2013年1月12日土曜日

ランシュー2013

さてさて、子育ての様子も徐々にアップして以降と思っていますが、このあたりでちょっとランシューのレビューをしてみます。(今しないと、いつするのかということになりそうですので…)

これまでロード用に履いていたNBの『MR760R』、実は右ヒール内部のクッションが破れ、中のヒールカウンター(プラスチック部分)が曲がって足を削るようになってしまっていました。これが、結構痛いんです。10kmも走れば摩擦でひりひりするし、ソックスが削られて薄くなってしまいます。(でも、一度も踵踏んでないのに、何故にヒールカウンター曲がったし?(;´Д`)) それに、長期間(2年以上かぁ)履いてみて分かったのですが、このシューズは自分の足幅よりも若干大きくラスト部分が広く、ゆとりがあるのですが、推進力がソールを通じて地面に100%伝わっていない感覚があるのです。(元々の足幅が決して広いタイプじゃないので)
でもまぁ、賤機山を走るのには、いいかも。クッションとグリップはいまだにしっかり残ってますからね。(『XCountry』は賤機山の硬さには向かないし、『Streak』では滑ってしまうので。)問題は、ヒール部分をどうするかですが…。
最も、今年の朝霧までには、最適なトレランシューズが必要ですが。

で、今回ご近所のアラジンさんで新しいランシューを購入しました。アシックスの『lyteracer TS』です。以前の『MR760R』がワイドラスト気味な所、こちらはレギュラータイプなので、私の足幅にはぴったり。包み込む感じがあります。インソールが足幅にしっかりフィットしているので、横への「逃げ」が感じられず、本来の推進力が活かされている感覚があります。 今年は秋以降までレースは自粛しますので(というか、未だ娘が首も座らない状態で妻に任せっきりにして『駿府』とか『日本平』には出る訳には行きません)、これで体型維持と走力向上に励みます。
lyteracer ts
1代目のランシューもアシックスでしたが、自分の足にはアシックスのレギュラーラストが一番しっくり来るようです。接地面積が大きいほうが推進力はアップし、足裏の各箇所にかかる衝撃は減るのでしょうが、元々の足幅が消して広いわけではないので、これが最適なようです。

でも、自分の足型には、アシックスが一番いいのかもしれない。トレランシューズもそちらの方向で考えてみるのもありかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿