2012年6月18日月曜日

戌の日のお参り

戌の日の安産祈願 黄色い装束
6月17日、静岡浅間神社に戌の日の安産祈願に行って来ました。 安産祈願のご祈祷を受ける妻は、黄色い装束を身に纏いました。

昨日6月17日に、静岡浅間神社に安産祈願のご祈祷を受けに行って来ました。
金曜日には17週に突入して、悪阻の症状もおさまり、安定期に入っているので、妻の体調も大分落ち着いてきました。
妻のつわりの症状は中程度だったようですが(とは言え、当の本人は産婦人科の先生が「つわり 軽度」と印をつけたことは相当納得できなかった模様で…)、やはり悪阻によって食欲と食生活は不安定に成るものなのですね。幸いなことに、妻の悪阻は「食べ悪阻」で、また夏の最中でもなかったため、しっかり体力と体重は維持できました。

さて、自分自身、これまで安産祈願は妊娠後のどのタイミングでも良いものかと思っていたのですが、今回妻が妊娠したおかげで、一般的に重要視される「戌の日」の存在を識ることとなりました。
一般的に犬(干支では戌)は子沢山で安産であることから、古くから安産の守り神とされてきて、特に「帯祝い」をする妊娠5ヶ月(16週~19週)のタイミングがより良いとされてきたようです。(日本の妊娠月数のカウントが1ヶ月=4週というのに、最初戸惑いましたが…)
帯を巻くのは「岩のように丈夫な子を」と願って「岩田帯(斎肌帯~いはだおび)」を巻くという験担ぎが有るようですが、妊婦さんのお腹の保護が元々の目的のようです。
まぁ、こうした部分(安産祈願のタイミング、腹帯購入)は必ずしも守らなければならないわけではないですが、やはり担げる験は担ぎましょう。母子ともに無事に出産を迎えて欲しいですから。


今回我々は、富士本宮浅間大社の祭神・木花之佐久夜毘売命(このはなさくやひめのみこと)にお参りすべく、静岡浅間神社(別名「冨士新宮」)に行って来ました。義父曰く、木花咲耶姫は関東一円の「女の子の守り神」として崇められてきたため(富士山がご身体でもあります)、安産祈願には此処が良いだろうとのことでした。(実は、今回の我々のお参り以前に、義父は既に浅間大社の方にお参りに行って下さってたとのことでした。有難うございます。)
安産祈願には、私の両親祖母と、そして妻のお父さんも駆けつけてくれました。(今回、義母さんはあまりの多忙さに欠席となりました。)


我々のお参りとともに参加したのは初宮参り4人の赤ちゃんたちと彼・彼女らのご両親達。
聞いたこともない鼓の音に泣き始める子がいれば、それに釣られて泣く子もい、我関せずと静かな子もいて。ただ、どの子も両親達の愛情を一心に受けてこの場に参加していることは皆同じ。
そして自分たちの間に来てくれた小さな命も、そして自分たち自身も、彼ら同様両親たちの愛情を一身に受けてこの場にいるということを改めて感じさせて貰いました。

妻のお腹に宿った小さな命も、そして妻自身も、難なく無事に出産の日を迎えられます様に。
戌の腹帯
ご祈祷後に頂いたのは、お守りとお菓子と、安産御腹帯(戌の腹帯、別費用)。妻は既に妊婦用の骨盤矯正ベルトをしていますので、この腹帯は験担ぎといったところでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿