2012年4月30日月曜日

実家は「たけのこの里」

ゴールデン・ウィークの真っ只中の昨日、夫婦で自分の実家に行って来ました。
農作業がメインでしたが、その農作業の中でも一番の仕事はたけのこ堀りとイノシシ対策です。
実家の周辺では度々イノシシ、猿、カモシカと目撃されるのですが、このうちのイノシシは山を荒らす害獣と化していてほとほと困っているのです。
特に竹林はこの時期イノシシのたけのこ探索のおかげで其処彼処にクレーターができる始末。特に実家の場合は山の斜面の一部、檜林のアプローチが竹林となっているため、ここにクレーターを作られると登るのも非常に困難となってしまいます。
対策としてはたけのこをイノシシよりも頻繁に取ることなんですが、イノシシの場合はその鋭い嗅覚で地面にも出ていないたけのこをムシャムシャ行ってくれるので、それ以前に竹林に寄せ付けないという対策が必要です。
で、どれほど有効かはわからないのですが、効果があるという「人毛」、つまり髪の毛を竹林の外周に設置しようと言うことになりました。まずは先週ヘアカットに行ってきた自分がサロンで自分の髪の毛と他のお客さんの髪の毛を入手。これを洗濯ネットに入れてみます。まさに「毛玉」状態ですね。で、この「毛玉入りネット」をイノシシの鼻の上くらいに来るであろう高さで木の枝に吊るしました。
もしかしたら、実家で飼っている犬の毛もいいかもしれませんが、今回は人間の髪の毛で効果を検証してみたいと思います。
男性の髪の毛と女性の髪の毛の効果の違いを報告して欲しいとのサロンからの要望もありましたしね。
ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

この作業が終了して周りを見回してみると、地面からぽこぽこたけのこが生えてる、生えてる。ものすごい数です!鍬を手に格闘すること30分ほど。目に汗が入るし、足首は骨折の影響から未だに硬いので鈍痛の手前くらいになりましたが、やってやりました。その数30本!猫車にも乗らないほどの量でした。
もちろん実家では先週大量に掘ったらしいので、これらは大半が御裾分けに相成りました。
それにしても、いい汗かいた!
まさに毛玉
実家の竹林はイノシシの被害がこの時期酷いのです。その対策にと行きつけの美容室から「髪の毛」を頂いて来ました。 これはいろんなお客さんの髪の毛の塊です。茶髪や黒髪が混ざったまさに「毛玉」!
ぽこぽこ
「毛玉」を洗濯ネットに入れてイノシシの頭が通過しそうな高さの枝に結びつけます。竹林のアプローチとなる2ヶ所に設置。 で、足元にはこんな感じに「ぽこぽこ」とたけのこが生えてる生えてる。これはイノシシが見逃したちびっ子。
たけのこの里
汗が目に染みるほど頑張った結果、収穫したのは30本近いたけのこたち。まさに「たけのこの里」。いくつかはすでに大きくなりすぎているので今度行ったら切り倒す必要があります。それに、竹の根があらぬ方向に「走って」仕舞っているのでこれを切る必要もありそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿