を折り返し、お地蔵さんを過ぎ、浅間神社まであと1kmもない地点で右足を大きく捻挫。あまりの痛みにその場にうずくまり1分ほど吠えてしまいました。中々立ち上がれずにいると、偶然トレイルランナーの方が。その方も1年前左足首の靭帯断裂をされてしまったようで、「下山をしたら?」とのアドバイスもいただきました。が、あいにくそこはエスケープルートから遠い場所。「(残念ながら)前に進むのが最短(下山)ルート」とお返事させて頂きました。
痛い足を引き摺りながら、なんとか浅間神社まで降りてきて、妻に電話連絡。
帰ってから即冷水、アロマ&クレイのシップをして貰うことに。
アロマ湿布
妻にブレンドしてもらった「アロマ湿布」。つけてもらったときは本当にいい匂いなのですが、寝る前に剥がし終わったらツーンとした臭い。寝る前に新しく貼ってもらったやつは、朝にはとてつもない臭いを発してました。(;゚Д゚)

夜もう一度同じシップをして貰うことになったのですが、乾いたシップの臭いこと。
今日一日様子を見て、腫れが引かない場合は整形外科に行くことにします。
あ~ぁ、これじゃあ当分走れないなぁ。(ノД`)

0 件のコメント:

コメントを投稿