2012年12月20日木曜日

プラスチック協奏曲

妻の妊娠を機に、趣味の一つのプラモデル作りは自粛していました。
何せ接着剤やシンナーなどの匂いが強烈ですし、リューターなんかを利用すればプラスチックのクズがあたりに飛び散りますので(もちろん綺麗好きの私は、最大限の配慮と対策は講じますが・・・)、決して妊婦さんには優しくななぁと。
でも、そもそも工作好きの自分には、何かの作業に没頭する時間って結構大事。
今後子育てが忙しくなるので、触っている暇はますますなくなるのは必至ですが、でもやっぱりプラモデルを作りたい。

RGザクの「グフカス化」は、完全に止まってますし、再開するのはいつになるのかははっきり言ってわかりません。が、そんな状況とは別に、欲しいキットは日々増えます。
今欲しい物はいくつかあるのですが、これまでガンプラ一辺倒だった私も、いろんなジャンルのものを作ってみたいという欲望が出てきました。

そしてつい最近、あるプラモデルを30年越しに入手しました。
『Dr.スランプアラレちゃん』の作中に出てきていた『んちゃバン』です。
当時自分は小学校低学年で、地元・静岡の「新静岡センター」に入っていたおもちゃ屋さんで見かけたキットなのですが、小学校低学年だった私に、当時700円した物は手が届くわけもなく・・・。
その後20年以上して、いろいろなお店を探したりしたんですが、やっぱり店頭にはないし、オンラインで中古キットを取り扱っているお店でもなかなか見かけなかったのです。
が、ヤフオクで見つけて、落札させていただきました。
届いた時の喜びって、半端無かったです。

で、この『んちゃバン』、シトロエンの『H(アッシュ)バン』がベースになっていて、車長を半分位ぶった切って、スライドで中が見れるようにしたキット。作りは・・・もちろん荒いです。ァ'`,、('∀`) そりゃそうですよね、30年以上前のキットですから。
キャラクターの造形も、結構クォリティが・・・(;´∀`)
でも、このキットのユニークな店は、『Hバン』が唯一(ディフォルメ&改変されてますが)キット化されているという点。ないんですよね、こういう車のプラモデル。それだけでも、価値があると思っています。(軍用車両、民生用スポーツカーはタミヤさんとかアオシマさんがリリースしてますけど、民生の業務用車両は日の目を見ないので・・・)
作るとするなら、スライド伸縮機能を排除して、中身も他のキットを利用し、作りこんで、キャラクターももう少し何とかしたい、とそんなことを構想中。
気長に資料収集、設計していきたいと思います。
んちゃバン中身
自分が小学校低学年の時、喉から手が出るほど欲しかったなつかしプラモデル『んちゃバン』。ヤフオクで入手できる日が来るとは…。 中身は…それはそうですよね、1981年の頃のキットなので、作りは荒い。ある意味で、この頃がプラモ黎明期言うべき時代。

それと、もう一つ買ってしまったのは、やはりガンプラ。MG『武者ガンダムMk-II 徳川家康Ver.』です。ガンプラとしては、今まで手を染めて来なかったジャンルですねぇ。
自分が正統派ガンダムと認めているのが、『ファースト』、『Z』、『0083』、『08小隊』、『CCA』、『UC』で、それ以外は映像はもちろん、プラモデルに触れることはありませんでした。
自分的には、『ZZ』はメインのMSデザインがゴツすぎる&子供向け&主人公が嫌だし、『SEED』2部作は『ファースト』と『Z』の作り直しにしか見えないし、『W』は女子向けすぎるし、『G』は格闘技すぎるし、『∀』はシド・ミードすぎるし。(;´∀`)
(もひとつ意見を言うと、そろそろガンダム卒業して、富野御大がご存命中に、新たなシリーズ始めればいいじゃんと思います。「スタートレックシリーズ」みたいな展開ができないんだったら。本人も、「ガンダム」から気持ちは卒業されているようですし・・・)

そんな感じなので『武者頑駄無』は、『パーフェクトガンダム』くらい「ありえん!」ていう持論でした。ですが、郷土愛でしょうかねぇ、『久能山東照宮』に奉納されている『徳川家康Ver.』は欲しいと。ァ'`,、('∀`) 
もともとガンダムのデザイン自体が日本甲冑から来るわけで、このキットはそれがよく分かる。ある意味、先祖帰りしているというか。
あ、背中のライフルはいらない気がするけど。ァ'`,、('∀`)

どちらも、作成はお預けで、数年箱積み状態になるかと思いますが、作ることを想像すると、わくわくしますね。多分、他にも増えると思います。欲しいキットは、まだまだあるので。(『1/35 FF-X7 コアファイター 』とか・・)実際、作ってないキット他にもありますしね。
お城も作りたいし、駿府城がキット化されればいいんだけどね、さすがに資料が一切残っていな天守閣だから、難しいかぁ。

0 件のコメント:

コメントを投稿