2012年3月5日月曜日

脱“ギプス”生活

今日、3月5日。ついにギプスを外していただく日がやって来ました。と同時に、今日から1ヶ月のリハビリ生活の始まりでも有ります。
ギプスを外す際にはギプスカッターで2パーツに分割、取り外して頂いたんですが、そのギプスカッターの不思議なこと。振動による摩擦でギプスをカットするので、肌は切れないとのこと。 でも、その振動は意外と患部に響くんですよね。最も、骨自体は仮骨の基質化が進んでいる状態なので、痛いというわけではないですが。

ギプスを外したあとは、低周波治療器を10分、マッサージやタオルギャザーのトレーニング等。
これを毎日続けて徐々に筋力の復活をさせていくという事です。
それにしても、ヒラメ筋や腓骨筋の辺りが固い固い。1ヶ月も使えなかったんだから、仕方ない。

でも、両足で地を踏めることのありがたさと言ったら無いですね。
とは言え、あと1週間程度は松葉杖生活は続くとのことですし、右足への負荷も全体重の1/3までにしてくださいとのこと。

走れるようになるのには、あと1ヶ月程度なのかな?
ゆっくり筋力を戻していきたいと思います。
アロマ湿布
ギプスが取れ、一ヶ月ぶりに右足があらわになりました。が、指の付け根に青タンがあることや、くるぶし周辺が腫れているなど、完治まではまだまだ。これからリハビリです。 久しぶりのアロマ湿布。レッドクレイとバームに、ペパーミント、ユーカリ、ティートリー、ローズマリーCT1、サーキュレーションブレンドを数滴垂らして患部に塗布です。

0 件のコメント:

コメントを投稿