2012年7月30日月曜日

LC-20EX-1逝く!

以前ブログでも取り上げていた我が家のテレビ『LC-20EX-1』が、遂に先日の引越しの際に逝きました。享年6歳でした。(自分自身、もっと長い付き合いだと思ってましたが・・・)
原因は、先週末にかけて行なっていた引越しの際の衝撃。
この子は業者さんではなく、自ら車で運んできたのですが、どうやら車内での移動中、若しくは新居搬入中に何らかの衝撃が本体に加わったのが原因のようです。(全くどこでの事なのかはわからず・・・)ただ不思議な事に、LCDの破損は内部から。外傷は全くなし。画面右上にインパクトの後があり、LCDの蜘蛛の巣割れが確認でき、またそこから左下方に扇状の罅が確認できるので、上記蜘蛛の巣割れ部分に内部から強い力がかかったものと思われます。
実際に電源をONにしてみると、左上角から全体の70%くらいにかけて全く映像が映らず、左下方にグリーンだけ線状に表示される個所あり。右下角から30%程の画像出力機能には問題なし。音声出力等の問題もなし。
でも、ここまで来ると、さすがにお手上げです。恐らく、LCDを交換していただくのも、それなりの値段になってしまうことが予測されます。

ある意味こうなってしまったので、感謝して手放すことにしました。
今までありがとう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

とは言え、テレビを全く見ない生活というのもどうも味気ない。(前に比べると、見る番組は完全に固定化されていますが・・・・)と言う事で、昨日新たなテレビを探しに行って来ました。
静岡市で家電を買うと言ったら、コジマがメイン。
ここでコレまで活躍してくれていた 『LC-20EX-1』 を引き取ってもらい、2階のテレビコーナーへ。
新たに購入するなら32型がベストではないかということで(37~32型のラインナップが幅広いので)、このサイズ帯で店内を物色。当初はHDD内蔵型を見ていたのですが、高い。コスト的にどうかという値段。(比較的お手頃価格の内蔵型(スロットインタイプ)の『Woo』もあったのですが、GUIの動作がイライラする程モッサリしていて、さらにHitachi自身がTVの自社生産事業からの撤退を表明しているので、検討対象からは切り捨て。)
が、ちょうど店頭でキャンペーンをしていた「『Panasonic Viera TH-L32X5』&USB接続ポータブルHDD『LaCie LCH-RK500UTV2』」のセット販売が5万円弱だったので、即コレにすることにしました。
「Viera」のGUI&番組表/検索機能はサクサク作動するし、「LaCie」の容量も500GB位あれば当面十分。いざ足りなくなったら、LaCieの2.5HDDを交換して大容量にすればいいしね。

早速帰宅して、セッティング。チャンネル設定、「LaCie」フォーマット&「AQUOSデッキ」の接続に20分弱。画質も音質も前に比べると格段に綺麗だし、番組表も見やすい。そして何よりも画面が大きくて、総重量も軽い。この数年で、かなりTVは進化しているんですね。
それに使うかどうかはわからないけど、VODサービスの『acTVila』や『TSUTAYA TV』にも対応。(ちなみに「VOD事業」って、ハリウッド扱ったら元全然取れないんだけど、大丈夫なのかな?)

今度は、前の子よりもさらに長く使い続けていきたいですね。
破壊されたLC-20EX-1 ドナドナ
2006年製『AQUOS LC-20EX-1』が、遂に昇天。死因はLCDの内部破損でした。実際に映像を流している状態ですが、左上70%ほどが完全にアウト。全く映らなくなりました。 残念ながら『LC-20EX-1』とはお別れです。当時10万弱で購入した20型ですが、ここまでよくぞ頑張ってくれました。本当にありがとう。。・゚・(ノ∀`)・゚・。
オリンピックロゴ入り Panasonic Viera TH-L32X5
そして、我が家に新しく嫁入りした『VIERA TH-L32X5』。コレにELECOMのポータブルHDD 『LaCie LCH-RK500UTV2』をUSB接続します。 セッティングはHDDユニットフォーマットも含めて20分弱。32型、「IPS LEDαパネル」になったことで、画質はかなり綺麗に。「Lacie」の使い勝手も上々。

2012年7月27日金曜日

Panasonic CAOS blue battery N-55B19L/CA

さて、先日オイル交換の際にSA静岡中原の整備士の方に指摘されていたとおり、日々バッテリーが弱っていくのが感じられたので、早速バッテリーを購入しました。

前から載せてみたかった『Panasonic CAOS N-55B19L(CA)』をネット購入。この商品は店頭販売では1万円程ですが、見つけたお店(「ホームセンター7」)では5,700円と4,000円以上もお得。今回は同時にカーバッテリー寿命診断ユニット『LifeWINK』も購入したのですが、2つでも7,000円弱。
それに、バッテリー交換なんかはDIYで十分なので、整備手数料もただ。かなりお得です。

作業は至って簡単なので飛ばしますが、大容量バッテリーによる電圧維持の安定化は覿面ですね。特にオーディオに違いがすぐ現れます。
また、充電回復性能が高いため、燃費向上にも役立つとか。

まぁ、謳い文句の部分も若干はあるでしょうが、コレまで使ってた『PitWork』のバッテリー(劣化済み)より十二分以上の安心感を得ることができているのは、確かです。
Panasonic CAOS N-55B19L(CA) LifeWINK
以前から載せてみたかった『Panasonic CAOS N-55B19L/CA』を今回のタイミングで購入。店頭価格よりも4,000円近く安く手に入れられました。それに整備手数料もただ。( ゚∀゚)アハハ それに併せてバッテリー寿命診断ユニット『LifeWINK』も購入。コレを使ってCAOSをカラになるまで使います。と言っても、マーチが動ける限界直前までですが。
Before タイトル
コレまで載せていた『PitWork』。正面にでかでかと赤文字で「H19.10.XX」と記載されており、もう寿命がいつ来てもおかしくなかった状態です。 で、Blue Batteryを載せてみたところ、電源が安定して、オーディオの音質も普通に聞いても向上しているのが分かるほど。バッテリーは重要です。

2012年7月24日火曜日

ピットイン

先々週あたりから、愛車マーチが妙な音をさせるようになっていました。カラカラという打音。エンジンの回転数が上がるたびに打音の頻度が上がり、アクセルを離すと音が止まる。この音、特に先週の木曜日に耳につくようになって、コレはと思い調べてみると(参考にどうぞ「Car maintenance DIY9」)心当たりが。
そう、エンジンオイルの劣化です。
よくよく考えてみると、前回の車検時からオイル交換していない。忙しさにかまけて、しっかりケアができていなかった。。・゚・(ノ∀`)・゚・。

このまま走り続けるのは、エンジンにダメージがいってしまう恐れがあるので、緊急ピットインです。何時もオイル交換に行くのは『SA静岡中原』。前回車検時に交換して頂いたときは、どのオイルかわかりませんが、自分としてはelfが良いので、「ECO-II(5W30 SM)」をチョイス。鉱物油っていうところが気になりますが、前回入れた全合成の「エクセリウムIS(5W-30 SM)」の1リットル缶が無かったので、断念。(4リットル缶だと、2.7リットルしか入らないマーチでは、余りが出てしまって、家で保管せねばならなくなるので…)
それから、今回はカム打音が出てしまったので、フラッシングオイルの添加もお願いしました。オイル交換の期間が開いてしまったので、もしかしたらスラッジとか溜まっているかもしれませんからね。(フラッシングオイル添加するのは、中古でこの子を購入して以来かなぁ。)


で、この時バッテリー点検とかして頂いたんですが、さすがにもう寿命ということで、近々昇天するでしょうとのこと。それもそうだ、騙し騙し使ってたからね。( ゚∀゚)アハハ エンジンスタート時に粘るときもあったから、いい交換時期かも。
早速ネットでバッテリーをポチッと注文。コレは届き次第DIYでメンテですね。


ケアをサボってごめんよ~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
ピットイン
忙しさにかまけていたら、エンジンからカラからする音が…。音からしてカム打音、と言うことは、エンジンオイル劣化…。そう言えば、車検からこっちオイル交換していなかった(;´Д`)…と言う事で、緊急でピットインです。

2012年7月20日金曜日

アカチャンホンポ

このところブログアップしていませんでしたね。
妻も安定期を迎え、徐々にお腹も大きくなってきています。
我々が「あーちゃん」と呼んでいるbebeも、今ではバービー人形ほどの大きさとのこと。あーちゃんの日々の成長を妻のお腹大きさとあーちゃんの動きで感じている今日この頃です。

さて、もう妊娠も22週目に突入し、そろそろ色々と買い揃えるのにいい時期になりました。妻にとって初めての出産になるので、これまでもコツコツとマタニティ服等は購入していたのですが、ベビー用品は今回初。
実際に何を買っていいのか、そもそもほんとうに必要な物と数はどの位のものなのか全く謎です。ネットで情報収集して、『アカチャンホンポ』の「出産準備用品リスト」っていうページに辿りつたんですが、ここにあるPDFが結構役にたつのです。
が、「これ全部買うの?」と言うボリューム。

そこで、今回アロマ仲間の「Uさん」にアドバイスを頂きながらベビー用品のショッピングをすることに。場所は浜松の『アカチャンホンポ』宮竹店。
なぜか、静岡県内の『アカチャンホンポ』はここと『ららぽーと磐田』にしか無いんですよね。地元・静岡市にも『西松屋』、『Babies"R"Us』があるのですが、『ホンポ』はない。で、『西松屋』が微妙な感じだったので(ヤル気が感じられないというか・・・)、浜松まで遠征です。

はっきり言って、ショッピング中誰よりもテンションが高かったと思います。特にベビー服のコーナーで。
一応前回の健診で「女の子らしい」と言うことが分かったので(確定ではないですが…)、どんな服が良いだろうとあっちo(゚Д゚ = ゚Д゚)o キョロキョロな状態。
今、ベビー服や子供服って、本当に充実してるんですねぇ。
あーちゃんには何がいいかを想像しながらあれやこれやと買い物カゴに。( ゚∀゚)アハハ

その上、Uさんに肌着などのお下がりを頂いちゃいました。ありがとうございます。
先輩に色々アドバイスを頂いた結果、「本当に必要なモノと枚数」は、「出産準備用品リスト」に掲載されている品目と数までは必要ない事が分かったので、ちょっと一安心。(結構あるので…)
短肌着や長肌着は後日別途購入しましたが、購入した物と頂いたもので十分間に合う感じです。
後は、ベビーカーやチャイルドシートとか、高価商品の入手かな。
色々と、また調べて置かないとな。

そうそう、ショッピングの最中、Uさんの娘ちゃん(7ヶ月くらいだったかな?)が同行してたんですけど、彼女の満面の笑みで私めはメロメロ状態でした。
あーちゃんが産まれたら、これ以上にメロメロなんだろうなぁ。
ready for the baby
先週の日曜日、浜松・宮竹の『アカチャンホンポ』に行って来ました。当初は『ららぽーと磐田』の『ホンポ』に行こうと言っていたのですが、ちょうど3連休の中日。それに、今回はアロマ仲間のUさんからお下がりを頂けることになったので、浜松まで行って来ました。
little birdy red and blue stars
思わず一目惚れをしてしまった「ドレスオール」。胸元にはピンクの小鳥があしらわれているのがポイントです。 此方は妻チョイスの「2wayコンビ」。女の子でも男の子でも大丈夫なように青と赤の星が散りばめられてます。

2012年7月3日火曜日

蓼科の休日〜パンとハーブと〜

さて、蓼科2日目の早朝、十分八子ヶ峰トレランを満喫したので、ホテルで温泉に入って汗を流すことに。
リゾートホテル蓼科』さんで温泉に浸かり(大浴場独り占め!)、筋トレ&トルマリン風呂+バラ風呂の「セット」なんかしてリフレッシュした後に、ホテル7階のレストランで朝食を頂きました。オムレツ(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!それにペスカの我々に「キャベツのポタージュ」をご用意して下さったんですが、これも(゚д゚)ウマー!!
此方のホテルは、ネットで事前の評価を参考に予約させて頂いたんですが、高評価の理由がよくわかります。兎に角サービスが( ・∀・)イイ!!。 昨年経営体制も変わり(ネパール人実業家が新オーナーさんになったそうです)、ホテル名も今年4月に『アートランドホテル蓼科』から改名して間もないようですが、様々なところで努力されている様子が伺えて、非常に好い印象を受けました。
お料理も美味しいし、ペスカタリアンの我々夫婦にも気を使って頂けたのも、花マルでした。
1泊2日、あっという間に過ぎてしまった感があります。
もう少し滞在していたかったなぁ。(´・ω・`)

Herbal Note Simples
「八ヶ岳鉢巻道路」を一本入った住宅街にあるパン屋さん『ベルグ』。南諏訪ICから蓼科に向かったことがある人なら思い当たる「掘っ立て小屋」のパン屋さん。その本店がここ。 以前もきたことがありますが、ハーブ専門店の『ハーバルノート・シンプルズ』にハーブティーを購入しに来ました。駐車場は満車!若い親子連れやカップルが既に来店中でした。

さて、2日目の目的地は2つ。パン屋さんの『ベルグ』と『ハーバルノート・シンプルズ
『ベルグ』 は「八ヶ岳鉢巻道路」を一本入ったところにある店、そして『ハーバルノート』は「三井の森」にあるハーブ屋さん(此方は前回も来てますね)。

『ベルグ』さん(「食べログ」ページはこちら)は、南諏訪ICから蓼科に向かわれた方は一度は目にしたことがあるはず、「八ヶ岳エコーライン」に突如として現れる「掘っ立て小屋」と「パン」ののぼり旗。度々バイカー&ドライバーが立ち寄っている姿を目撃されていますが、此処のパンは大変美味しいのです。
今回行ったのは、その本店、此処でパンが焼かれているのです(お店の場所はこちら)。
「八ヶ岳鉢巻道路」をちょっと入ったところなので、分かりにくかな?上の地図を参考に行ってみてください。
さて、やはり「出張所」には収まり切らない量のパンが売られています。(「出張所」では売り切れになってしまうことが多々ありますからね)
今回我々が買わせて頂いたのは、「クロワッサン」、「メープルデニッシュ」、「ルバーブデニッシュ」、「バタール」、「クラッシックバゲット」、「信濃の食パン(長野県産全粒粉)」でした。
デニッシュ系はどれも安定した美味しさですが、今回初挑戦の「バタール」と「クロワッサン」、特にクロワッサンは絶品。カリカリとモチモチのバランスが最高!
「信濃の食パン」はしっかりした食感で、1枚で十分な食べごたえの美味しい食パンです。
店内にはシュトレン(ミニもあり)や、定番のあんぱん系もありましたが、今回は購入見送りです。(二人で食べきれません!!(∀`*ゞ)エヘヘ)

もう一箇所は定番の『ハーバルノート・シンプルズ』(地図はこちら)。
相変わらず建物は古めかしい木造ですが、活気は以前以上にあるのがわかりました。土曜のお昼前には駐車場が満車。実際にお店に行ってみても若いカップルや親子連れが次々と店から出てきました。(まぁ、もともと小さいお店ではあるので、人数的にはそんな収容できませんが。)
此処に来ると、店先でお茶のサービスがあるのですが、今回は「青楓」と言うハーバルブレンド紅茶。 (ネット通販もされているそうです。"Daisy Planet") 夏向きのさっぱりした紅茶でした。
此処で妻はハーブティーを購入。
「リラックス」と「Bébé(ベベ)」。「リラックス」は前にも飲んだことがあり、大変美味しかったのですが、「Bébé(ベベ)」もまたおいしいハーブティー。赤ちゃんにも飲ませられるハーブティーなので、妊婦さんにもOK。

此処で蓼科でのスケジュールは終了、あっという間の1泊2日でした。
次に来るときは、3泊4日位してみたいなぁ。


p.s. そう言えば、八子ヶ峰トレランの帰りに見つけたビーナスラインのホテル「ホテル・ハイジ」の看板が印象的だったので、撮ってみました。なんだか可愛らしかったので。
(そう言えば、滞在先のホテルの写真とってないや・・・(;´Д`))
ホテル・ハイジ看板
ホテル・ハイジ」の看板。ちなみにこのホテルは「ホテル・ハイジ」と「レストラン・クララ」と直球勝負のホテル名でした。まぁ、ビーナスラインのこの標高ですから、それもありでしょう。

2012年7月2日月曜日

八子ヶ峰トレイルランニング

蓼科に来てやってみたかったこと、それはトレイルランニング。これまで何度となく来て入るのですが、アタックするチャンスがなかったので、これが初めての八ヶ岳トレラン。
ルートは蓼科湖から往復で3時間弱で行ける場所(あくまでも夫婦での旅行がメインなので、それ前後のスケジュールに響くようなランはできませんから)、となると現実的なところは八子ヶ峰(やしがみね)。ちょうどいい事に、蓼科湖~八子ヶ峰は『八ヶ岳山麓スーパートレイル』のルートの一つに入っていて(「エリア01 白樺湖~八子ヶ峰~蓼科湖」)、『東急トレッキングコース』の説明では5~6時間のルートとのこと。「蓼科湖~八子ヶ峰」のピストンなら3時間弱で行けそう。

そんなこんなで、宿泊中の『リゾートホテル蓼科』を5時20分ほどに出発。ビーナスライン沿いを登り続けると、10分弱で鹿山村の入口に到着。ここからスーパートレイルに向かうのですが、此処が少々面倒。鹿山村は別荘地になっているんですが、此処のルートが分かり辛い。案内板は不明瞭なので、事前にしっかり下調べが必要です。自分の場合、別荘地地図を見ても迷ってしまい、一番標高が高い地点から、一旦トレイルで下り、スーパートレイル合流点まで降りるという20分ほどの遠回りしてしまいました。( ゚∀゚)アハハ
東急トレッキングルート登り口
八ヶ岳山麓スーパートレイル』の「白樺湖〜八子ヶ峰〜蓼科湖」ルートの蓼科湖側は、ビーナスラインのここから入ります。ただ、鹿山村別荘地内は迷います、気をつけて。 鹿山村からのスーパートレイル合流地点は、こんな感じ。こちらから入る方は比較的少ないのかな?トレイルが分からなくはないけど、そんなに頻繁に使われていない模様。

さて、「ヒュッテ・アルビレオ」まではとにかく登ります。ホテルが1,250mくらいで、ヒュッテが1,864mですから、600m位ひたすら登ります(寧ろ、「ホテル~スーパートレイル合流地点」が一番キツイかも(゚∀゚ ))。途中フレッシュな獣の糞を5つほど発見、そのうち2つは確実に大型動物のものだったので、ちょっとヒヤヒヤものでしたが、森の中も十分日が射していたし、熊鈴を鳴らしまくってたので問題なし。
6時40分にはヒュッテ・アルビレオに到着。シューズは朝露でびしょびしょになりましたが、山頂を独り占めできた上に、あたりは一面快晴!周辺の山々が雲海から頭を出してくれていたおかげで、はっきりと拝むことがが出来ました。
背中には蓼科山。今度は此方にも登ってみたいですが、2,530mとなるとかなりのものですから、その時は一日必要になりそうですね。でも、いつかは走ってみたい山ですね。
ヒュッテ・アルビレオ
ヒュッテ・アルビレオにはなんだかんだ迷って1時間10分ほどで到着。ここに到着したのは6時40分でしたが、ここから10分程度はガスもなく、視界は360°開けていました。 ヒュッテ・アルビレオの赤い屋根が青い空に映えます。周りの山々も雲海から頭を出してくれていて、ここまで辿りた着いた会があります。それも八子ヶ峰を独り占め!
蓼科山
ヒュッテ・アルビレオの背中には蓼科山がどんと構えています。蓼科山へのルートがヒュッテの東側50メートルくらいのところにありますが、今回は時間と用意の都合から、こちらには向かいませんでした。一度、行ってみたいですけどね。

ヒュッテと東峰はレンゲツツジが見頃を迎えていて、早朝の朝日にその鮮やかな姿を見せてくれました。
来てよかった!!
八子ヶ峰東峰
八子ヶ峰には人っ子一人おらず、まさに山頂を独り占め。丁度太陽もいい感じに上がってきていて、温かい中を東峰に向けて走ります。
レンゲツツジ
東峰山頂はこんな感じ。まぁ、そんなもんか。レンゲツツジがちょうど見頃を迎えていました。

さて、そこから、今度は西峰に向かいます。
…が、あとで気が付いたことなのですが、どうやら自分が到着したのは中峰。Σ(゚д゚lll)ガーン 八子ヶ峰西峰はもう少し走った先だったようです…。が、今回は中峰でのピストンで正解だったかも。
というのは、中峰から戻り始めた頃にはあたりはガスり始めてきて、東峰に戻ってきた時には辺り一面真っ白。西峰に到着しても、全く景色は見えなかったでしょうね。
それに何よりも、時間の制限(8時までに戻り、温泉に入り、9時半までに朝食を食べ終えると言うスケージュール)があったので、あそこで折り返さなければ、朝食すら食べることが出来ない残念なコトになるところでした。
部屋には7時40分に到着。復路はとにかく駆け下りました。往路で迷いまくった鹿山村も、今回はとにかく高度を下げることだけを考えればよかったので、迷わず降りてくることが出来ました。

次に来るときは、確実に西峰にも登頂しないと。まぁ、楽しみがまた増えたということで、良しとしましょう。
八子ヶ峰中峰からの眺め
そして、八子ヶ峰の中峰に到着。少しずつガスって来ましたが、それでも周りの山々を見渡すことができました。今度来たときは、こちら側から白樺湖に降り、別ルートで周回してみたいと思います。

2012年7月1日日曜日

蓼科の休日〜メルヘン街道〜

妻も安定期に入ったこともあり、ここ1年で旅行が二度ほど流れてしまったこともあり、真っ先に二人が選んだ旅行先は、やっぱり蓼科でした。

金曜日の午前9時半頃自宅を出て、新静岡IC〜新富士IC〜朝霧〜精進湖〜甲府南IC〜諏訪南ICを経て蓼科入り。新東名がスムーズだったので、休憩を入れても午後1時半にはメルヘン街道に到着。
真っ先に向かったのは『蓼科そばメルヘン』でした。
何度と来ているこのお店、天気もいいし、気分はそばだったので、ここをチョイスしました。(直前まで『オムライスとパスタの店 Hiko』さんにするかどうか迷いましたが、ここで大正解!)
自分は「天ぷらざるそば」、妻は「山の幸そば」を注文し、それぞれシェアすることに。
やっぱりここのそばは旨い!
「天ぷらざるそば」には人参、おくら、海老、クレソン、しめじ、人参、ピーマン、ナスなどなど、季節のお野菜が盛り沢山。「山の幸そば」はわさびマヨネーズとお出汁が相変わらずいい味でした。
山の幸そば
午後1時半頃に蓼科入りし、昼食は『蓼科そばメルヘン』で。私は今回は「天ぷらざるそば」を頂くことに。 一方、妻は定番の「山の幸そば」を頂きました。冷たいかけそばなわけですが、お出汁が一味違う。

で、「蓼科そばメルヘン』でお蕎麦を堪能した後、妻の友達へのおみやげ探しに同じメルヘン街道沿いの『バラクライングリッシュガーデン』に行って来ました。
本当はギフトショップだけに入れればいいと考えていたのですが、残念ながら入園料を払わずに入ることはできないことが発覚。
普通は其処で「どうしようか?」となるのですが、今回はチョット違いました。
なにせ、今はバラの見頃のシーズン。園内では「クラッシックローズウィーク」の真っ最中で、来場客も物凄い。せっかくなので入園して、お土産選びをすることに。

入ってみたら沢山の入園者がいたわけですが、皆さんの顔からは笑顔が溢れていました。ここを監修していらっしゃるケイ山田さんもおっしゃっているんですが、「今年のバラは過去最高」の咲き具合。バラのアーチはもちろん、園内の各所に様々な品種のバラが咲き誇り、バラの幸せな香りが当たりを埋め尽くしていました。
丁度この日は「バラ色の暮し40周年記念 オペラミニコンサート&トークショー」と銘打って、ベルばら40周年記念のイベントが開催され、ベルばらの作者・池田理代子さんが来場されていたようで、更に園内は盛り上がっていました。
我々夫婦はと言うと、それよりも何よりも『バラクラ・カフェ』の「バラソフトクリーム」のあまりの美味しさにテンションは鰻上り。それ以前に、園内のバラを撮影したり、自分たちを撮影してもらったりで、既にこの時点でかなりテンションが高かったのですが…。

このテンションの高さは、静岡に帰ってくるまで続くことになりました。
バラクライングリッシュガーデン
妻の友達のためにおみやげを、と立ち寄った『バラクライングリッシュガーデン』。丁度バラの見頃で、園内は大賑わいでした。写真を撮るのも順番待ち。
バラソフトクリーム
前日まで天気が不安定だという予報の蓼科でしたが、そんな予想を吹き飛ばすような青空。そして満開のバラが其処彼処を彩っていました。 何度もここに来ていますが、初めて食べたバラソフトクリーム。ものすごい美味しい!入園しないと食べれないのが残念!