2012年12月11日火曜日

Happy Birthday

いやぁ、また久しぶりにブログ更新に大穴開けてしまいましたが、それもそのはず、待望の第一子が我が家にやってきたのです。

結婚して5年、欲しい欲しいとは言っていたものの、なかなか子供を迎える準備が整っていませんでしたが、経済的にも精神的にもその準備が出来たところに、やってきてくれました。
出産予定日は11月23日でしたが、これはあくまで予定日。
実際の出産は12月2日となりました。

今回、地元助産院での出産となりましたが、ベテラン助産師さんも体験したことのない、異例尽くしの出産でした。

まず、陣痛が微弱で、陣痛促進剤投与が早い段階から必要となりました。
どうやらあーちゃんが、39週頃からお腹の中ですくすく育ち、大きくなっていた為、子宮筋が伸びすぎてしまい、陣痛の際の収縮が十分でなかったようです。(自宅では3分強の間隔で陣痛が来ていたのですが、助産院ではリラックスしたのか、その倍になっていた事も一因のようです。)
促進剤投与に躊躇していた時もありましたが、妻のケースでは正しい判断だったと思います。

それからもう一つ、あーちゃんの背が予想以上に高かったこと。
助産師さんが「こんなに長い(背の高い)子は見たことがない」と言われるほどで、確かに脚が長かったです。生まれた時点で53cm+、折り曲げたひざを伸ばしたらプラス3~4cmはありそうでした。(生後1週間で、すでに新生児用のコンビから足がにょっきり出ています。手は、出てないんですけどね。)

最後にもう一つ、それが胎盤でした。あーちゃんと妻をつないでくれていた胎盤が、あーちゃんが生まれても、なかなか出てきてくれませんでした。
胎盤は、通常、陣痛時の収縮で子宮壁とつながっている毛細血管が閉じて、自然に剥離、出てくるものだそうなのですが、これが一部剥がれずに子宮壁にくっつていました。助産師さんが追加で陣痛促進剤+生理食塩水(ビタミン剤入り)を投与しながら、胎盤が剥がれない場所をマッサージしてくれていたのですが、出産のときよりもよっぽど痛かったようで、悲痛な叫びを繰り返していました。結局、あーちゃんが生まれてちょうど2時間後、立派な胎盤がやっと出てきてくれました。

出産での妻の体力消耗&出血はけっこう激しく、結局十分な回復に至るまで4日ほどかかりました。それでも、歩くのはきつかったようですが…。1週間経って、肉体的な部分はほぼ回復しているようで、ほっと一安心です。
とは言え、産後の肥立ちが大切ですから、妻とあーちゃんは里帰り。ゆっくり体を癒してもらいたいと思います。

とにかく、無事生まれてきてくれたあーちゃんと、あーちゃんを生んでくれた妻に感謝です。
ほんとうにありがとう。
あーちゃん
私たち夫婦の間に生まれてきてくれました。おっぱいとミルクを飲んで、すくすく成長中です。若干顔が丸くなってきたようですが、私と同じ様に1ヶ月で体重が倍になると言うことだけは、避けてもらいたいなぁ。( ^ω^ ;)

それにしても、子供って癒されますね。疲れが吹っ飛ぶって、このことなんですね。(∀`*ゞ)テヘッ

0 件のコメント:

コメントを投稿