2012年6月7日木曜日

「上に天国あれば、下に蘇州、杭州あり」

先月末から4日間中国視察に行って来ました。
行き先は浙江省の杭州市。5年ほど前にも一度行ったことがありますが、だいぶ印象が違う。
幾分か景気の低迷が見受けられるという中国ですが、浙江省、それも特に杭州市は何処吹く風といった感じ。(街中を多くのAudiが走り、中にはLamborghiniまで・・・)
それでいて、哀愁ただよう景観が残る、中国においても珍しい街。通訳さん曰く、此処杭州にも文革の「魔の手」がにじり寄って来ていたそうですが、周恩来氏の一本の電話と、関係者、大学生たちによってこの街の文化財は破壊の憂き目から守られたとのこと。
経済発展著しい中国の中でも、こうした建造物が現存するのは非常に珍しいとのこと。

まぁ、実際はビジネスでしたから、そんなに観光は出来ませんでしたが、いくつかの写真をアップしてみます。
杭州がもっと気軽にいけるところなら、また行ってみたいなぁ。
あ、11月にも行くんだった。(・∀・)

西湖遊覧
翠光亭 雷峰塔
箏 写真左上: 
西湖の「翠光亭」。南宋時代に此処が皇帝専用の船着場になっていたそうです。

写真右上: 

此方も有名な「雷峰塔」。今では国家主席級のVIPしか宿泊できない宿泊施設があるそうです。

写真左下:

地元楽団員の箏演奏者の方が特別に遊覧船に同船して、箏を演奏してくれました。宮廷行事か?!

四川料理(なぜか杭州料理じゃない (^_^;) )
豆腐花 麻辣谗嘴蛙
烏鎮で入ったレストランでごちそうになった「豆腐花」。干しエビとか辣油とか醤油とかを混ぜて食べると、…これ旨い! 「麻辣谗嘴蛙」(カエルの四川風煮込み)!!花椒と唐辛子がたっぷり、でも四川人には大したことないそうで・・・。

烏鎮西柵景区観光
姑娘 理髪店
土産物店に並んでいた子供の人形。中国らしいキャラクターだなぁ。 烏鎮西柵景区には沢山のお店があるんですが、理髪店もあるんだ。
烏鎮西柵景区 烏鎮郵局
烏鎮西柵景区の街並み。どうやら一般の住宅街と言うよりも、繁華街を保存しながら使ってたんでしょうね。 烏鎮の郵便局。烏鎮の街並みはどこまでがオリジナルか判別できないですね。
白蓮塔 窓からの風景
「白蓮塔」とその近くのバー。烏鎮に宿泊する方は、夜此処に屯しているようです。 烏鎮の建物はこうした門が彼方此方に見受けられます。この門が元々どういう役割を担っていたかは全く不明。
氷菓売り 椰汁
中国人が懐かしがる「氷菓売り」。アイスキャンディーは単なる砂糖水らしいです。 中国滞在中にハマったココナッツジュース。四六時中飲んでいた気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿