2012年10月29日月曜日

5 ° Anniversario di Matrimonio

去る日曜日は我々夫婦の結婚式記念日、ちょうど5年前のこの日に式を挙げさせていただきました。台風一過のものすごく晴天の中、皆さんにお祝いいただいて早5年。
そして今年は出産の前祝いもかねて、いるのかな?北街道沿いの『オステリア・イル・カスターニョ』にランチに行ってきました。
何かと記念日で利用させていただいているこのお店、お店のスタッフ全員でイタリアに修行に行ったりする熱心さで、お料理の味はピカイチです。そうしたことが口コミで広がっているのか、12時に予約させていただいたのですが、すでにほぼ満席でした。

事前に自分たちがペスカタリアンで記念日の利用と言うことでお伝えしていましたので、アンティパスティもペスカタリアン。カボチャのマリネ、ニンジンのサラダ…。
メインディッシュは4種類、私たちは「ゴルゴンゾーラのタリアテッレ」と「鯛のラグーとトマトのオラキエッテとマッケローニ」をチョイス。(オラキエッテは耳たぶ型、マッケローニはマカロニの起源のようです。)
どちらも自家製生麺で絶品だし、ソースも言うことなし。どちらにも丁寧さと愛情がこもってました。
tagliatelle al gorgonzola
本当に久しぶりに訪れた『オステリア・イル・カスターニョ(osteria il castagno)』、お昼ちょうどの予約でしたが、すでにお店はほぼ満席。こちらはアンティパスティ。 こちらはスタンダードな「ゴルゴンゾーラのタリアテッレ」。自家製パスタに絶妙なゴルゴンゾーラのソースがすてきな組み合わせ。男性には、ちょっと少ないかも…。
amarettus e pabassinas - Dolce Sardo
こちらがもう一つのメイン「鯛のラグーとトマトのオラキエッテとマッケローニ」。オラキエッテが耳たぶ型のパスタで、マッケローニがマカロニの起源。 で、これが一番の衝撃。イタリア・サルディーニャ島の郷土菓子、アマレッタス(手前)とパバッシナス(奥)。どちらもそうそうお目にかかることができない焼き菓子です。

そして締めにはこのデザート。「結婚式記念日」のメッセージ付きです。こういう心遣いも暖かい。
記念日だけでなく、もっと足繁く通いたい、そんなお店です。
そうそう、イル・カスターニョさんのブログ『巴町の大きな栗の木の下で』、一度見てみてください。その良さが垣間見えると思います。
Anniversario di Matorimonio
そして〆のデザートにこちらを出してくれました。「結婚式記念日」のメッセージ付きのデザートです。リンゴのチーズケーキ、メロンのソルベなど美味しすぎます!(^¬^*)

P.S. ここのもう一つのお勧めはイタリアの郷土菓子です。カウンター席の上に瓶が並べてあるのですが、コーヒーや紅茶のお供に最適な、そして日本では滅多に味わえないイタリアの地方菓子がお手頃なお値段で売られています。これを買いにだけでも行きたいぐらいです。(^¬^*)

2012年10月28日日曜日

HDR-CX270V

さて、我が家にももうすぐ娘がやってくるのですが、お出迎えするために色々と購入中。今回は予てから色々調べていたビデオカメラ。
購入したのは、ソニーのハンディカム『HDR-CX270V』、今CMでもよく流れているやつですね。
実際、いろんなメーカーのいろんなビデオカメラを試してみたんですが、結局これ一択でした。その決め手は、手ぶれ補正が自然で動く子供を追うのに適していること、撮影映像のカラーバランス、55倍ズーム、そして総合的なコストパフォーマンスです。
リモコン付き三脚を一緒に買っても4万円切る上、妻にも扱いやすいこと(重さと操作メニュー)がその後押しをしました。

一昔前はあれほど重かったビデオカメラ、今ではこんなに軽いものでFull HD撮れるんですねぇ。(´∀`;) これから色々と撮るのが楽しみです。((o(´∀`)o))ワクワク
サイズ比較
娘がもうすぐ生まれると言うことで、我が家もビデオカメラを購入。テレビでもよくCMが流れているソニーのハンディカム『HDR-CX270V』が我が家にやってきました。 身近なものでサイズ比較をしてみると、リモコンマウスより少々大きいくらい。重さは、iPhon4S二つ分くらい?最初に持ったときは、おもちゃかと思いましたよ。

2012年10月23日火曜日

車内クリーニング

さて、妻も妊娠36週にもうすぐ突入、つまりもうすぐBébéが我が家にもやってくるわけで。
となると、色々とクリーニングの必要があります。
車も忘れがちですが、これって結構重要です。
検診でたびたび利用することになりますし、車内環境を整えるないと。
エアコンフィルター交換、エアコンクリーニングは難易度が低いので、後日やるとして、まずは一番面倒な車内クリーニングを。
それも、徹底的にやります。

そう、シートを外してクリーニング。
通常だと、シートとかダッシュボード、メーター廻りとかはクリーニングしますが、ここは購入してから一度も手を入れてません。なので、結構ゴミがたまっています。(というか、中古で買った時点で、どれだけクリーニングされていたかは疑問ですが…(;´∀`))
トルクレンチでボルトを外し(助手席の後部座席側のボルトが堅いのなんの)、シートをずらしながら掃除機で吸引です。これだけでずいぶん綺麗になります。
シート交換できたら面白かったんですが、あいにくそんなものを買う予算はなく ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、

作業は正味30分くらいかな?
作業自体は簡単だけど、手間がかかるのでなかなかやらないんですよね~。
後は、エアコンクリーニングとフィルター交換ですね。
予定日がちょうど1ヶ月後なので、今週末にも作業しようっと。
カプラー外し
前部座席のシートはカバーを外して14番ボルトをトルクレンチで取り外します。助手席の後部座席外側が偉く堅かった…(;´Д`) 運転席座席下面のカプラーを念のために外します。シートを取っ換えの際には、もう一つのカプラーも外し、結束バンドも切り取ります。
前部カバー比較
シートを外してみると、シートとセンターコンソールの間にゴミがたまってました。(;´Д`) いやぁ、クリーニングは大切ですね。 前部のボルト部カバーを比較。長い方が内側です。後部のカバーは真ん中の下ベラがついていないので、間違えないように。

2012年10月20日土曜日

アロマセラピー ディプロマ試験

さて、このところ久しくブログアップしてきませんでしたね。
どうやらこういう時期が年に何回かあるようなのですが、今回はちゃんとした理由があります。
(ブログネタはいくつかあるんですが、ブログアップよりも何よりも、やらねばならないことが山積みで、ブログに時間を割けていなかったという状況でした。)
その理由の一つがアロマセラピーのディプロマ試験でした。

アロマセラピーにも色々なスクールがあるのですが、そのうちのホリスティック・アロマセラピーの協会で学ばせて頂いています。もう、かれこれ7年ほどでしょうか?が、なかなか最終のディプロマ試験まで辿り着く事ができず、ここまでの年月を要しました。
アロマセラピーって、単純に精油の名前と効能とかを覚えれば良いというものではなく(他のスクールはどうか存じ上げませんが…)、セラピストとしての心構えとか、自分自身のメンタルケアの部分が非常に重要で、ディプロマ試験を受けられる領域に達するまで、様々な経験を積まなければならなくて。
特に、男性はこの部分に時間がかかるようです。
私もご多分に漏れずと言いましょうか…。(;´∀`)

自分の場合、特に「サロンを開設して、クライアントさんに施術を」というつもりはなく、あくまでも身近な家族対象なのですが、今回ディプロマ試験を受験させていただくことになりました。(一番大きな理由は、「妊娠後期の妻への施術のため」ですね。妊娠していなくても、妻のケアは重要です。)
その試験に向けて、怒濤の猛勉強が始まりました。
何度も先生に施術の特訓をしていただき、クラスメートさんと精油の効能とか色々復習しました。卒業試験も、2度の追試を経て、何とかディプロマ試験への挑戦権を頂きました。
アロマセラピーを学び始めて7年越しに、ディプロマ試験を受けさせていただけることになりました。
緊張はしましたが、追試覚悟で臨みました(先ず、追試が当たり前なほどディプロマ試験は難しいので…)。
が、サプライズの一発合格を頂きました!一緒に挑んだクラスメートさんも一発合格でした。状況が把握できなくて、一瞬思考停止になるって、ああいう状況なんですね。先生とクラスメートさんと三人でお互いの顔を見合わせてしまいました。('∀`)

本当に感謝の一言に尽きます。
ここまで来るのに、本当にたくさんの方々のご協力とご指導があってこそでしたので。
最後に、自分を褒めてやりたいと。

が、資格保持者になっても、学ぶこと、やらなければならないことはまだまだ多い。
寧ろここからが本番です。
11月には待望の第一子の出産。母子ともにここからいっそうケアが必要な時期になりますので、アロマセラピストとしては責任重大です。
仕事もアロマセラピーも、しっかり両立していかないと。

記念撮影
今月の初旬にアロマセラピーのディプロマ試験を受けさせて頂きました。結果は、驚きの一発合格。記念に代表のH先生と記念撮影して頂きました。本当にありがとうございます。