2012年5月20日日曜日

Shizuoka-To-Yamanashi 2012

UTMFコーン
UTMFは国内外のトップランナーのためだけの大会にあらず。参加者の多くは大いなるチャレンジに果敢に挑む一般ランナーの皆さん。参加者が絞られている『TJAR』とも、『信越五岳』の110kmともまた違う『特別」な大会。おそらく自身は参加がか叶わない大会です。

さて、今朝アップしましたUTMFリポート、こちらはトップ選手の模様でしたが、自分が所属させていただいているアラジン・トレラン部からも多数のメンバーがUTMFとSTY(Shizuoka-To-Yamanashi)にエントリーされていました。
A9で将悟キャプテンを見送った後、私はすぐさまA8でメンバーの到着を見届けるべく、車を飛ばしました。場所は富士宮市の西富士中学校。本当はスタートの「富士山こどもの国」まで行きたかったのですが、中々旨いことスケジューリングはできないですね。自分がA9「本栖湖キャンプセンター」を出発した時には、既にSTYのランナー達は「こどもの国」を出立していたいました。

さて、A8に私が着いた時には既に会場は大賑わい。
もともとUTMFとSTYの通過点であり、天子ヶ岳〜長者ヶ岳〜毛無山と今回最大の難所と思われる区間直前と云う事もあり、会場には多くのサポーター&応援団が既に集結済み。タイミングよく開いた駐車スペースに車を止め、すぐに会場入りしました。
ここでラッキーなことに、UTMF参加者のひでたろうさんと会場で遭遇。
残念ながら、Y先生には遭遇できず。既に先を行っているとのこと。

ひでたろうさん、今回お腹をやられているとのことでした。やはり今回こうした方が多かったように思えます。流石100マイルレース、連戦の猛者でさえ翻弄されてしまうのかもしれませんね。(ひでたろうさん、無事にフィニッシュお疲れ様でした。)

しばらくすると、トレラン部の皆さんが次々とA8に到着しました。
サクちゃんはUTMF、その他のトレラン部の皆さんはSTY。
どのメンバーもいきいきとした顔でした。本当に楽しくて楽しくてしょうがない、皆そんな表情でした。(さすがにA7〜A8区間の果てしなく続く鉄塔と高度が下がらない「下り坂」は苦痛だったとのことですが…)
が、12時過ぎともなると、富士宮も気温が鰻上り!日差しの照りつけも厳しくなってきて、応援しているだけでも喉が相当乾く。アラジンの海野専務からも一報があり、A8〜A9区間で水2リットルがカラになってしまい、脱水症状のランナーがチラホラ見受けられるとのことでした。
トレラン部のメンバーには河合店長からアナウンス。
やはりUTMF・STY、普通のレースとは訳が違うのですね。

でも、A8に到着する多くのランナーには満開の笑顔。如何にこの体験を楽しんでいるかがわかりました。「参加することに意義がある」という言葉は、どこか後ろめたい感覚になってしまうのですが、今回その言葉がUTMF・STYでは真理なんだなという事がよくわかりました。

今回参加されたランナーの皆さん、本当にお疲れ様でした。
運営の皆様、サポート&応援の皆様も、本当にお疲れ様でした。
そして、アラジン・トレラン部の皆さん、お疲れ様でした。ゆっくりと休んでくださいね。
来年もここで素晴らしいレースが開催されることを祈って。

Postscript:
STYに関して言えば、100%の完走率というアラジン・トレラン部は脅威!が、猛者揃いで有名な我が部でも、UTMFでは残念ながら2名のメンバーがDNF。(Oさん、Hさん、残念でした。)という事は、UTMFの壁が如何に高いかがよくわかります。
でもでも、我ながらすごいところに所属させてもらってるなぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿